第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

SaaS事業を行っている企業の約3社に1社が、「タクシー広告」に興味【EXIDEA調査】

調査サマリー

デジタルマーケティングを用いて企業にグロースハックを提供する株式会社EXIDEAは、SaaS事業を行っている企業のマーケティング担当者108名を対象に、「動画広告のクリエイティブ」に関する調査を実施したので、お知らせする。

調査サマリー

調査サマリー

調査概要

調査概要:「動画広告のクリエイティブ」に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年12月23日〜同年12月25日
有効回答:SaaS事業を行っている企業のマーケティング担当者108名

自社で制作/外注したことがある動画、「動画広告」が63.0%で最多

「Q1.あなたの会社では、自社でどのような動画を制作した(外注した)ことがありますか。(複数回答)」(n=108)と質問したところ、「動画広告」が63.0%、「サービス紹介動画」が60.2%、「採用動画」が46.3%という回答となった。

Q1

  • 動画広告:63.0%
  • サービス紹介動画:60.2%
  • 採用動画:46.3%
  • ブランディング動画:42.6%
  • マニュアル動画:40.7%
  • その他:8.3%
  • わからない/答えられない:0.9%
  • 一度も動画制作を行ったことがない:3.7%

 制作した動画広告の種類、「YouTube広告」が77.9%、「SNS広告」が61.8%

「Q2.Q1で「動画広告」と回答した方にお聞きします。あなたの会社で制作した(外注した)動画広告の種類を教えてください。」(n=68)と質問したところ、「YouTube広告」が77.9%、「SNS広告」が61.8%、「テレビCM」が54.4%という回答となった。

Q2

  • YouTube広告:77.9%
  • SNS広告:61.8%
  • テレビCM:54.4%
  • タクシー広告:47.1%
  • その他Web広告:1.5%
  • わからない/答えられない:1.5%

「タクシー広告」、「テレビCM」の制作を行った理由、「社長や役員からの指示」、「自社のブランディングにつなげるため」がそれぞれ53.3%で最多

「Q3.Q2で「タクシー広告」「テレビCM」と回答した方にお聞きします。これら動画広告の制作を行った理由を教えてください。(複数回答)」(n=45)と質問したところ、「社長や役員からの指示」が53.3%、「自社のブランディングにつなげるため」が53.3%、「出資先からの提案」が51.1%という回答となった。

Q3

  • 社長や役員からの指示:53.3%
  • 自社のブランディングにつなげるため:53.3%
  • 出資先からの提案:51.1%
  • 目に止まりやすいから:51.1%
  • 何となく行った:42.2%
  • その他:0.0%
  • わからない/答えられない:0.0%

動画広告における課題、「企画が同じ感じになる」が58.8%、「自社・サービスの独自性が伝わらない」が48.5%

「Q4.Q1で「動画広告」と回答した方にお聞きします。動画広告におけるクリエイティブについて、感じている課題があれば教えてください。(複数回答)」(n=68)と質問したところ、「企画が同じ感じになる」が58.8%、「自社・サービスの独自性が伝わらない」が48.5%、「予算が高い」が44.1%という回答となった。

Q4

  • 企画が同じ感じになる:58.8%
  • 自社・サービスの独自性が伝わらない:48.5%
  • 予算が高い:44.1%
  • 目的にあったクリエイティブが作れていない:36.8%
  • 自社の成長フェーズにあった内容になっていない:29.4%
  • キャスティングが難しい:26.5%
  • そもそもどういうクリエイティブが良いかわからない:22.1%
  • その他:1.5%
  • わからない/答えられない:1.5%
  • 課題は一切ない:0.0%

「効果の測り方が難しい」、「独自性のあるインパクトのあるものが作りづらい」などの声も

「Q5.Q4で回答した以外に、動画広告におけるクリエイティブについて、感じている課題があれば教えてください。(自由回答)」(n=68)と質問したところ、「効果の測り方が難しい」や「独自性のあるインパクトのあるものが作りづらい」など35の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>

  • 40歳:効果の測り方が難しい。
  • 25歳:独自性のあるインパクトのあるものが作りづらい。
  • 37歳:差別化が難しい。
  • 40歳:話題にならない。
  • 35歳:表現が偏ってしまう。
  • 36歳:写真撮影したものを動画にしているだけだと感じ、動画にする意味が見出せない。
  • 39歳:自社イメージを上げる為には、どうしたら良いかわからない。
  • 32歳:魅力を伝えるのが難しい。

