無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

SEOコンサルティングとは?種類や依頼するメリット・デメリット、選び方を解説

SEOコンサルティングとは?内容・種類や依頼するメリット・デメリットを解説

SEOコンサルティングとは、企業のウェブサイトが検索エンジンにおいてより良い順位を獲得し、結果として訪問者数やコンバージョン率を向上させるための専門的なサービスです。このサービスは、サイトの調査・分析から始まり、戦略の立案、内部および外部のSEO対策、キーワードの選定、コンテンツの作成、そしてアクセス解析と改善作業に至るまで、一連のプロセスを網羅しています​​​​​​。

具体的には、SEOコンサルティングはウェブサイトの課題を明らかにし、それらを解決するための施策を立案します。これには、内部リンクの最適化や、適切なメタデータの設定、ページのローディング速度の改善、そして価値あるコンテンツの作成などが含まれます。また、競合他社のサイトとの比較分析を行い、自社サイトに足りない要素や、改善すべきポイントを特定します​​​​。

SEOコンサルティングの大きなメリットとしては、専門的な知識と経験を持つコンサルタントによる質の高いSEO対策の実施が挙げられます。これにより、ウェブサイトは効率的に成長し、持続的な集客が見込めるようになります。さらに、社内リソースの削減、客観的な意見の取得、そしてSEOリテラシーの向上といった利点もあります​​​​。

ただし、SEOコンサルティングを依頼する際にはいくつかの注意点があります。SEO対策は短期間で目に見える結果が出るものではなく、中長期的な取り組みが必要です。また、時にはサイトの構造を大きく変える必要がある場合もあります。そのため、コンサルティング会社を選ぶ際には、その会社が持つ実績やスキル、コミュニケーションの質、そして業界内での経験を十分に検討することが重要です​​​​。

目次(クリックしてジャンプ)

SEOコンサルティングの内容・種類

SEOコンサルティングは、ウェブサイトの可視性を向上させ、検索エンジン結果ページ(SERP)でのランキングを高めるための一連の戦略と施策を提供します。この分野は幅広く、様々な手法が組み合わさっています。以下に、その主要な要素について詳細に説明します。

SEO対策の戦略立案

SEO対策の戦略立案は、クライアントのビジネス目標とウェブサイトの現状分析から始まります。この段階では、市場調査、ターゲットオーディエンスの分析、および競合他社の戦略を深く理解することが重要です。目標設定には、具体的かつ測定可能な指標を設定し、SEOの取り組みがビジネスの目標に直接貢献することを確実にします。戦略立案には、ターゲットキーワードの選定、コンテンツ戦略の策定、技術的SEOの改善計画、そしてバックリンク獲得戦略などが含まれます。このプロセスでは、予算、リソース、期間も考慮に入れ、最も効果的で持続可能な戦略を構築します。

内部対策(オンページSEO)

内部対策、またはオンページSEOは、ウェブサイトの内部要素の最適化に焦点を当てた手法です。このプロセスには、コンテンツの質の向上、適切なキーワードの統合、HTMLタグの最適化、サイトの構造とナビゲーションの改善、そしてページのローディング速度の最適化が含まれます。また、ユーザー体験(UX)の向上も重要であり、ユーザーが求める情報を簡単に見つけられるようにすることで、サイト滞在時間の延長とバウンス率の低下を目指します。ウェブサイトの内部最適化は、検索エンジンがサイトをより効率的にクロールし、コンテンツの関連性を正確に理解するのを助けます。

外部対策(オフページSEO)

外部対策、またはオフページSEOは、ウェブサイトの外部からの評価を高める手法です。これには、高品質なバックリンクの獲得、ソーシャルメディアでのプレゼンスの強化、インフルエンサーとの協業、ブランドメンションの増加などが含まれます。これらの活動は、ウェブサイトへの信頼性と権威性を高め、間接的に検索ランキングを向上させます。また、オフページSEOはブランド認知度の向上にも寄与し、長期的なウェブサイトの成功に重要な役割を果たします。

