無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

兼任Web担当者の苦悩、95.5%がアクセス分析で課題を感じる【インフォネット調査】

インフォネットが実施した調査によると、Webサイト運営の非専門人材または兼務人材111名のうち95.5%がアクセス分析および対策に課題を持っていることが明らかになった。

特に、具体的な改善策の発見が難しい、改善策が成果に繋がらないといった課題が上位に挙げられている。

調査結果は、Webサイトのアクセス分析および対策に関して「とてもある」が28.8%、「ややある」が66.7%というデータを示しており、ほとんどの担当者が何らかの課題を感じている状況を示している。

改善策を見つけ出せないことや、打った改善策が成果に結びつかないことなどが、大きな壁となっている。

加えて、分析ツールの利用が難しい、分析結果を定期的にチェックする体制が整っていないといった課題も浮き彫りになった。

分析業務にかかる時間や、分析ツールに求める機能についても多くの意見が寄せられた。

インフォネットは、この調査結果を踏まえ、専門知識不要で簡単にアクセス分析が行える「MEGLASS finder」の提供を始めている。

これは、Google Analytics 4と連携し、大幅な時短と直感的な操作性を実現するツールであり、Webサイト運営の課題解決に貢献することが期待されている。

Webサイトの成果を高めるためには、アクセス分析が重要な役割を果たす。

しかし、非専門人材や兼務人材が直面する多くの課題に対して、より使いやすく、効率的な分析ツールの開発と普及が求められている。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料