ニューロープ、特定ブランドについてAIを駆使して調査するサービス『BRAND RESEARCH(ブランドリサーチ)』をリリース

BRAND RESEARCH

ファッションに特化したAIを開発する㈱ニューロープは、画像認識や自然言語解析などの技術を用いてSNSやECの情報を統計的に分析。特定ブランドについて様々な確度から調査する『BRAND RESEARCH』の提供を開始した。
コロナ禍で消費者のライフスタイルが目まぐるしく変わる中、意思決定に必要な情報をタイムリーに揃える。

BRAND RESEARCH

株式会社ニューロープは、特定ブランドについてAIを駆使して調査するサービス『BRAND RESEARCH(ブランドリサーチ)』をリリースした。
自ブランドや競合ブランドの顧客が普段どのような生活を送っているのか、Instagramの投稿に画像解析・自然言語解析をかけることで統計的なデータとして明らかにする。
具体的には次のような分析を叶える。

  • 顧客が他にどのようなブランドを愛用しているのか。
  •  顧客が色、柄、素材、丈感、ディティール等、どのような特徴のアイテムを好むのか。
  •  顧客属性。立場、仕事、年齢、子どもの有無等。
  •  顧客のライフスタイル。どこに足を運び、何をして時間を過ごしているのか。
  •  競合のどのような商品が流通しているか。

これらのデータは競合の特定、SNS広告でのターゲティング最適化、商品企画など、幅広く活用できる。

Fashion Snaps

統計的なデータ

アパレルブランドはアイテムのトレンドばかりではなく、消費者のライフスタイルに基づいて企画を立てることも多く、特にコロナ禍でライフスタイルが目まぐるしく変わる中で顧客の解像度を高めることは一つの課題となっている。

ニューロープが2018年から蓄積してきたデータを活かし、テストケースとしてアパレルブランド『GRACE CONTINENTAL』にご協力いただき、レポーティング内容を精査した結果、今回のリリースに至った。
レポート自体はアパレルブランドに限らず、コスメやインテリアなど幅広い業界に適用できるものとなっている。

● 関連リンク

【プレスリリース】

【関連記事】