MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

動画編集はどれくらい稼げる?平均的な相場や収入例を解説

動画編集者として、どれくらい収入を得られるのでしょうか?

本記事では、動画編集者の主な仕事内容から、稼ぎ方や収入の平均について詳述します。フリーランスとして独立した場合に期待できる収益や、パートタイム・フルタイムの違いによる収入の変動など、実際の収益例まで分析します。また、必要となるスキルとその習得方法、スキルが収益にどう影響するかも考察。

さらには、動画製作と編集の違いや、自宅での編集による収益なども紹介します。動画編集業界の給料事情を理解し、自分のキャリアを考える一助にしてみてください。

迷ったらココ!おすすめの動画編集スクール3選
  1. 注目studio US(スタジオ アス)
    当サイトから最も無料説明会の予約が多いスクール!

    最近話題の月4,584円~学べる動画編集オンラインスクール!未経験からプロの動画クリエイターを目指す!
    公式サイト:https://studio-us.org/
  2. 注目デジハク(DIGITAL HACKS)
    当サイトから無料相談の予約急増中!
    \教材がずっと見放題/自宅からオンライン学習で『プロ動画クリエイター』を目指す!副業サポートが安心の動画制作スクール!

    公式サイト:https://digital-hacks.jp/
  3. 注目MOOCRES(ムークリ)
    当サイトから無料個別相談の予約増加中!
    高単価のAfter Effectsが学べて、受講中から案件に取り組める!
    公式サイト:https://techacademy.jp/moocres/independence/

動画編集者の収入源とは

動画編集者という職業の収入源を理解する事は、あなたが自分自身を将来のキャリアに向けて準備する上で非常に重要です。毎日常に変化するデジタル時代にあって、動画編集者はクリエイティブなキャリアを追求する人々の中でも特に需要の高い職業の一つとなっています。そして、その収入源が多角化し、安定した生活を送ることが可能となっているのです。

フリーランスとしての収入源

フリーランスの動画編集者として、収入源は主にプロジェクトベースの仕事から来ています。これには企業からの依頼や映画製作の案件、個人からの依頼など、様々なジャンルが存在します。

また、自分自身で動画を制作し、YouTubeなどのプラットフォームで広告収入を得るという方法もあります。これらの方法で、フリーランスの動画編集者は仕事量や収入を自分自身でコントロールすることが可能となるのです。また、スキルや経験値によって収入が大きく変動します。

自宅での編集による収入源

自宅での動画編集による収入源も一つの選択肢と言えるでしょう。特にCOVID-19のパンデミックでリモートワークが一般化した昨今では、自宅での編集による収入源はますます注目されています。

これには、自分自身で動画を撮影し編集する方法や、クライアントから送られてきた映像素材を編集する仕事などがあります。また、自宅での編集によって通勤時間がなく、より多くのプロジェクトに取り組むことができます。

パートタイムとフルタイムでの収入源の違い

パートタイムとフルタイムでの収入源には大きな違いがあります。パートタイムの動画編集者は、自身が扱う時間に応じて収入が決まります。

一方、フルタイムの動画編集者は定期的な収入を得ることができますが、一定の時間を費やす必要があります。また、なるべく多くのプロジェクトを一度に扱い、収入を増やすことが目指されることもあるでしょう。しかし、収入源に関しては個々のスキルや経験、時間管理能力などが大きく影響します。

動画編集者の平均収入について

動画編集者という職業は highly skilled professionですが、一般的にはその技術力や経験を反映した報酬が支払われます。その収入の相場は、フリーランスの動画編集者、フルタイムの動画編集者、パートタイムの動画編集者という3つの大きなグループに分けて考えることが出来ます。

各々について、平均収入を知ることは、自分自身のキャリアを計画する上で、また将来的に自身の生活設計を進めていく上で、とても重要な指標になるでしょう。

それでは動画編集者の平均収入を解説します。

フリーランスの動画編集者の平均収入

フリーランスの動画編集者として活動する場合、稼げる収入の範囲は非常に広いです。ある調査によれば、年収700万円を超える人もいれば、200万円以下という人もいます。

