Webマーケティングスクールおすすめ特集

【評判・口コミ調査】CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースの特徴やメリット・デメリットも解説【AI開発・データ処理】

【評判・口コミ調査】コードキャンプ Pythonデータサイエンスコース(AI開発・データ処理)

本記事では、CodeCamp(コードキャンプ)Pythonデータサイエンスコースの評判・口コミを解説します!

データ処理で業務効率化したい方やAIエンジニアデータエンジニアを目指す方におすすめのAIプログラミングスクールです。

目次(クリックしてジャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースとは

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースとは

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースとは、幅広い習得レベルに合わせてPythonによるプログラミングを学べるレッスンシステムです。

その範囲は非常に広く、Pythonに限らずプログラミング自体が未経験であるという人であっても、実用的で業務でも使えるようなプログラムを作成できるまでのレベルに引き上げることができます。

基礎から応用までを体系だてた方法で研修していくからです。また、すでにある程度のプログラミングスキルを身に着けていて、本格的に独立などを考えている人にも対応できます。高度でエンジニアとして活躍できるだけのスキルを、このCodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースによって習得できるのです。

このCodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースは、様々な企業で研修プログラムとして採用されています。IT系の大企業であっても導入実績があり、とても効率的で実際に社員のスキルレベル向上に役立っているからこその実績と言えるでしょう。

個人でレッスンを受ける場合は、マンツーマンでの講義をしていきますので、抱えている疑問や課題に個人的に対応できるのも特徴です。すべてオンラインでこうしたレッスンを実践できますので、感染症対策がなされている環境で学習したいという人にも向いています。

基礎から勉強しますので、しっかりと理論に基づいたプログラミンができるようにサポートします。その上で、実際に業務で使えるような事例を取り上げながらレッスンをしていきますので、実践的なスキルを身に着けることにもつながります。即戦力となれるプログラマーとして成長するのに役立つコースだと言えます。

\AI開発・データ処理スキルが身につく/

CodeCampの公式サイトで詳しく見る

Pythonデータサイエンスコース

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースはこんな方におすすめ

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースはこんな方におすすめ

  • 面倒なデータ処理を自動化させて業務効率化したい方
  • Webエンジニアとして将来活躍したい方
  • プログラミングを理解したい方

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースのメリット

このCodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースを受けることには、様々なメリットがあります。

メリット

  • 無料体験レッスンがある
  • 未経験・初心者向けに強い
  • 数字が苦手という方でも、数学的な知識が不要なカリキュラムを用意
  • データ処理のスキルが身につく
  • オンラインマンツーマンなので、つまづかない
  • 支払い方法が柔軟(ローンやクレジットカード払いに対応)
  • 転職サポートが充実

メリット①:無料体験レッスンがある

まず、お試しができるという点が大きいです。

無料の体験レッスンが提供されていますので、興味がある人はまずこれを申し込んでみると良いでしょう。教材としてレッスンで実際に使っているものが、分かりやすく自分に合ったものかを確かめられます。また、講師とのやり取りの雰囲気や、どのような形式でレッスンが進んでいくかも確かめられますので、学びやすいコースなのかを把握するのに役立ちます。

メリット②:未経験・初心者向けに強い

初心者からのレッスンに強いというのも、このCodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースのメリットです。パソコンを操作することはあるものの、プログラミングは一度もしたことがないという人でも始められます。

メリット③:数字が苦手という方でも、数学的な知識が不要なカリキュラムを用意

数字が苦手という方でも、数学的な知識が不要なカリキュラムを用意していますので、誰でも不安なく勉強を始められます。

単にプログラミングのやり方を学ぶというよりも、実際の業務でどのように使えるかを試しながらレッスンを進めていきます。そのため、レッスンを重ねるごとに、実践的な力が身に着いていくのを感じられますし、すぐに仕事に役立てられます。

メリット④:データ処理のスキルが身につく

このコースでは、主に膨大な情報処理の自動化の仕方、必要な項目に関係するデータ抽出手法、その抽出データをCSVやExcelなどにエクスポートして業務で活用するスキルなどを学べます。収集するデータを効率よく処理して、それを活用していく技術を身に着けられます。

こうしたデータ処理のスキルは、さらにニーズが増していますので社内でより有用な人材となるのに役立ちます。また就職や転職に有利ですし、将来独立してフリーランスとして活躍したいと思っている人の助けともなります。こうしたニーズの高いスキルを効率よく先取りして学べるというのも、このコースならではのメリットと言えるでしょう。

メリット⑤:オンラインマンツーマンなので、つまづかない

そのレッスンの進め方もメリットが大きいです。前述の通り、CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースではオンラインマンツーマンを特徴としています。そのため、グループレッスンやオンデマンド講義にありがちな、分からないところが残ったままで次のレッスンに行ってしまうということが生じません。

解決しなければならない疑問は、その場ですぐに講師と一緒に解決していけるので、着実にスキルが向上していくわけです。

メリット⑥:支払い方法が柔軟(ローンやクレジットカード払いに対応)

