ポジショニング

【図解】マーケティングプロセスで重要な「ポジショニング」の基礎を解説

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

ポジショニングはマーケティング戦略の立案によく利用されるフレームワークです。ポジショニングの成功は施策の成功にもつながる重要なマーケティングプロセスです。まずは、ポジショニングの定義を理解しましょう。

ビジネスフレームワークやマーケティング理論などを体系的に身につけたい方は、【グロービス学び放題】がおすすめです。興味のある方は、下記記事を参考にしてみてください。

 

ポジショニングとは何か?

ポジショニングは、市場で同様の製品やサービスを提供している他の企業と比較して、自社の商品またはサービスがどこに位置しているか、そして消費者の心に植え付けるための戦略を指します。

良いポジショニングは、製品をユニークなものにし、ユーザーに明確な利点として訴求することができます。良いポジショニングは製品にUSP(独自のセールス・プロポジション)を与えます。

同じようなメリットを提供する多くの製品やブランドが乱立する市場において、優れたポジショニングは、ブランドや製品を他のものから際立たせ、より高い価格を設定し、他のものとの競争を防ぐ能力を与えることができます。

市場での良いポジショニングは、製品とその会社が悪い時期を乗り切りやすくすることもできます。優れたポジショニングは、ブランドや製品の拡張、変更、流通、広告に柔軟性を与えることができます。

ポジショニングなどマーケティングフレームワークを本格的に動画で学びたい方はこちら
まずは10日間無料トライアル!グロービスのビジネススキル動画が見放題

国内最大級のビジネススクールを運営するグロービスの学習サービス【グロービス学び放題】ならポジショニングなどビジネスやマーケティングのフレームワークなどを動画で学習することができます!幅広いビジネス知識が身に付く、基礎レベルから実践まで約2,700本以上の動画があり充実しています!また動画で使用する資料なども、閲覧することができますので資料だけでの復習も可能です!

ポジショニングとは何か定義

出典:【グロービス学び放題】

ポジショニングマップと作り方

ポジショニングマップとは、マーケティング担当者が自社の製品やサービスを競合他社の製品やサービスと比較できるようにするためのビジュアルです。ポジショニングマップを作成するには、表計算ツールなど(エクセルやグーグルシートなど)を使用するのが最適です。

多くの場合、表計算プログラムにはポジショニングマップのテンプレートが用意されていることが多いので、それを使って独自のデザインを行うことができます。ポジショニングマップの作成が初めて場合には特に便利です。

また、ポジショニングマップを使って比較したい企業についても、たくさんのリサーチをしておきましょう。製品やサービスのデータが多ければ多いほど、ポジショニングマップの有用性が高まります。

ポジショニングマップ

ポジショニングマップの種類

プロダクトポジショニングマップ

プロダクトポジショニングマップは、ビジネスが視覚的にその競争に対して製品の位置を表示するために知覚マッピングを使用している図式的な手法です。

製品ポジショニングマップは、2つ以上の変数(軸で表される)を含むことができますが、物事をシンプルで理解しやすいように保つために、通常2つの変数だけを取ります。

プロダクトポジショニングマップ

プロダクトポジショニングマップの考え方は、製品が他の競合他社の製品とどのような関係にあるかを、ビジュアルマッピングを介して特定し、示すことです。

ビジュアルマッピングのプロセスは、X軸とY軸をそれぞれ取ることにより、顧客に対するその重要性に基づいて2つの変数の選択を含みます。次に、既存の競合製品の位置を、それらが2つの変数を満たす程度に従ってプロットします。

マーケティング担当者は、既存のギャップを特定するためにマップを分析します。これらは、企業が活用できる機会を表しています。

自社製品の競合を分析しようとしている企業の例を考えてみましょう。それは、栄養価を高めるミルクに加える粉末である。本品は朝食用を対象としています。

考慮すべき2つの変数は、コストと準備時間です。ここで、Y軸での準備時間の間、X軸でコストを取ることができる。右端はコストが高いことを示し、左端はコストが低いことを示します。グラフの上部は高い準備時間を表し、下部は低い準備時間を表します。

