• HOME
  • CATEGORY
  • EMAIL
  • HTMLメール vs プレーンテキストメール:マーケティングキャンペーンに効果的なのはどちら?
HTMLメールとテキストメール

HTMLメール vs プレーンテキストメール:マーケティングキャンペーンに効果的なのはどちら?



受信トレイはカラフルなHTMLメールでいっぱいかもしれませんが、プレーンテキストメールも見逃さないでください。HTMLメールキャンペーンは現在、ベストな方法のように思えるかもしれませんが、ある種のEメールマーケティングではプレーンテキストメールの方がはるかに効果的です。本日は、HTMLメールとプレーンテキストのEメールマーケティングの長所と短所をまとめた決定的なガイドを公開します。

HTMLメールのメリットとデメリット

HTMLメールには多くのメリットがあります。カラフルで見た目も魅力的です。それらは、ブランドとブランド認知を強固にする機会を生み出します。そして、コンバージョン率を上げることに関しては、大きな可能性を秘めています。HTMLメールでは、リンク、画像、グラフィックス、動画など、必要なものをすべて埋め込むことができます。魅力的でインタラクティブなEメールを作成するには、HTMLが必要です。

例としてMealPal社からのこのメールを見てみましょう。キュートなアニメーションに目を奪われ、埋め込まれたCTAをクリックして登録することができる。MealPal社にとって、HTMLメールのデザインはコンバージョンを増やす効果的な方法です。

HTMLメールのデザイン例

しかし、HTMLメールは多くのメリットもあるのですが、いくつかデメリットもあります。一部のメールプロバイダはHTMLに対応していないため、慎重に設計されたメールが単なるコードの集まりとして表示されることがあります。他のEメールクライアントが画像やグラフィックをブロックすることもあります(それを回避する方法はありますが)。また、HTML形式のEメールがスパムとして分類されることもあります。このような状況では、プレーンテキストメールが有効になってきます。

プレーンテキストメールのメリットとデメリット

一見、プレーンテキストメールは退屈に思えるかもしれません。しかし多くの場合、テキストのみのメールの方が実際には良い選択かもしれません。主要な企業ニュースを共有している場合、メールのトーンはより深刻になる可能性があるため、カラフルなグラフィックスは適切ではない可能性があります。

ここで、Walmart社は中道を選択しています。ロゴとフッターは残したが、それ以外はCOVID-19のパンデミックに対応して、メールをシンプルなテキストに留めています。安全が最優先事項であることを顧客に保証することに集中しています。

プレーンテキストメールのメリットの1つは、デザインと送信が簡単なことです。HTMLメールとは異なり、プレーンテキストのEメールには画像やグラフィックスなど時間のかかる要素は含まれません。したがって、時間が足りない場合や、HTML形式の電子メールを設計するための人手がない場合は、テキスト形式の電子メールを数分で準備できます。

テキスト形式のEメールは、モバイルを含むすべてのデバイスで機能します。これらのEメールは、要素が少ないため、基本的にはHTMLメールよりも速くロードされます。また、プレーンテキストのEメールはスパムとしてマークされる可能性が低くなります。

また、テキスト形式のEメールは、特に受信者の名前を指定している場合、より個人的な印象を与えることがよくあります。このようなEメールは、友人から受け取ったように感じられたり、そのように見えたりします。

プレーンテキストメールのデメリットは何でしょうか?

ブランドを裏付ける画像やグラフィックスを含めることはできません。送信したEメールを追跡することはさらに困難です。アクションプランでコンバージョン率を上げたいと思っても、CTAが急上昇することはありません。

キャンペーンに最適なEメールの種類

HTMLは、次のような場合にマーケティングキャンペーンに適しています。

  • 主な目標の1つは、ブランド認知度を高めることです。
  • エンゲージメントを追跡できる必要があります。
  • CTAが目立つ必要があります。

プレーンテキストメールは、次の場合にEメールキャンペーンに最適です。

  • 重要なニュースや会社の最新情報を共有している。
  • Eメールのデザインに費やす時間はあまりありません。
  • インターネット接続が遅い地域のユーザーにEメールを送信しています。
  • 直接、あるいはもっと親密な関係を築きたい。

これらの戦略を使用して、HTML形式またはテキスト形式のどちらのEメールマーケティングが適しているかを判断します。

【参考】

【関連記事】

MARKETIMES編集部
この記事のタイトルとURLをコピーする

同じカテゴリーの記事