【未経験でも大丈夫!】稼げるWebマーケターになろう

【未経験でも大丈夫!】稼げるWebマーケターになろう

店舗を持つよりもWebで販売ができれば、効率が良さそうと感じていてチャレンジしたいと考えている方も多くなりました。

しかし今までWebで何かを販売した経験がないと、不安で誰かに相談したいと考えます。その際に頼れるのがWebマーケターになり、最近では需要がどんどん増えています。

未経験でまだわからない部分も多いものの、これから将来性のあるWebマーケターになりたいと考えている方もいるでしょう。

どのようなステップを踏んで、稼げるWebマーケターになると良いのかこちらで詳しく紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

Webマーケターってどんな仕事なの?

Webマーケターってどんな仕事なの?

売りたいものやサービスをWeb上で販売するため、お客様に興味を持ってもらい購入してもらうためにさまざまな施策を行っていく人のことを言います。

どんなことをしていくのかというと、お客様が自然に検索しそうなワードを予想し、SEOのキーワード選定を行います。ほかにもリスティング広告の運用や各種広告の運用などもしていくためやらなければいけない仕事は多いです。

今はインターネットで商品やサービスを購入する時代ですので、Webマーケターの存在は欠かせません。少しでも多くサービスや商品を購入してもらい売上を上げるために工夫するのが、Webマーケターの使命でもあります。

店舗のみでの販売の場合、そこに来てくれるお客様に対してしか売ることができませんでしたが、Webで上手にお客様を呼び込むことで遠方の方からも買ってもらえるようになりました。

インターネットで検索するのは簡単で、今はスマホやパソコンなどを当たり前に持っている時代でもあります。
結果を出すためにも、Webの特性などをしっかりと理解したうえで対策などをしないといけないと、ある程度経験や知識がないとできない仕事です。

ただ未経験でも、これから経験を積んでいくことで稼げるWebマーケターになれます。

Webマーケターとは?仕事内容や年収、やりがい・辛いことなどを解説Webマーケターとは?仕事内容や年収、やりがい・辛いことなどを解説

未経験の場合どのような方法でWebマーケターになればいい?

未経験の場合どのような方法でWebマーケターになればいい?

経験がなくても、さまざまな方法からWebマーケターになることが可能です。自分に合っていそうな方法があればそれを試し、イキイキ働けそうな方法を選んでみましょう。

ここからはいくつか具体的に紹介していきます。

Webマーケターに就職や転職をする

未経験で特別な資格がなくても、Webマーケターは就職や転職ができます。

国家資格や絶対何年以上の実務経験が必要というのもないので、もし別の仕事をしていて悩んでいる方がいれば、思い切ってWebマーケターに転職してみるのもアリです。

知らないと損!Webマーケティング転職に絶対おすすめの転職エージェント・転職サイト16選【17選】Webマーケティング系の転職エージェント・転職サイトおすすめランキング:未経験OK【2021年最新】

Webマーケターの会社で働くわけですから、基本的な知識から応用まですべて仕事をしながら覚えていくことができます。将来独り立ちしたいというときにも、ここでの経験が活きてくるでしょう。

実際にやってみるというのが大切で、頭の中で想像しているばかりでは結果は残せません。さらにやってみると想像とは違う結果になってしまうという場合もあるため、働きながら何回も仮説検証をして改善を行うという作業をする価値があります。

転職を考えるときには、自分でハローワークのようなところに探しに行くだけでなく、IT関係に強い転職サイトやエージェントに登録して紹介してもらうのも良いでしょう。

より自分の望んでいるWebマーケターの会社を紹介してもらえる可能性も高くなり、担当の人とも相談できるので会社選びに失敗しにくくなります。

もし今までに営業の経験があれば、そういった企画力、提案力も買われ転職に有利に働く場合もあります。

正社員で就職するのは難しそうな場合でも、アルバイトやパートの区分で募集がかかっていれば、そこから入社して場数を踏んで正社員を目指す方法もおすすめです。

Webマーケティングスクールに通う

現在、Webマーケティングを学べるスクールは数多くあります。通学型やオンライン型と受講スタイルも柔軟で、数ヶ月でWebマーケティングの基礎・実践力をある程度学ぶことができます。