次に、このマップ上のさまざまな製品の位置をプロットします。例えば、冷たいシリアルは調理時間が短く、やや高価です。したがって、これはグラフの一番下の少し右側(それが適度に高価であることを示すさま)にプロットされます。

同様に、ベーコンや卵など、調理時間が長く、少し値段が高い商品もプロットしています。これは、少し右(冷たいシリアル以上のもの)に、グラフの上部に向かってプロットされます。

そこで、パンケーキ(高い準備時間と安価)、ホットシリアル(適度な準備時間と安価)、インスタントブレックファースト(非常に短い準備時間と非常に安価)を同じマップにプロットします。

ポジショニングなどマーケティングフレームワークを本格的に動画で学びたい方はこちら
まずは10日間無料トライアル!グロービスのビジネススキル動画が見放題

 

プロダクトポジショニングマップの事例これにより、市場に存在する既存の製品と、当社の新製品が占めることのできるユニークなポジションの可能性が見えてきます。

また、利益を生む可能性のある市場ギャップを特定するのにも役立ちます。これにより、市場に存在する競争の正確な範囲が提供され、企業は製品の位置づけを決定できるようになります。

ポジショニングなどマーケティングフレームワークを本格的に動画で学びたい方はこちら
まずは10日間無料トライアル!グロービスのビジネススキル動画が見放題

ブランドポジショニングマップ

次に、顧客の目から見た既存の競合ブランドすべての現在のポジションを示すビジュアルマップであるブランドポジショニングマップを見るというブランドコンセプトがある。

ブランドポジショニングに関する記事を読んだことがあれば、企業にとってブランドポジショニングがいかに重要であるかをご存じでしょう。

ブランドポジショニングマップ

ブランドポジショニングマップは、売上を伸ばすために使用する価格設定とマーケティング戦略の決定に役立ります。上に述べた例の場合、会社が朝食のメニューにどれだけのカロリーをチャージするかを決めるのに役立つでしょう。

まず、プロダクトポジショニングマップと同様に、既存企業の価格とカロリー量に応じたポジションを、Y軸の価格とX軸のカロリー量、またはその逆にプロットします。左が低カロリー、右が高カロリーなのに対し、上が高価格、下が低価格になります。

競合他社のブランドを価格とカロリー量でプロットした後、当社のブランドにとって理想的なポジションを探します。

既存ブランドの隣に位置するのは、その市場提供が弱く、顧客を獲得しやすい場合に限られます。そうでなければ、すべての企業の主な動機は、差別化された製品を提供する市場において異なるポジショニングを持つことです。

これは、顧客の心の中に差別化されたポジショニングを作り出すのに役立ります。

ポジショニングなどマーケティングフレームワークを本格的に動画で学びたい方はこちら
まずは10日間無料トライアル!グロービスのビジネススキル動画が見放題

ブランドポジショニングマップの事例

ここでのブランドポジショニングマップの主な課題は、企業が利益を上げられるギャップを特定することであり、ブランドのポジショニングを選択することです。

差別化されたブランドポジショニングは、一般的に特定の顧客グループのニーズを満たし、競争上の優位性とブランド・リコールを獲得する可能性が高いため、企業が市場での地位を維持するのに役立ります。

 

ポジショニングを動画で学習

国内最大級のビジネススクールを運営するグロービスの学習サービス【グロービス学び放題】ならポジショニングなどビジネスやマーケティングのフレームワークなどを動画で学習することができます!

幅広いビジネス知識が身に付く、基礎レベルから実践まで約2,700本以上の動画があり充実しています!また動画で使用する資料なども、閲覧することができますので資料だけでの復習も可能です!

動画の続きは【グロービス学び放題】で学習してみましょう!今なら10日間無料トライアルキャンペーン中です!

ポジショニングなどマーケティングフレームワークを本格的に動画で学びたい方はこちら
まずは10日間無料トライアル!グロービスのビジネススキル動画が見放題

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事