キーワード調査

キーワード調査はSEO戦略の基礎であり、ターゲットオーディエンスが使用する検索クエリを特定し、それらのキーワードの検索ボリューム、競争度、そしてユーザーの意図を分析します。このプロセスでは、ショートテールキーワード(広範な検索に使われる1~2語のキーワード)とロングテールキーワード(特定のトピックや質問に関連する長いフレーズ)の両方を考慮に入れます。適切なキーワード戦略は、コンテンツの方向性を決定し、ターゲットオーディエンスにリーチするための基盤を築きます。

競合サイト調査

競合サイト調査では、同じ市場や業界で活動する競合他社のウェブサイトを詳細に分析し、そのSEO戦略、使用しているキーワード、コンテンツの質と種類、バックリンクのプロファイルなどを理解します。この情報は、自社サイトの改善点を特定し、競合に対して差別化された価値を提供する戦略を立案するために使用されます。また、競合の成功事例や失敗から学び、より効果的なSEO戦略を構築することができます。

Webサイト調査

Webサイト調査では、クライアントのウェブサイトを包括的に分析し、技術的な問題、コンテンツのギャップ、ユーザー体験の課題など、SEOの観点からの改善点を特定します。この分析は、サイトの構造、内部リンクの戦略、メタデータの最適化、コンテンツの質と関連性、モバイルフレンドリー性など、多岐にわたる要素を対象とします。得られた洞察は、ウェブサイトの全体的なSEOパフォーマンスを向上させるための施策の基盤となります。

記事コンテンツ制作

記事コンテンツ制作は、ターゲットオーディエンスに価値を提供し、検索エンジンに最適化された形式でコンテンツを作成するプロセスです。高品質なコンテンツは、ユーザーの関心を引き、ウェブサイトへの滞在時間を延ばし、共有やバックリンクの獲得につながります。コンテンツ制作には、選定されたキーワードを自然な形で組み込み、読者にとって有益かつエンゲージメントの高い記事、ブログポスト、ガイド、インフォグラフィックなどを作成することが含まれます。また、コンテンツは定期的に更新され、業界のトレンドやユーザーのニーズに合わせて適応させる必要があります。

これらのSEOコンサルティングの内容と種類は、ウェブサイトの検索エンジンでのパフォーマンスを最適化し、最終的にビジネスの成長に寄与するために不可欠です。専門的な知識と戦略的なアプローチにより、ターゲットオーディエンスにリーチし、オンラインでのプレゼンスを強化することができます。

SEOコンサルティングサービスの業務・サービスの流れ

SEOコンサルティングの業務・サービスの流れは、クライアントのウェブサイトが検索エンジンでより良いパフォーマンスを発揮するよう支援するための一連のステップです。各ステップでSEOコンサルタントがどのように関与し、どのようなアクションをとるのかを以下に詳述します。

ヒアリング・与件整理

この初期段階では、SEOコンサルタントはクライアントとのミーティングを通じて、ビジネスの目標、ターゲット市場、現在直面している問題点などを深く理解します。コンサルタントは、クライアントの期待やニーズを明確にし、プロジェクトの範囲を設定します。また、クライアントのビジネスモデルや業界に関する情報も収集し、SEO戦略がビジネス目標と完全に連携するようにします。

サイトのSEO分析・課題整理

次に、SEOコンサルタントはクライアントのウェブサイトを徹底的に分析し、技術的SEO問題、コンテンツのギャップ、ユーザーエクスペリエンスの問題など、さまざまな課題を特定します。このプロセスには、サイトのクロール、サイトの構造分析、ページのローディング速度のテスト、内部リンクの分析などが含まれます。課題が明確になったら、これらの問題点を整理し、優先順位をつけてクライアントに報告します。

SEO戦略・施策提案

課題の特定後、SEOコンサルタントはクライアントのビジネス目標を達成するためのカスタマイズされたSEO戦略と具体的な施策を提案します。この計画には、キーワード戦略、コンテンツ最適化計画、技術的SEO改善、バックリンク戦略などが含まれる場合があります。コンサルタントは、提案された戦略がクライアントの期待と予算に合致していることを確認し、実行計画のタイムラインを提供します。