【徹底比較】Webマーケティングスクール・講座13選おすすめ人気ランキング【2021年最新版】【徹底比較】Webマーケティングスクール・講座13選おすすめランキング【WEB広告運用・SEO他】

普通の企業でWebマーケティング系の担当に携わる

ここまではWeb関係やそのままWebマーケターに直接就職してという方法でしたが、普通の企業でも学ぶことはできます。
だいたいの会社で今はホームページなども持っていますし、もっと会社のことを知ってもらおうとSNSを活用し、ブログを作っています。

特にWeb関連ではなくても、何かしらWebに携わることは多いのでそういったことを担当している部署に異動するのもおすすめです。

この場合は新しい企業をわざわざ探して、一旦無職になる期間を作る必要がありません。

一般的な企業ですので、そこまでWebに関して得意ではない人ばかりがいる場合、率先してWeb関係の部署に異動したいと思ってくれている人材は重宝されるでしょう。

ここで自社や作っている商品、サービスの宣伝を任されることで、どのようにアピールしていくかをとことん追求して考えるようになり、Webマーケターにとって必要な知識も身につくでしょう。

もし会社の中で広告代理店の窓口のポジションになれれば、ここでのWeb担当として活躍するのがおすすめです。広告代理店の方の知り合いができると、新しい情報や普通は聞けない情報なども手に入れられます。

今後Webマーケターとしてもっと大きく活躍する際に為になる話が聞け、広告業界にも詳しくなれるでしょう。ただブログなどを更新するのではなく、ディスプレイ広告やリスティング広告なども行いよりお客様に興味を持ってもらい購入まで至るように工夫することが大切です。

ECサイトを扱っている通販会社で働く

就職や転職をする際に、ECサイトの運営枠で入社するようにします。ほかの部署になってしまうと、Webサイト関係とはまったく関係のないところに行ってしまうかもしれないため、どの枠の募集があるのか受ける際にはチェックをしましょう。

ECサイトの運営枠で入社すれば、どのようにそのサイトで商品を売るために工夫しているのかなどノウハウがわかります。さらに自分でWebマーケターになったときに顧客は、こういった通信販売のECサイトがほとんどです。

店舗のみではなくWebでも売上を上げたいと考えたり、店舗を持たずにWebの中だけで販売したいと思っていたりして、売れるサイトを作るためにWebマーケターに依頼をしてきます。

どんな思いを持ってECサイトを作っているのかもわかりますし、さまざまな事情も見えてくるため勉強になるでしょう。

まだWebをあまり見ない世代へ向けてカタログを作っているところやTVの中で通販番組をしていますが、同時にWeb上でも広告を打ち出し魅力的なホームページや公式サイトを載せているところがほとんどです。

就職や転職という意味でも、ECサイトは比較的未経験でも採用されやすい傾向にあります。特に20代など若い場合、今後も期待されて未経験でも即採用となる場合も多いです。

Web広告の管理を行うので、Web上でどのようにマーケティングを行うか基本なども自然と身につき、集客の仕方や管理の仕方もわかってきます。

そもそも食品や化粧品、アパレルの会社で、Webに関しての知識が豊富にある人材が社内にいないことがほとんどです。誰もできないから仕方がないと、ほかのWebマーケターの会社に丸投げするケースも多々あります。

そんな中お客様が興味を持って見てくれるWebサイトを作ることができ、知識なども豊富にあったら社内として貴重な存在となり重宝してくれるでしょう。

自分で実際にWebサイトを作り学んでいく

どこかに就職をしてノウハウを教えてもらうのではなく、自分でWebを作り売り込むことができれば素晴らしいです。
ある程度基本などは知っておかなければならないのですが、自分で工夫をして何回も失敗しながらも作り上げていった方が大きな実力となります。

