Google検索エンジンの検索結果表示を最適化できる人気の無料WEBサービス「SERP simulator」

検索エンジンの結果表示に関する画像

SEOには検索順位最適化とSERP最適化の二つに分けられる。どこに表示されるか、どのように表示されるかの二つである。

今回はその、どのように表示されるか、つまりSERP(検索エンジンの検索結果表示ページ)の最適化が便利にできる最適化ツールをご紹介します。

SERP(Search Engine Result Page )とは

SERP(Search Engine Result Page )とは検索エンジンの検索結果ページの事を指します。Googleにおいては、タイトル、ディスクリプション、URLの3つをユーザーの検索リクエストに対して返します。

 

無料WEBサービス「SERP simulator」

SERP simulator

SERP simulator

http://www.serpsimulator.com/

検索結果の表示画面デモを簡単に閲覧できるWEBサービスです。サイトを制作する時やサイトのタイトル、ディスクリプション等を変更する場合はこのツールで簡易デモのような形で、実験する事ができます。国産ツール等もありますが、使えなくなっていたりしていますので、英語にはなりますが英語のWEBサービスを紹介させていただきます。

使い方

  1. 「Title」の部分にタイトルを入力します。入力フォームの下にリアルタイムで反映されます。
  2. ディスクリプションにはサイトの説明文を入力します。こちらもリアルタイムで反映されます。
  3. 次にURLを入力します。

上記の手順で入力すると、入力フォーム下部のSERP(サープ)画面に反映されています。文字が途中で切れていたり、文章が長くなりすぎていないかなどを確認してください。最近ではこちらは検索順位に影響はないと言われておりますが、CTRを意識した文章を設定する事が重要となります。

 

serp simulatorの使い方に関する画像

 

タイトルとディスクリプションの最適な文字数

タイトルタグ

上限文字数は35文字程度で、サイトタイトル+キーワードを含めましょう。検索結果の表示でユーザーがひと目でどのようなサイトかどうかが分かるようなキーワードの設定が重要です。

ディスクリプション

上限文字数は124文字程度で、対策キーワードを2つ〜3つ入れましょう。諸説ありますが、ユーザーが検索したキーワードがbold(太文字)で表示されるため検索順位観点というよりはUX(ユーザーエクスペリエンス)のためと考えてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。今後も検索エンジンマーケティングに関する記事を書いていきますのでぜひ宜しくお願いします。

 

関連書籍

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Sponsored

記事が気に入ったらシェアしよう!