これは、フリーランスとしての活動の幅、仕事の取り方、スキルレベル、経験年数など、多くの要因によって変わってきます。特にフリーランスとしての働き方では、その収入は自分次第ともいえます。

自己ブランディングやマーケティングに熱心に取り組み、仕事の依頼を増やすことができれば、収入を増やすことは十分可能です。

フルタイムの動画編集者の平均収入

一方、フルタイムの動画編集者として企業に雇用される場合、その収入はフリーランスとは異なります。ここでは一般的に、その企業の規模や、自分が担当するプロジェクトの規模や予算などが収入に大きく影響します。

また、勤務年数や役職も給与に影響を与えます。具体的な数字としては、ある調査によれば、平均年収は400万円から800万円と言われています。しかし、これもまた企業や個々の職場環境によりけりです。

パートタイムの動画編集者の平均収入

最後に、パートタイムの動画編集者として働く場合、その収入は時間給や日給、プロジェクト単位で決まることがほとんどです。ここでは、その時間給や日給は、自分のスキルや経験、仕事の難易度などによって決まります。

また、仕事の量や働く日数も収入の大きな要素となります。具体的な収入としては、基本的にはフルタイムの職員と比べて低くなる傾向にありますが、これは自身の能力や評価により大きく左右されます。

動画編集者の仕事にかかる手間賃

今日、動画が一般的なマスメディアとなり、多くの企業が販促活動やブランド訴求を目指して動画編集者を求めています。動画編集者の仕事は、映像や音声の編集だけでなく、クライアントのニーズに合わせたコンセプト作りから、撮影、後処理まで幅広い業務を含みます。

これらの業務には多くの時間と労力が必要となり、それに見合った対価が求められます。本節では、その手間賃について考察していきます。

動画編集に必要な時間とコスト

動画編集者は、専門的なスキルと時間を必要とします。

デジタル技術の進化により、編集プロセスは大きく進歩しましたが、それでも映像を綺麗に編集するには、独自の視点とテクニックが求められます。また、編集ソフトウェアの購入や学習、ハードウェアのアップグレードなどにもコストがかかります。これらはすべて、動画編集にかかる時間とコストの一部です。

動画編集の料金設定の考え方

料金設定は、動画編集者の経済的な生活を維持するうえで重要な要素です。

時間単価やプロジェクト単価、何分間の動画に対する料金など、さまざまな設定方法があります。また、クライアントの予算、編集者の経験とスキル、プロジェクトの規模、納期なども考慮に入れる必要があります。

料金設定は編集者としての価値を示すものでもあるため、自身の競争力を適切に評価することが求められます。

動画製作と編集の手間賃の違い

動画製作と動画編集は異なるスキルセットと時間を必要とするため、手間賃も異なります。

製作は映像を企画から撮影、編集まですべてに関わる一方、編集は撮影後の作業に特化します。製作はアイデアや構想力、撮影技術が求められ、編集はソフトウェアを使ったテクニックや芸術的感覚が求められます。このため、同じ時間を使ってもその価値は異なり、それぞれの仕事に適切な報酬を設定することが重要です。

フリーランスとして動画編集を行う利益

自営業として動画編集を行う利点は何かといえば、まず最初に挙げられるのは、自分自身のビジョンを持つことができます。これは大きなメリットです。

あなたは自分自身のボスとなり、仕事のペースを自分自身で設定することができます。また、自宅で働くことができるため、通勤時間が省けて事実上の稼働時間が増えるでしょう。しかも、好きな時間帯に仕事ができる flexibility(柔軟性)があります。