SEO施策の実行

戦略と施策が承認されたら、SEOコンサルタントは具体的なアクションプランに沿ってSEO施策の実行を開始します。このフェーズでは、コンサルタントは必要に応じてクライアントのウェブ開発チームやコンテンツチームと協力し、技術的SEO改善、コンテンツの最適化、バックリンクの獲得などを行います。コンサルタントは、プロジェクトの進捗を定期的にクライアントに報告し、透明性を保ちます。

コンテンツ制作・納品

SEO戦略の一環として、コンサルタントは高品質でSEOに最適化されたコンテンツの制作を支援します。これには、ターゲットキーワードを含むブログ記事、インフォグラフィック、ビデオコンテンツなどが含まれる場合があります。コンサルタントは、コンテンツが検索エンジンのガイドラインに準拠し、ユーザーに価値を提供することを確認します。完成したコンテンツは、クライアントに納品され、ウェブサイトに公開されます。

SEO効果検証・改善提案

最後に、SEOコンサルタントは実施された施策の効果を検証し、ウェブサイトのトラフィック、検索順位、コンバージョン率などのKPIを分析します。このデータを基に、コンサルタントは成果を評価し、さらなる改善のための提案を行います。このプロセスは継続的に行われ、SEO戦略が常に最新の検索エンジンのアルゴリズムと市場のトレンドに適応していることを保証します。

SEOコンサルティングを依頼するメリット

SEOコンサルティングを依頼することには多くのメリットがあります。以下に、その主なメリットを詳しく説明します。

質の高いSEO施策が実施できる

専門的なSEOコンサルタントに依頼することで、最新のSEOのベストプラクティスに基づいた高品質な施策を実施することができます。SEOコンサルタントは、検索エンジンのアルゴリズムの変更に常に対応し、その知識を活用してウェブサイトの構造、コンテンツ、バックリンク戦略などの最適化を行います。このように専門家による施策は、ウェブサイトの検索エンジンでの可視性を大幅に向上させることが期待できます。

持続的なSEO施策が実施できる

SEOは一度の施策で完了するものではなく、継続的な努力が必要です。SEOコンサルタントは、定期的な監視と調整を行い、ウェブサイトが持続的に検索エンジンで良いパフォーマンスを維持できるよう支援します。これには、定期的なコンテンツ更新、キーワード戦略の調整、バックリンクの質の監視などが含まれます。この継続的なサポートにより、ウェブサイトは検索エンジンのアルゴリズムの変更に迅速に対応し、競合他社に対して優位性を維持することができます。

SEO業務工数が削減できる

SEOコンサルタントに業務を委託することで、社内のリソースを他の重要な業務に集中させることができます。SEOは専門的な知識と技術を要するため、内部で対応するには大きな労力と時間が必要です。しかし、専門家にこれらの業務を委託することで、社内スタッフは自社のコアビジネスに注力することが可能になります。

第三者視点での意見が得れる

社内でウェブサイトの運営を行っていると、主観的な意見や固定観念に囚われがちです。SEOコンサルタントは第三者の視点から客観的なアドバイスを提供し、ウェブサイトの改善点や新たな機会を発見するのに役立ちます。この外部の専門家による意見は、ウェブサイトの戦略を新たな方向へと導くきっかけとなることがあります。

担当者のSEOスキルが向上する

SEOコンサルタントと協力する過程で、社内の担当者はSEOに関する知識やスキルを学ぶ機会を得ることができます。コンサルタントは、実施する施策の理由やその効果について説明することで、社内スタッフのSEOに対する理解を深めます。このような知識の共有により、社内のSEOスキルが向上し、将来的に社内でより効果的なSEO対策を実施できるようになります。

これらのメリットは、SEOコンサルティングを依頼することによって得られる主な利点です。専門的な知識と経験を持つコンサルタントによる支援は、ウェブサイトの検索エンジンでのパフォーマンスを最適化し、ビジネスの成長に貢献する重要な要素となります。

SEOコンサルティングを依頼するデメリット・注意点

SEOコンサルティングを依頼する際には多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットや注意点も存在します。以下にそれらを詳述します。

