Google Chrome、2022年までにサードパーティクッキーのサポートを廃止

Chromeは、サードパーティーのクッキーを、パーソナライズとプライバシーのバランスを取ることを目的としたブラウザベースのツールや手法に置き換える。

サードパーティのクッキーは、主要なブラウザからますます拒絶されるようになってきている。そして今日、Googleは同社のChromeブラウザにおけるサードパーティクッキーのサポートを二年以内に段階的に廃止すると発表した。

同社は、「Privacy Sandbox」イニシアティブの一環として、これらをブラウザベースのメカニズムに置き換えることを目指している。Privacy Sandboxは、昨年8月のGoogle I/Oでの発表を受けて導入された。

パーソナライズとプライバシーのバランス

Googleの目標は「ユーザーのプライバシーを保護し、同時にパーソナライズできる安全な環境」を作ることで、これには「広告がユーザーにとって意味のあるものであり続けることを保証する新しいアプローチだが、ウェブサイトや広告主と共有されるユーザーデータは、ユーザー情報を匿名で集約し、より多くのユーザー情報をデバイス上にのみ保持することで最小限に抑えられる」という事が必要だという。

同社は、FirefoxSafariのような「大規模なクッキーのブロック」は、フィンガープリントのようなトラッキング技術を助長し、広告の関連性を低下させてパブリッシャーのエコシステムを損ない、収益を減少させると主張している。オーディエンスのターゲティングの精度が低いほど、広告収入は減少する。

オーディエンスをターゲットにする戦略

Privacy Sandboxシステムは、ブラウザ環境内でのターゲティングとコンバージョン計測を、「プライバシー保護API」によって行うことを想定している。Googleによると、広告ターゲティングは同社の「個人を特定するデータをブラウザーから離れさせずに、似たような人々の大規模なグループに広告を配信する方法を探っている」のだという。後者は、個人の情報を明らかにすることを避けるために、大規模なグループ規模での関心に基づくターゲティングを可能にする。

注目すべき理由

Googleのこの動きは、FirefoxSafariと並んで、業界にとって大きな変化である。Googleは、ユーザーに力を与える一方で広告エコシステムが効果的に機能することを可能にする方法を見つけようとしている。

批評家は、Googleがデジタル広告をさらにコントロールしようとしていると非難するだろう。しかし、このアプローチが機能するためには、Googleはパブリッシャーや広告主、テクノロジー企業、さらにはAppleMozillaでさえも含む幅広いコミュニティの間で合意を形成する必要がある。

【参考】

【関連記事】