無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

「DX化」が必要だと思っている中小企業は96% 実際に取り組んでいる企業は66.7%【ペパコミ調査】

「DX化」が必要だと思っている中小企業は96% 実際に取り組んでいる企業は66.7%【ペパコミ調査】

 日本の中小企業におけるDX化の現状と課題に関する最新の調査結果が、kintone情報メディア『伴走ナビ』によって公開された。この調査は、全国の中小企業で情報システム・IT管理部門に所属する担当者100名を対象に行われ、DX化に対する意識、実施状況、そして直面している課題について深掘りしている。

 調査結果によると、DX化について一定以上の理解があると回答したのは83.9%に上り、96%の担当者がDX化が必要だと感じていることが明らかになった。これは、業務効率化や生産性の向上、顧客満足度の向上を目指す上で、DX化が重要な役割を果たしているとの認識が広がっていることを示している。

「DX化」が必要だと思っている中小企業は96% 実際に取り組んでいる企業は66.7%【ペパコミ調査】

 実際にDX化に取り組んでいる企業は66.7%と、2/3以上にのぼる。これらの企業は、デジタル化を進めることで、業務プロセスの効率化や新たなビジネスチャンスの創出を目指している。しかし、DX化を進める上での最大の障壁として、IT人材の不足が挙げられている。この課題は、DX化を推進する企業にとって共通の悩みとなっており、有効な解決策が求められている状況だ。

「DX化」が必要だと思っている中小企業は96% 実際に取り組んでいる企業は66.7%【ペパコミ調査】

 伴走ナビの調査は、中小企業がDX化を進める上での実態と課題を浮き彫りにした。DX化の必要性を感じつつも、実際に取り組みを進めている企業が全体の約2/3にとどまり、残りの企業は検討段階または取り組みが進んでいない現状がある。特に、IT人材の不足は多くの企業が直面する大きな壁であり、この問題の解決がDX化を加速させる鍵となる。

 今回の調査結果から、中小企業におけるDX化の推進には、専門知識を持つプロフェッショナルによるサポートが不可欠であることが改めて確認された。業務システムの導入から運用、改修までをサポートすることで、IT人材不足の問題を解決し、中小企業のDX化を成功に導くことができるだろう。このような背景から、DX化を目指す中小企業にとって、伴走ナビのような情報メディアの活用が、より一層重要になってくると言える。

 DX化は、中小企業にとって避けて通れない課題であり、その実現には多くの挑戦が伴う。しかし、適切な知識とサポートを得ることで、これらの挑戦を乗り越え、持続可能な成長を実現することが可能になる。中小企業のDX化を支援する各種サービスや情報メディアの存在が、今後のビジネス環境においてますます重要な役割を果たしていくことだろう。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料