知識・スキルのないSEOコンサルティング会社が存在する

市場には多数のSEOコンサルティング会社が存在し、その中には十分な知識やスキルを持たない業者も含まれています。これらの会社に依頼してしまうと、非効率的な施策や時代遅れの手法を提案されるリスクがあり、最悪の場合、ウェブサイトに悪影響を与える可能性もあります。そのため、依頼する会社を選ぶ際には、その実績、クライアントのレビュー、提供するサービスの内容などを慎重に検討する必要があります。

SEOコンサルティングの効果には時間がかかる

SEOは即効性のある施策ではなく、効果が現れるまでには時間がかかります。検索エンジンのランキングは多くの要因によって決定され、それらの要因は常に変化しています。そのため、SEOコンサルティングによる改善施策を実施した後も、目に見える成果が出るまでには数ヶ月から1年程度の時間が必要になる場合があります。この期間中は、継続的な努力と調整が必要となります。

SEOコンサルティングには費用がかかる

質の高いSEOコンサルティングサービスを受けるためには、それ相応の費用が発生します。特に、一流のコンサルタントや評判の高い会社のサービスを利用する場合、その費用はビジネスの規模や予算にとって大きな負担となる可能性があります。そのため、サービスを依頼する前に、そのコストと潜在的なROI(投資収益率)を慎重に評価することが重要です。

SEOコンサルティングを依頼しても効果が出ない場合がある

SEOの成果は、検索エンジンのアルゴリズムの変更、競合他社の動向、市場の変化など、コントロールできない要因によっても左右されます。そのため、コンサルタントが最善を尽くしても、期待通りの結果が得られない場合があります。この不確実性を理解し、SEOの取り組みを長期的な視点で見ることが大切です。

Webサイト改修が必要な場合がある

SEOコンサルティングの過程で、ウェブサイトの構造やデザインに根本的な改修が必要であると判断されることがあります。これらの改修は、より良いSEOパフォーマンスを実現するために必要な場合がありますが、追加のコストやリソースが必要になることがあります。また、大規模な改修はウェブサイトの運用に一時的な影響を与える可能性があるため、その影響を最小限に抑える計画が必要です。

社内のSEO対応担当のアサインを推奨

SEOコンサルティング会社と効果的に協働するためには、社内に専任の担当者をアサインすることが望ましいです。この担当者は、コンサルタントとの連絡窓口となり、社内での施策の実施や進捗の監視を担います。また、社内のSEO知識の向上や、社内外の調整役としての役割も果たします。しかし、適切な人材を見つけることや、その人材に必要な知識やスキルを提供することにも費用と時間がかかるため、この点を計画に含める必要があります。

これらのデメリットや注意点を十分に理解し、慎重に検討した上で、SEOコンサルティングの利用を決定することが重要です。適切なコンサルタントを選び、明確な目標設定と期待値の調整を行うことで、これらのリスクを最小限に抑えつつ、SEOコンサルティングのメリットを最大限に活用することができます。

SEOコンサルティング会社を選ぶポイント

SEOコンサルティング会社を選ぶ際には、その質や信頼性を見極めるためにいくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。以下に、適切なSEOコンサルティング会社を選ぶための主要なポイントを挙げます。

SEOコンサルティングの支援実績会社や支援数を確認する

コンサルティング会社がこれまでにどのような企業を支援してきたのか、そしてその支援の数を確認することは重要です。実績のある会社は、多くの成功事例を持ち、さまざまな課題に対処する経験が豊富であることが期待できます。これらの実績を通じて、会社の専門性や業界での評判を判断することができます。

SEOコンサルティングサービス歴を確認する

会社がSEOコンサルティング業界でどのくらいの期間活動しているかを確認することも重要です。長いサービス歴は、その会社が安定して業界内で活動しており、変化する市場の要求に適応してきた証と言えます。また、長年の経験は、さまざまなSEOの課題に対処するための深い知識とスキルを意味します。

SEOコンサルタントの経歴を確認する

個々のコンサルタントの経歴や専門性を確認することで、彼らがあなたのビジネスニーズに適した知識と経験を持っているかを判断できます。特に、戦略立案、コンテンツ最適化、テクニカルSEOなど、特定の分野の専門家を求めている場合には、コンサルタントのスキルセットを慎重に検討する必要があります。

