第6回 MarkeMedia Days 無料申込受付中 >

モバイルアプリの広告支出額を基に世界のアプリエコノミーの成長要因とアドネットワークのパフォーマンスを分析【Adjust調査】

業界全体の広告費

モバイルマーケティング分析プラットフォームであるadjust株式会社は、「パートナーベンチマークレポート」の調査結果を発表した。このレポートでは、アプリエコノミーの世界的また地域別の成長要因を解説している。調査対象は、約250ヶ国と12のカテゴリーにわたる、270以上のアドネットワークにおける5,000以上のアプリから得られた60億以上のペイドインストール数。

業界全体の広告費

 

Adjust COO(最高執行責任者) アンドレイ・カザコフ(Andrey Kazakov)

アプリエコシステムは世界的に急成長を遂げており、今年のデジタル広告総支出額の75%をモバイルが占めるという勢いを見せています。ユーザー獲得マネージャーは、その支出をできる限り効果的かつ効率的にするために、地域やカテゴリー固有のベストプラクティスと、効果的なチャネルを把握する必要があります。Adjustの「パートナーベンチマークレポート」では、最もよく使われているアドネットワークや、優れたチャネルミックスを構築する方法、さらに多くの優良ユーザーを獲得できるチャネルなど、世界のモバイル広告業界の裏側に迫る視点を、各地域やカテゴリーの企業の評価に基づいて提供しています。

ハイパーカジュアルゲームアプリのセッション数

Adjust「パートナーベンチマークレポート」の調査結果

● 世界のアプリエコノミーはかつてないほどの成長を見せているが、成長しているカテゴリーは地域により異なる。
たとえば、APACの成長は依然としてモバイルゲームによって促進されている一方、トルコでは主にゲーム以外のカテゴリーが成長を後押ししている。
APACでは、Google 広告とFacebookへの広告費がほとんどのカテゴリーと市場で最も多くなっているが、現地のネットワークも勢いを増している。

●ゲームは依然として最もユーザーを獲得しているカテゴリーで、APACがその勢いを主導している。
Adjustのデータによると、ゲームは世界においてユーザー獲得広告の全カテゴリー総支出額の50%を占めている。APACでのゲームアプリの広告費は全体の64%を占め、次に北米(57%)、EMEA(39%)が続く。ハイパーカジュアルゲームにおいては、2020年のAPACのすべての市場でセッション数が急激に増加し、その中でも日本では前年同期比99%増にも達し、2021年にはさらに10%増加している。
このカテゴリーでは、Facebook、Google 広告、TikTok、Unity、Mintegralが大きなシェアをキープしているが、AppLovinとIronSourceも優れたパフォーマンスを発揮している。

● 東南アジア(SEA)は、モバイルコマース業界の大きな成長をリードしている。
データによると、SEAでのEコマースのインストール数は2021年上半期において前年比18%増となり、現在は中国とインドを上回っている(デジタルリテールのシェアは85%増)。
モバイルコマースにおいて、GoogleとFacebookは依然として最も使用されているマーケティングチャネルだが、TikTok、Affle、Naver、InMobi、Appierなどのネットワークが勢いを増しており、広告バイイング戦略に最適な選択肢となる可能性がある。

● フードデリバリーアプリは、パンデミックがもたらした大幅な成長の後も引き続き伸び続けている。
Adjustのデータは、ロックダウンが解除された市場でも、フード・ドリンク分野の成長が一貫して上昇傾向にあることを示している。2020年の世界的なインストール数は前年比19%増となっており、2021年の現時点ではさらに20%増加している。セッション数の増加はさらに顕著で、2020年の71%と比較して2021年はすでに34%増となっている。
Google 広告、Facebook、Apple Search Ads、SnapchatとTikTokがこのカテゴリーにおいて成長を促進するトップ5のネットワークだ。

● ソーシャルメディアでは、ショート動画配信アプリが新たな成長の推進力になっている。
ショート動画の全体的な視聴時間が急速に伸び続けるにつれて、そのフォーマットの力も増加し、大規模なソーシャルコマースプレイヤーへと進化した。
また当然のことながら、Google 広告、TikTok、Snap、Apple Search Ads、Facebookは、ソーシャルメディアカテゴリーにおいてiOSとAndroidの両方のランキングを独占している。

フード&ドリンクのインストール数

Adjust、日本ゼネラルマネージャー、佐々 直紀

このレポートでは、Adjustの初の試みである、広告支出額を元にしたデータ分析から世界のモバイルマーケットの成長要因をいつもと違う視点から見ることができます。また、各地域・アプリカテゴリーにおけるアドネットワークのパフォーマンスも見えてきます。色々なアドネットワークが群雄割拠する日本において、効率の良いチャネルを見つけるのは至難の技です。AdjustのMeasureをご使用いただくと、自社アプリのキャンペーンパフォーマンスの詳細を確認することができ、的確また効率的に広告費を配分し、キャンペーンの効果を最大化することが可能となります。今後も、Adjustはマーケターのみなさまが効率的に質の高いユーザーを獲得し、継続するための有益な情報やツールを提供して参ります。

「パートナーベンチマークレポート」の詳細な調査結果はこちら

調査方法
「パートナーベンチマーク」レポートでは、2021年上半期のデータを基に、272のネットワークにおける5,460のアプリから得られた60億以上のペイドインストール数と1,600億のセッションに関するAdjustの顧客の包括的なアナリティクスをお届けする。Adjustの顧客は世界246ヶ国でビジネスを展開しており、特に北アメリカ、EMEA、APACで優れた業績を収めている。Adjustは業界の動向を俯瞰的に分析し、主な調査結果をAdjustの「モバイルアプリトレンドレポート 2021」や他の業界レポートのデータと比較している。

adjust株式会社 会社概要
Adjustは、モバイルマーケティング分析プラットフォームだ。アプリの持続的な成長を目指す世界中のマーケターから信頼されており、広告キャンペーンの効果測定と最適化、ユーザーデータを保護するソリューションを提供している。Adjustに構築されたインテリジェンスとオートメーション技術、また迅速なグローバルカスタマーサポートが、世界中のアプリを強力にサポートしている。

2021年、Adjustは業界をリードするマーケティングプラットフォームのAppLovin(Nasdaq:APP)に買収された。今後もAdjustは、強力かつ統合された各種ソリューションを持つAppLovinと共に、開発者のモバイルアプリの成長をサポートしていく。
公式ホームページ: https://www.adjust.com/ja
公式 Facebook : https://www.facebook.com/adjustJapan/

【プレスリリース】

【関連記事】