メルマガは死んだ?マーケティングオートメーションで変わるEメールマーケティング

Eメールは死んだのか?マーケティングオートメーションが変えるEメールマーケティング

マーケティングチャネルとしてのEメールの役割

マーケティングオートメーション市場が盛り上がりを見せた2014年頃からEメールのマーケティングチャネルとしての新たな活用が積極的に議論されている。Eメールはマーケティングチャネルとしての役割はここ数年で大きくなってきている。Eメールマーケティングは死んだというよりむしろ生まれ変わった。

マルチチャネルキャンペーンマネジメントシステム(CCCM)などのBtoC向けマーケティングオートメーションプラットフォームは、企業が保有するデータを柔軟に活用し、マーケティングのパーソナライズ化を図る事に成功した。

近年、オンライン広告、SNS、Eメールなど様々なチャネルで横断的にユーザーにアプローチする必要に迫られている。

そんな状況が、企業のEメールに対しての意識を変えつつある。


この記事が気に入ったら
シェア・ブックマークしよう!