同じ業種や業界のSEOコンサルティング支援実績があるか確認する

特定の業種や業界におけるSEOのニーズは異なる場合が多いため、あなたの業界に精通しているコンサルティング会社を選ぶことが重要です。業界特有のキーワード、競合状況、顧客の検索行動に対する深い理解が、より効果的なSEO戦略の立案につながります。

ブラックハットSEOをしていないか確認する

いわゆる「ブラックハットSEO」技術(スパムリンクの購入、キーワードの過剰使用など)を使用していないかを確認することが重要です。これらの技術は短期的には効果があるかもしれませんが、長期的にはウェブサイトにペナルティを与え、検索ランキングを損なう可能性があります。

コミュニケーションのスムーズさや即レスしてくれるか確認する

プロジェクトの成功には、コンサルタントとのスムーズなコミュニケーションが不可欠です。レスポンスが迅速で、定期的なアップデートや進捗報告が提供されるかどうかを確認し、コミュニケーションの質を評価してください。

契約内容・契約解除内容が明確か確認する

提供されるサービスの範囲、費用、期間など、契約内容が明確に記載されているかを確認してください。また、契約解除の条件やプロセスも明確にしておくことが重要です。これにより、将来的な誤解や不一致を避けることができます。

提案や会話で「必ず」「絶対」効果が上がると表現していないか確認する

SEOの結果を保証するような言葉遣いをするコンサルティング会社には注意が必要です。SEOの成果は多くの要因に依存し、絶対的な保証は不可能です。現実的な目標設定と透明性のあるコミュニケーションを提供する会社を選ぶことが重要です。

これらのポイントを踏まえ、信頼できるSEOコンサルティング会社を選ぶことで、SEOの取り組みを効果的に進め、ビジネスの成長につなげることができます。

SEOコンサルティングを依頼する場合の費用

SEOコンサルティングを依頼する際の費用は、提供されるサービスの範囲、コンサルティング会社の専門性や評判、プロジェクトの複雑さや期間など、多くの要因によって異なります。一般的に、SEOコンサルティングの費用は以下のようなモデルで設定されることが多いです。

月額固定料金

多くのSEOコンサルティング会社では、月額固定料金のモデルを採用しています。この料金には、キーワードリサーチ、オンページSEOの最適化、コンテンツ作成支援、リンクビルディング戦略など、定義された一連のサービスが含まれます。月額料金は数万円から数百万円まで幅広く、提供されるサービスの範囲や深さによって異なります。

プロジェクトベースの料金

特定のプロジェクトやキャンペーンに対して、あらかじめ定義された範囲の作業を行う場合、プロジェクトベースの料金が設定されることがあります。この料金体系は、特定の目標や成果物が明確な場合に適しており、料金はプロジェクトの複雑さや期間によって変動します。

成果報酬型

成果報酬型の料金体系では、達成された成果に基づいて料金が発生します。例えば、検索ランキングの向上、トラフィックの増加、リード獲得数の増加など、事前に合意したKPIの達成度に応じて料金が決定されます。このモデルは、成果にコミットするコンサルティング会社で採用されることがありますが、成果の定義や測定方法に関して明確な合意が必要です。

時間単位の料金

特定のアドバイスや短期的な作業が必要な場合、時間単位での料金設定が選択されることがあります。この料金体系は、フレキシビリティが高く、特定の課題に対して専門的なアドバイスが必要な場合に適しています。

一般的な費用の目安としては、月額固定料金の場合、数万円から数十万円程度が中小企業向けの基本的なサービスであることが多く、より高度なサービスや大企業向けのサービスでは、それ以上の費用がかかることがあります。プロジェクトベースや成果報酬型の料金もプロジェクトの規模や目標によって大きく変わります。

SEOコンサルティングを依頼する際には、予算とビジネスの目標を明確にし、潜在的なROIを考慮しながら、最適なコンサルティング会社を選ぶことが重要です。また、料金だけでなく、提供されるサービスの質や過去の実績、コミュニケーションのスタイルなども総合的に評価することが望ましいです。

大阪のSEO対策・SEOコンサルティング会社33社一覧!おすすめ業者や評判を解説大阪のSEO対策・SEOコンサルティング会社29社おすすめ比較!評判や特徴・費用解説

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料