無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

社内DX研修の現状 7割が「受講したことがない」と回答【キャプテラサイト調査】

デジタルトランスフォーメーション(DX)が企業経営において重要視される中、社員のデジタルツールに関する知識やスキルの向上が急務となっている。

この度、行われた調査により、日本企業における社内でのデジタルツール関連研修の実態に関する衝撃的なデータが明らかになった。

調査結果では、驚くべきことに全体の7割が「デジタルツール関連の社内研修を受講したことがない」と回答している。

これは、企業がDXを進める上での大きな障害となっており、社員個人のデジタルスキル向上だけでなく、組織全体としての競争力強化にも影響を与えかねない状況を示している。

さらに、この調査は世代別にも焦点を当てており、特に若年層ではデジタルツールの使用経験は高いものの、実際の業務で活かせるレベルの知識やスキルを身につけているわけではないことが指摘されている。

一方で、年配の社員では、デジタルツールに対する理解度や使用経験自体が低い傾向にあるため、世代間でのデジタルスキルのギャップも顕著であることが分かった。

企業がDXを成功させるためには、こうした世代間のギャップを埋め、社員全員がデジタルツールを効果的に活用できるような研修プログラムの整備が必要不可欠である。

研修を受講したことがないと回答した社員の多さは、日本企業が直面するDX推進の課題を浮き彫りにしている。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料