正直始めは上手にいかないことばかりで挫折してしまいそうになってしまうかもしれませんが、自分が思うように工夫をして実践し改善していくといつの間にか皆に見てもらえるWebサイトができてきます。

1ヶ月の間にすごい数字をたたき出すところを見てもらえることができれば、それを知った顧客は放っておきません。こういったことは簡単にできないため、ぜひうちに会社のサイトもお願いしたいと言われるようになるでしょう。

個人で行うからこそ大変な面もありますが、自由に会社から制約なども受けずに、試してみたい方法をまずは実践できます。
もしかしたら成功するかもしれないですし失敗するかもしれないのですが、どちらになっても学べるものも多く誰かの目を気にして動く必要もありません。

そのうちにコツや失敗しないための防止策もオリジナルでできていて、自分だけのノウハウを作り上げることもできるでしょう。

PVの数なども、自分のペースでどんどんと上げて大きな実績にできます。自分で行う際は、SEO対策、画像編集、WordPressの知識、アナリティクスなどで数値分析を意識しながらスキルを学びつつ、Webマーケティングに活かしていくと良いでしょう。
今すぐにWeb関係の仕事に転職する勇気がない方も、自分で休みの日などを活かして家で少しずつやってみるのもおすすめです。

自分なりに難しさや知識などもわかって実績も出せるようになったら、この実績も見せながら転職してさらに学ぶという方法もあります。

知識をつけて実行するのが未経験の方には必要!

どんなにWebマーケターになりたいと思っても、頭の中でなれたらいいな……と考えているだけではなれません。未経験の方の不安要素に、用語もいまいちわからず知識がないから不安だと感じる方は多いでしょう。

ですので初めてだからこそ、まずは専門用語やどんな流れでWebマーケティングを行うのか勉強をしましょう。書店に行くとWebマーケティングについて詳しい知識が載っている本も売られていますし、インターネットで検索をしてみてもさまざまなサイトがあります。

独学におすすめのWebマーケティング本まとめ【2021年最新】【2021年】Webマーケティングのおすすめ本21選【独学・初心者に最適】

ほかにもSNSや動画などでも検索し、わかりやすい説明を聞くことが可能です。不安な気持ちが少しでも薄まるように、まずは知識をつけて用語なども見慣れる、聞き慣れるようにします。

段々に不安な専門用語が日常的なものになってきた頃に、それまでに学んだノウハウを使って今度は実践をしましょう。本や動画を見て知識を身につけると、安心してそこで終わってしまう方もいますが、Webマーケターで大切なのは実践や経験です。

何も就職や転職してからでないとできないわけではなく、今の仕事を続けながら自宅に帰宅してきて隙間時間を使いながら実践できます。

なんとなく本などを見ながら、自分だったらこの方法をしたい、こうしたらより多くの顧客に興味を持ってもらえるのではないか?というものが思いついているはずです。

アイデアをそのまま自宅のパソコンで実践し、顧客の反応を見てみましょう。自分が思った通りの反応をしてくれるかもしれないですし、思ったよりも手ごたえを感じられないかもしれません。

もし手ごたえがなく失敗に終わったとしても、ここから何がいけなかったのか、改善するのはどの部分だったのかを考え、また違う方法で実践するのが大切です。

自分だけでやっているからこそ失敗を恐れる必要もないですし、どんどんアイデアを出しては実践で試してみましょう。

まとめ

今はまったく別の仕事をしていても、これからWebマーケターを目指したいと思ったら未経験でも目指せる仕事です。
特にECサイトなどからの依頼も多く、今はWebマーケターの需要が大きいです。

未経験からでもWebマーケターになる方法はいくつかあり、そのままWebマーケターに就職や転職する方法、Web関連の仕事で携わる、今の会社のままWeb関係の担当に携わる方法などあります。

自分でWebサイトを作り実践していくのも、思うようにアイデアを試せるのでおすすめです。基本を知らないと未経験の場合不安だと思いますので、まずはリスティング広告やCTR、CTCの概念は何かなどの知識もつけましょう。

【関連記事】