フリーランスとしての収入増加の可能性

フリーランスとして動画編集を行うと、収入が増える可能性があります。

これは独立して働くことで自分自身の働き方を選択できるからです。あなたが多くのプロジェクトをこなすことができれば、それに応じて収入も増えます。

また、独自のスキルを持っている場合、それに応じた報酬を設定することが可能になります。そして、スキルを高めていくことで更なる収入の増加が見込めるでしょう。

自宅での編集による収益

自宅で働くことで節約できる出費も考慮に入れると、フリーランスとしての収益は更にアップします。

例えば、オフィススペースのレンタル料、通勤時間、通勤費用などが省けます。

その結果、得られる純利益は自宅での編集によるものとなるでしょう。さらに、自分でスケジュールを管理できるため、効率的に働くことで収益を最大限に引き出せる可能性があります。

フリーランスとしてのリスクと対策

フリーランスとしての働き方にはメリットだけではなくリスクもあります。定期的な収入がない、仕事の依頼が不安定などのリスクが挙げられます。

これらのリスクに対する対策としては、複数のクライアントを持つこと、自己紹介やポートフォリオの作成を通じて自己プロモーションを行うこと、緊急時の貯蓄を持つなどが考えられます。これらの対策を上手く行うことで、フリーランスとして成功する道を切り開くことが可能です。

動画編集スキルと収益の関係

動画編集スキルは、インターネットが広く普及した今日では、多くのフリーランスや企業に求められるスキルの一つです。その理由は、動画広告やYoutubeなどの動画コンテンツが多くの人々に情報を届ける手段となっているからです。

そのため、動画編集のスキルがあると、収益を上げる可能性が高まるのです。一方で、高度な編集技術は、より高い収益を期待できるだけでなく、新たなキャリアアップの道も開くことが考えられます。

高度な編集スキルがもたらす収益

高度な編集スキルは、動画のクオリティを向上させ、多くの視聴者を引き付ける力を持っています。

例えば、映画のようなドラマチックな演出、美しいビジュアルエフェクト、複雑なアニメーションなどの技術は、視聴者の心を捉え、広告主からの収益を増加させることが可能です。さらに、高度な編集スキルを持つことで、短時間で効率的に作業を行うことができ、結果として収益を高めることに繋がります。

編集スキルの向上方法

編集スキルを向上させるには、まずは基礎的な動画編集の知識を理解し、練習することが必要です。教科書やオンラインのチュートリアルを活用し、様々な編集手段を学びましょう。次に、一人で何度も編集を行い、独自のスタイルを築き上げていくことが重要です。

また、プロの編集者からアドバイスをもらったり、他の編集者の作品を勉強することも効果的でしょう。

スキルによるキャリアアップの可能性

動画編集のスキルを持つことで、様々なキャリアの道が開けます。たとえば、テレビ番組や映画、CMなどのプロの編集者として働くことができます。

また、自分自身のYouTubeチャンネルを立ち上げ、自己表現の場として活用することも可能です。さらに、企業のPR動画を制作するなど、ビジネスの一環として活躍できます。これらの道を選び、スキルを活かして働けば、収益も大きく増えるでしょう。

動画編集業界の給料事情

近年、YouTubeやSNSの動画コンテンツの普及に伴い、動画編集者の需要が高まり続けています。円滑に動き、視覚的に情報を伝える動画は、時間とともに社会の多様な場面で活用されています。

企業のプロモーションや、自分自身を表現する個人のツールとして、動画編集の価値は増し続けております。そんな動画編集者の給料事情について、詳しく紹介していきます。

動画編集者の給料の現状

一般的に、動画編集者の給料は、そのスキルや経験、業界内での評価などによります。また、雇用形態によっても大きく異なります。例えば、フルタイムの社員として働く場合、一定の基本給として収入を得ます。一方、フリーランスの場合はプロジェクトごとの契約料が主な収入となります。

さらに、独立して動画作成を行う場合には、そのスキルや経験、クライアントからの評価により、収入は大きくまちまちとなるのです。こうした給料の現状を理解し、自身のキャリアを考えることが重要でしょう。