SaaS事業を行っている企業の約3社に1社が、「タクシー広告」に興味

「Q6.今後あなたが取り組んでいきたい動画広告を教えてください。(複数回答)」(n=108)と質問したところ、「YouTube広告」が64.8%、「SNS広告」が55.6%、「テレビCM」が50.0%という回答となった。

Q6

  • YouTube広告:64.8%
  • SNS広告:55.6%
  • テレビCM:50.0%
  • タクシー広告:32.4%
  • その他Web広告:24.1%
  • 答えられない:1.9%
  • 動画広告に取り組むつもりはない:4.6%

タクシー広告に取り組んでいきたい理由、「長尺広告も流せるから」や「エグゼクティブ層に向けて広告作り」など

「Q7.Q6で「タクシー広告」と回答した方にお聞きします。タクシー広告に取り組んでいきたい理由を教えてください。(自由回答)」(n=35)と質問したところ、「長尺広告も流せるから」や「エグゼクティブ層に向けて広告作り」など23の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>

  • 35歳:顧客獲得に一番繋がりそうだから。
  • 36歳:エグゼクティブ層に向けて広告作り。
  • 25歳:狭い空間で見られやすい広告であると思うから。
  • 40歳:長尺広告も流せるから。
  • 40歳:年齢層が高い。
  • 34歳:多くの方の目に留まりそうだから。

一方、4割は「タクシー広告が出費に対して十分な売上効果(ROI)を見込むことができない」と回答

「Q8.Q6で「タクシー広告」と回答した方にお聞きします。タクシー広告は、出費に対して十分な売上効果(ROI)を見込むことができると思いますか。」(n=35)と質問したところ、「そう思わない」が22.9%、「あまりそう思わない」が17.1%という回答となった。

Q8

  • そう思わない:22.9%
  • あまりそう思わない:17.1%
  • ややそう思う:31.4%
  • かなりそう思う:28.6%
  • わからない:0.0%

タクシー広告の効果を高めるために「コストが安くなること」、「効果が出るまでの時間の短縮」などが必要の声

「Q9.Q8で「そう思わない」「あまりそう思わない」と回答した方にお聞きします。タクシー広告の効果をより一層高めるために、必要だと思うものを教えてください。(自由回答)」(n=14)と質問したところ、「コストが安くなること」や「効果が出るまでの時間の短縮」など8の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>

  • 35歳:コストが安くなること。
  • 45歳:効果が出るまでの時間。

まとめ

今回、SaaS事業を行っている企業のマーケティング担当者108名を対象に、「動画広告のクリエイティブ」に関する調査を実施した。

まず、自社で制作(外注)したことがある動画について伺ったところ、「動画広告」が63.0%で最多となった。制作した(外注した)動画広告の種類については、「YouTube広告」が77.9%、「SNS広告」が61.8%、「テレビCM」が54.4%、「タクシー広告」が47.1%という結果となった。次に、Web広告ではなく、「タクシー広告」、「テレビCM」の制作を行った方に理由を伺ったところ、「社長や役員からの指示」、「自社のブランディングにつなげるため」がそれぞれ53.3%で最多の回答となった。

また、動画広告におけるクリエイティブについて、約6割が「企画が同じ感じになること」、約5割が「自社・サービスの独自性が伝わらないこと」、約4割は「予算が高い」ことへ課題を感じていることがわかった。他にも「効果の測り方が難しい」や「独自性のあるインパクトのあるものが作りづらい」などの課題の声も挙がった。

加えて、SaaS事業を行っている企業の約3社に1社が、「タクシー広告」に興味を示しており、「タクシー広告」へ期待する効果として、「長尺広告も流せる」や、「エグゼクティブ層に向けて広告作り」などの意見が見受けられた。一方、4割からは「出費に対して十分な売上効果(ROI)を見込むことができない」という意見も挙がった。そこで、タクシー広告の効果を高めるために必要だと思うものを伺ったところ、「コストが安くなること」や「効果が出るまでの時間の短縮」などの意見が挙がった。

今回の調査では、過去に動画広告を制作したことがある企業が、半数以上いる一方で、動画広告に対して課題を実感している企業も多く、毎回同じような内容にならないための企画の構成や、独自性を打ち出すことに苦手意識を持っていることが判明した。年々動画広告の注目度は高まっている。企業の個性を打ち出すために動画マーケティングを活用するためには、専門家の力を借りることも有効だと言えるだろう。

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner