Webマーケティングスクールおすすめ特集

記事の不足コンテンツをAIが自動提案する「AI SEO コンテンツアドバイザー」がリリース 

メディアエクイティ株式会社は、対策キーワードと対策したいページのURLを入力するとAIがユーザーの検索意図を調査・分析して不足コンテンツを提案するAI SEO コンテンツアドバイザーを公開した。

検索エンジンの検索アルゴリズムは日々進化を遂げており、テクニカルなSEO対策の効果は薄れてきている。

そして、コンテンツの中身が検索順位の向上に非常に重要となってきている。検索ユーザーの悩みを解決する良質なコンテンツ(記事内容)を用意(いわゆるコンテンツSEO対策)することが本質的にもユーザーのためになり、検索順位向上にも重要となっている。

そこで、AI SEO コンテンツアドバイザーでは、該当URLにどのようなコンテンツ(記事内容)を追加すると順位が向上するかをAIが提案する。

対策キーワードに対して、評価したいページがどの程度検索ユーザーのニーズに沿ったコンテンツを用意できているかを評価し、さらにそこに不足があれば、具体的にどのようなコンテンツを足すことでユーザーニーズをより満たせる、検索順位がより上がりやすい質の高いページになるかを提案する。

どのようなコンテンツが不足しているかを提案するだけでなく、コンテンツを追加してライティングする際に参考になる記事のURLと該当箇所まで提示できるので、そのままライターへの指示書にも使ってもらえるという。

トライアルにて、1週間無料利用可能。

AI SEO コンテンツアドバイザー機能の無料トライアルはこちら
https://ai-writer.mediaequity.jp/login/

AI SEOライターツールの詳細はこちら
https://mediaequity.jp/aiseowritertool/

【プレスリリース】

【関連記事】