様々な付加的なサポートもあるという面もうれしいところです。一括で受講料を支払うのが難しいようであれば、ローンでの支払いができますしクレジットカード払いにも対応しています。

メリット⑦:転職サポートが充実

また、レッスンを終えた人に対しては、転職サポートも提供しています。これから身に着けたスキルを活用して副業をしたり、キャリアアップをしたりしたいという人にも仕事面でのバックアップがあるわけです。

スキルと転職活動の両方を同じ場で達成できますので、キャリア形成をする上でとても頼もしい機会となります。

\AI開発・データ処理スキルが身につく/

CodeCampの公式サイトで詳しく見る

Pythonデータサイエンスコース

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースのデメリット・注意点

このようにたくさんのメリットがあるCodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースですが、いくつかデメリットと言える点もあります。自分が求めるスキル習得の手段としてマッチするのかを考えて、じっくりと検討しましょう。

デメリット

すでにPythonのプログラミングについてある程度知っていて、さらに技術レベルを向上させたいという人には物足りない

Pythonの中でもそもそもデータ処理について学びたいと思っている人でないと、意味のない学習になる

受講料がかかる ※他スクールよりはリーズナブル

デメリット・注意点①:すでにPythonのプログラミングについてある程度知っていて、さらに技術レベルを向上させたいという人には物足りない

まず、このコースは前述のように、初心者でも始められる内容となっています。そのため、すでにPythonのプログラミングについてある程度知っていて、さらに技術レベルを向上させたいという人には物足りないものとなる可能性があります。そのため、他のコースを選んで自分のスキルに合わせることが重要です。

デメリット・注意点②:Pythonの中でもそもそもデータ処理について学びたいと思っている人でないと、意味のない学習になる

このコースではデータ処理と活用について特化したコースを提供していますので、Pythonの中でもそもそもデータ処理について学びたいと思っている人でないと、意味のない学習となってしまいます。

デメリット・注意点③:受講料がかかる ※他スクールよりはリーズナブル

もう一つのデメリットとしては、当然のことですが、それなりの受講料がかかるということです。同程度の他のサービスと比較すると、CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースは比較的リーズナブルな価格設定となっています。

しかし、気軽にパッと出せる金額ではないので、事前にお金を貯めておくなどの準備が必要となります。もちろん、お金を払った以上の価値がある学習となりますが、金銭面の負担ということについては留意しておくべきです。

\AI開発・データ処理スキルが身につく/

CodeCampの公式サイトで詳しく見る

Pythonデータサイエンスコース

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースの料金と受講期間

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースの料金と受講期間

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースは、入学金と受講料の二つの料金体系となっています。

入学金は33,000円で受講料は165,000円

入学金は基本的に33,000円(税込)となっています。キャンペーンや申し込み媒体によって割引がなされることもありますので、お得な料金設定が合ったら逃さないようにしましょう。受講料は165,000円(税込)です。これは固定料金で、コースに付属しているサービスをいくら使っても追加されることはありません。

無料体験レッスンを受けると10,000円分のポイントがプレゼント

受講料をお得にする方法としては、初めに無料体験レッスンを受けるというやり方があります。この体験レッスンを受けることで、10,000円分のポイントがプレゼントされます。

これは支払いに充当できますので、実質的に受講料が10,000円割引になります。体験を前もってしておくことで、どのような雰囲気かを確かめられますので、自分に合わなかったらレッスンを本申し込みしないという選択肢を採ることもできます。きちんと確認ができる上に、受講料も安くなりますので、このサービスを使わない手はないでしょう。

友だちを紹介して受講を始めると、Amazonギフト券10,000円分がプレゼント

また、友だち割引の特典も設けています。友だちを紹介して受講を始めると、Amazonギフト券10,000円分がプレゼントされます。ここから受講料に充当することはできませんが、お得になる制度ですので誰かと一緒にコースを受けたいと思っているのであれば、友だち紹介という形でスタートすると良いでしょう。

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースでは、早めに申し込むと割引がなされる先行割引などの制度はありません。逆に言うと、いつ申し込んでも料金は一緒となりますので、始めたい時に始められるという良さもあります。

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースの受講期間は、2か月間

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースの受講期間は、2か月間となっています。

一律で期間は決められていますので、とても分かりやすいプラン設定です。また、基礎から応用までのスキルを短い期間で集中的に習得できるよう、体系的かつ効率的なカリキュラムが組まれています。

オンデマンドではなくマンツーマン形式ですので、予定をしっかりと組んでおく必要があります。対応してくれる時間は朝の7時から深夜0時までとなっています。他のサービスよりも対応時間が遅くまで設定されていますので、仕事終わりの時間を有効に使ってレッスンを受けられるのが特徴です。

また、こちらのコースは完全マンツーマン形式であるのもメリットです。他のサービスだと自習時間が多めに取られていて、短時間だけのマンツーマン指導で疑問解決だけをするということもあります。

