MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

SNSへの旅行の写真や動画の投稿経験者は約6割 投稿を見て旅行したことのある人は約5割【toridori調査】

SNSへの旅行の写真や動画の投稿経験者は約6割 投稿を見て旅行したことのある人は約5割【toridori調査】

 コロナ禍の収束が進む中、観光業界の需要が回復傾向にある。このような状況の中、SNSと観光業界の相性の良さが注目されている。ユーザーは旅行先での思い出をSNSに投稿したり、ハッシュタグキャンペーンを目にする機会が増えている。この背景を踏まえ、インフルエンサーマーケティング企業のトリドリは、全国の18〜59歳の男女474名を対象に調査を実施し、観光業界におけるSNSの利用実態を明らかにした。

SNSへの旅行の写真や動画の投稿経験者は約6割 投稿を見て旅行したことのある人は約5割【toridori調査】

 調査結果によると、「旅行先を選ぶ際に、SNSの情報をどの程度重視していますか?」という質問に対して、「かなり重視する」と回答したのは17.0%、「重視する」と回答したのは43.8%で、合わせて6割以上のユーザーが旅行先選びにおいてSNSの情報を重要視していることが判明した。これまで旅行情報の収集にはWeb検索が主流だったが、SNSの発展により「SNSで旅行情報をリサーチする」という新習慣が生まれている。

 また、旅行中に写真や動画をSNSに投稿するかという質問に対しては、「はい」と答えた人のフォロワー数は、51〜100人が68.1%、101〜250人が76.5%、251〜500人が76.9%、501〜1,000人が76.2%、1,001人以上が63.6%と、多くのユーザーがSNSで旅行情報を共有していることがわかった。

SNSへの旅行の写真や動画の投稿経験者は約6割 投稿を見て旅行したことのある人は約5割【toridori調査】

 このようなユーザーの行動を踏まえると、観光業界はSNSを効果的に活用し、口コミ投稿を増やすなどのプロモーション施策が求められる。トリドリマーケティングでは、フォロワー数1,000人以上のインフルエンサーが5万8000人以上登録しており、インフルエンサーによる「口コミ投稿」を増やし、ユーザーが商品やレジャースポットを認知・訪れる機会を創出することが可能だ。

 SNSの利用が旅行業界に与える影響は大きく、観光業界はこれからもSNSを上手に活用していく必要がある。トリドリは今後もSNSに関する実態調査を継続的に行い、その結果を発表していく予定だ。観光業界の関係者やマーケティングに関心のある人々は、この動向を注視しておくべきだろう。

【関連リンク】

\無料登録受付中/