2020年下半期の広告宣伝費は回復傾向【メディアレーダー社 調査】

2020年下半期の広告宣伝費は回復傾向【メディアレーダー社 調査】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

日本最大級の媒体資料のポータルサイト「メディアレーダー」が、新型コロナウイルスが広告・マーケティング業界にどの程度影響を与えているのかについて、メディアレーダー会員に向けて実施した調査結果を公表した。

サマリー

広告宣伝費が「減少した」と回答している会員が、4~6月については約71%を占めたのに対し、7月以降は約49%にとどまった
→広告宣伝費について、2020年上半期に比べ、下半期は回復傾向にある

「広告・マーケティングに関する情報収集」で約91%、「商談・会議」では約69%の方が、「オンライン」で行っている
→広告領域での情報収集や商談は、多くの方がオンラインを利用している

4~6月の広告宣伝費のうち大きく減少したのは、「インターネット広告」が約21%、「それ以外」が約43%、「どちらも同程度」が約36%
→コロナ禍のインターネット広告への影響は比較的軽度

「今後の広告・マーケティング手法に強く求められるもの」は約76%の方が「費用対効果」と回答。
→これからの広告・マーケティングには、費用対効果がより強く求められている

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

調査結果レポート

詳細ページ:https://media-radar.jp/contents/meditsubu/report01/

広告宣伝費が「減少した」と回答している会員が、4~6月については約71%を占めたのに対し、7月以降は約49%にとどまった

Q.新型コロナウイルスの影響で、4~6月の自社・クライアントの広告宣伝費が減少しましたか?
・はい 71.3%
・いいえ 28.7%

新型コロナウイルスの影響で、4~6月の自社・クライアントの広告宣伝費が減少しましたか?

Q.7月以降の自社・クライアントの広告宣伝費に影響はありましたか?
・増加した 10.6%
・減少した 48.6%
・影響はなかった 40.7%

Q.7月以降の自社・クライアントの広告宣伝費に影響はありましたか?

広告宣伝費について、2020年4~6月に比べ、下半期は回復傾向にあることがわかります。

「広告・マーケティングに関する情報収集」で約9割、「商談・会議」では約7割の方が、「オンライン」で行っている

Q.現在、広告・マーケティングに関する情報収集はどのように行っていますか?
・すべてオンラインで実施している 27.8%
・おおむねオンラインで実施している 63.4%
・おおむねオフラインで実施している 7.9%
・すべてオフラインで実施している 0.9%

Q.現在、広告・マーケティングに関する情報収集はどのように行っていますか?

Q.現在、会議・商談はどのように行っていますか?
・すべてオンラインで実施している 17.1%
・おおむねオンラインで実施している 52.3%
・おおむねオフラインで実施している 26.9%
・すべてオフラインで実施している 3.7%

Q.現在、会議・商談はどのように行っていますか?

広告領域でのリード獲得や商談の主戦場はオンラインとなっており、より一層Web領域へ注力することが求められると言えます。

その他、「インターネット広告への影響」「今後の広告・マーケティングに求められるもの」などについても調査しており、結果は下記のページよりご覧いただけます。
https://media-radar.jp/contents/meditsubu/report01/

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事