より深い学習ができる良さがあるわけです。また、課題レビューについては回数が無制限となっていますので、確実に学習を進めていけます。

\AI開発・データ処理スキルが身につく/

CodeCampの公式サイトで詳しく見る

Pythonデータサイエンスコース

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースの評判・口コミ

実際に受講した生徒から、いろいろな口コミが寄せられています。たとえば、初心者からスタートした人からの評判です。

  • 評判・口コミ①:現役のデータサイエンティストの講師の言葉は信憑性が高い
  • 評判・口コミ②:コードキャンプでRubyを勉強したので、学びやすかった。Pythonのほうができることが多そう。
  • 評判・口コミ③:実際に始めて見るとわかりやすかった
  • 評判・口コミ④:教材も分かりやすくて、理論と実践をミックスして教えてくれるのが良かった
  • 評判・口コミ⑤:仕事のスケジュールとうまく合わせながら最後まで無理なく続けられた

評判・口コミ①:現役のデータサイエンティストの講師の言葉は信憑性が高い

コードキャンプでRubyを学び、今Python勉強中です✨現役のデータサイエンティストの方が言っている言葉は信憑性が高い!

かめさんのツイートを見て、日々勉強しています🙌😊 https://t.co/cNXiEcREQc

— Akane🇫🇷英語+フランス語のトリリンガルを目指す (@akanelog_fr) April 5, 2020

評判・口コミ②:コードキャンプでRubyを勉強したので、学びやすかった。Pythonのほうができることが多そう。

コードキャンプでRubyを勉強したので、学びやすかったです🙌まだ今は基礎部分のみの学習ですが、Pythonの方ができることが多そうだな…という印象です!

今後もPythonを勉強していきます😊

— Akane🇫🇷英語+フランス語のトリリンガルを目指す (@akanelog_fr) April 1, 2020

評判・口コミ③:実際に始めて見るとわかりやすかった

「オフィスソフトを普段使っているくらいで、プログラミングは一切したことも勉強したこともありませんでした。最初は不安でしたが、実際に始めてみると分かりやすくて、プログラミングってこうやってやるんだということがだんだん理解できるようになりました。」

評判・口コミ④:教材も分かりやすくて、理論と実践をミックスして教えてくれるのが良かった

また、レッスン内容についての口コミでも良い評判となっています。「教材も分かりやすくて、理論と実践をミックスして教えてくれるのが良かったです。すぐに自分で試せるので、学んだことが仕事に役立つというのを実感できました。」

評判・口コミ⑤:仕事のスケジュールとうまく合わせながら最後まで無理なく続けられた

仕事との両立ができるという点についての口コミもあります。「毎日仕事で忙しいので、それに加えてレッスンを受けることに不安がありました。でも、夜の時間を有効に使って講義を受けられるというのを聞いて、2か月だけだし頑張ってみようという気持ちになりました。予定も細かく決められるので、仕事のスケジュールとうまく合わせながら最後まで無理なく続けられました。」

\AI開発・データ処理スキルが身につく/

CodeCampの公式サイトで詳しく見る

Pythonデータサイエンスコース

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースの受講の流れ

CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースの受講の流れは以下の通りです。

  1. 無料体験レッスンに申し込む
  2. Googleアカウントの取得とハングアウトの使い方を試しておく
  3. 当日、受講生ページから「レッスン開始」をクリック・体験レッスン開始
  4. 本申し込みの場合は受講生ページから決済方法を選んで本申し込み

ステップ①:無料体験レッスンに申し込む

まず、CodeCamp(コードキャンプ) Pythonデータサイエンスコースのホームページから、無料体験レッスンを申し込んでみましょう。体験レッスンはしなくても問題ありませんが、利用を決めるきっかけとなりますし、10,000円割引の特典がありますので申し込むのがおすすめです。

カレンダーから日付と時間帯を選んで、レッスンの予約をすればすぐに登録できます。

ステップ②:Googleアカウントの取得とハングアウトの使い方を試しておく

このコースでは、Googleハングアウトを使ってレッスンをしていきますので、事前にGoogleアカウントの取得とハングアウトの使い方を試しておきましょう。その際には、ヘッドセットもしくはイヤホンとマイクを使うことが推奨されています。お互いの声をしっかりと聴き取ることができて、スムーズにレッスンを進められるからです。

ステップ③:当日、受講生ページから「レッスン開始」をクリック・体験レッスン開始

体験レッスンを予約した日時に、サイトの受講生ページというところに、「レッスン開始」というボタンが表示されますので、そこをクリックするとGoogleハングアウトが立ち上がってレッスンがスタートします。

ステップ④:本申し込みの場合は受講生ページから決済方法を選んで本申し込み

もし、体験レッスンが気に入って本申し込みをしたいということであれば、受講生ページから決済方法を決めるなどして手続きをします。その後のレッスンの仕方は、基本的に体験レッスンの時と同じです。カレンダーの中から日付と時間帯を選んで予約を入れます。予約した時間になったら、受講生ページからレッスンを開始します。

2か月間所定のレッスンがすべて終わったら、自動的にコースは修了となります。その後、ステップアップのためのプレミアムプラスなどのコースを申し込むこともできますので、よりスキルを伸ばしたい人はこちらも検討してみましょう。

\AI開発・データ処理スキルが身につく/

CodeCampの公式サイトで詳しく見る

Pythonデータサイエンスコース

【関連記事】