給料に影響する主な要素

動画編集者の給料に影響する要素は大きく分けて4つあります。

その一つ目は、持っているスキルや経験です。一方向性のある動画を作成する技術や、3D動画などの特殊なスキルを持つと、より高い報酬を得られます。二つ目は労働時間です。

昼夜問わず働くことができ、時間に応じて報酬が増えるケースもあります。三つ目は取引先の規模と内容です。大手企業との取引や、製品の宣伝用ビデオなど具体的な内容により、報酬は変動する場合があります。

最後の一つは自身のマネージメント能力です。複数の案件を並行してこなしつつ、クライアントとの交渉もこなせると、より多くの収入を得られるでしょう。

業界内での給料差

同じ動画編集者でも、その給料には大きな格差が存在します。これは、さまざまな要因によりますが、特にスキルと経験による差が大きいです。高度な編集技術を持ち、特殊なエフェクトの作成やモーショングラフィックスの制作ができる者は、一般的な動画編集者よりも高い報酬を得ることができます。

また、フリーランスとして長く活動し、業界内で良好な評価を得ている者は、会社員と比べても高い報酬を得る傾向にあります。このような業界内での給料差は、職業選択やキャリアプランを考える上で重要な視点となるでしょう。

動画編集者の収益例

動画編集者という職種は、その収益源や働き方により収入が大きく変わる可能性があるため、具体的な数字とともに収益の例を挙げて考えてみましょう。

まず、プロの動画編集者になる場合、フリーランスとして独立する方法と企業等に所属して働く方法の2つが存在します。どちらも一長一短があり、自身のライフスタイルやスキル、やりたいことによって選ぶべき道が変わるのです。

また、働き方だけでなく、編集する動画の内容や求められるクオリティによっても収益は変動します。そこで、ここではフリーランス、フルタイムで働く場合、パートタイムで働く場合の収益例を見ていきましょう。

フリーランスの収益例

フリーランスの動画編集者は、自身が持っているスキルや経験、そして要望する生活スタイルによって収入が大きく変動します。例えば、経験が浅く、スキルも一部に限られる場合、一定のクライアントからの依頼を受けるだけで生活するのは至難の業です。しかし、十分なスキルと豊富な経験を持ったフリーランスは、自らの価格を設定し、自由なリソースを活用して高収入を得ることも可能です。

さらに、フリーランスとしての醍醐味とも言えるプロジェクトごとの交渉力も重要です。才能があっても、クライアントとの交渉力がなければ、満足のいく報酬を得られないこともあります。例えば、1分間の動画編集で5万円~10万円が相場のところを、スキルや経験を活かして15万円〜20万円に交渉するなど、フリーランスであるからこそ得られる収益の柔軟性もあるのです。

フルタイムで働く動画編集者の収益例

次に、フルタイムで働く動画編集者の収益例を見てみましょう。

こちらは、フリーランスと比べて安定した収入を得られるメリットがあります。企業に所属する場合、多くの場合は固定給が支払われ、稼働時間や生産した動画の量に関係なく一定の報酬を得ることができます。年収で見ると、企業の規模や経験年数、さらにスキルによるが、平均的には300万円から500万円が相場となっています。

これに加えて、企業特有の福利厚生や賞与、昇進による収入増加も見込めるため、経済的な安定を求めるならフルタイムでの就労を選ぶのもおすすめです。

パートタイムで働く動画編集者の収益例

フルタイムでもフリーランスでもない、パートタイムで働く動画編集者の収益例を考えてみましょう。これは、生活スタイルや勤務地、勤務時間によっても大きく異なります。

平均的な時給だと、1,000円~1,500円程度が一般的です。しかしながら、スキルと経験が豊富で特定の編集技術に長けている場合には、もっと高い給与を得ることもできるでしょう。

また、同時に複数の仕事をこなす能力があれば、一つのプロジェクトだけでなく複数のプロジェクトに参画することで収入を大幅に増やすことも可能となります。そのため、自身のスキルや時間管理、要望するライフスタイルによって、最も適した働き方を選ぶことが重要なのです。