取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

博報堂DYホールディングス、VRCと資本業務提携 3Dアバタープラットフォームサービスの共同開発を加速

 株式会社博報堂DYホールディングスは、アバタープラットフォームサービスの共同開発を目的として、株式会社VRCに対して新株予約権の引受による出資を行い、資本業務提携契約を締結しました。

 今回の資本業務提携によって、3Dアバターを活用したコンテンツ/IP(intellectual property:知的財産)体験の提供や、新たな生活者エクスペリエンスの研究、マーケティング/ビジネスソリューションの創出に向けた動きを今後さらに加速するとしている。

 博報堂DYホールディングスは、先端テクノロジーによって新たに生まれる生活者との接点を「生活者インターフェース」と捉え研究を進める中で、生活者が一度専用筐体でスキャンし自身の3Dアバターを生成するだけで、複数のアバター体験サービスが可能となる博報堂DYグループ独自のサービス「アバターサービスプラットフォーム構想」の実現を目指し、アバター技術を活用したマーケティングの可能性に取り組んできた。

 VRCは、実生活の課題をバーチャルにより解決するというミッションのもと、「Ubiquitous Avatar Platform(ユビキタス アバター プラットフォーム)構想」を提唱しており、3Dアバターを中心としたクラウド型プラットフォームサービスを提供することで、社会生活の課題解決に取り組み、人々の生活をより良くすることを見据えて活動している。

 なお、博報堂DYホールディングスは、2021年にVRCと3Dアバター技術利活用の共同研究契約を締結している。

 また、傘下の博報堂とVRCは、生活者のアバターがバーチャル空間で同時複数試着体験が可能となる3Dアバター試着サービス「じぶんランウェイ」のプロトタイプ開発など、3Dアバター技術の利活用について共同研究を進めてきた。

じぶんランウェイ

 両社はお互いの目指すビジョンに共感するなかで、それぞれの強みを掛け合わせてアバタープラットフォームサービスの共同開発を加速していくことを目指し、今回の資本業務提携に至った。

【関連リンク】

【関連記事】