MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【2024年2月】中国で使えるVPNサービスおすすめ8選!出張でも役立つ【有料・無料あり】

【2023年12月】中国で使えるVPNサービスおすすめ8選!出張でも役立つ【有料・無料あり】

この記事では、中国で利用可能なVPNサービスのおすすめ8選を紹介します。中国では、独自のソーシャルメディアプラットフォームが普及しており、外国のプラットフォームへのアクセスは制限されています。

このため、GmailやFacebook、YouTubeなどにアクセスするためには、中国の厳格なインターネット規制を回避できる信頼できるVPNが不可欠です。

本記事では、出張者や旅行者が中国で安全にインターネットを利用するための有料および無料のVPNサービスをピックアップし、その特徴や利点を解説します。これにより、中国のインターネット環境に適応し、自由に情報にアクセスすることが可能になります。

結論!中国向けおすすめVPNサービスはこの3選で決まり!

VPN 公式サイト 中国利用における特徴
ExpressVPN https://www.expressvpn.com/jp
  • ジオブロック解除能力
  • 広範囲のサーバーネットワーク
  • 強力な暗号化
  • IPアドレス・DNSリーク保護
  • 自動プロトコル選択
  • 中国でのウェブサイトブロック回避​​​​​​
NordVPN https://nordvpn.com/ja/cyber-site/
  • グレートファイアウォール回避
  • オブスキュレイテッドサーバー利用
  • ステルスモード機能
  • 高速接続保持
  • 隣接地域サーバー活用​
AstrillVPN https://www.astrill.com/ja/
  • ステルスVPNとOpenWebプロトコル利用
  • 高度な暗号化(AES-256)
  • 多数のアジアサーバー
  • ノーログポリシー遵守
  • ストリーミングプラットフォーム対応​

結論、ExpressVPNは2023年現在、最も速く、最も信頼できるとし、中国向けの最高のVPNとして第1位とされています。。NordVPNはセカンダリVPNで、バックアップVPNとしても使用されますが、最近はExpressVPNは中国向けのサーバー技術に大きく投資しており、他のVPNに接続する必要がほとんどないとの声が多くあります。

中国向けおすすめVPNサービスランキング・比較8選

以下は、中国向けの最高のVPNサービス8つのクイックな概要です。

VPNサービス ダウンロード速度 (MBps) サーバーの場所 (国) 特徴
ExpressVPN 高速 94 ExpressVPNは圧倒的にユーザーが多く、特に中国向けには、業界でも最も高速で信頼性のある1つです。
NordVPN 速い 62 大都市での接続が好評です。ほとんどのデバイスで利用可能で、サイトやアプリのブロックを解除するのに最適です。メインのバックアップVPNとしてよく利用されています。
AstrillVPN 速い 60 中国国内では速度が速い部類のVPNサービスです。中国向けで信頼性の高いVPNです。63カ国に300以上のサーバーがありますが、価格はやや高めです。
VyprVPN 少し速い 36 速度に定評があります。ただし、最近では中国でVyprVPNの重大な中断が発生しており、常にChameleonプロトコルを使用する必要があります。
IvacyVPN 速い 50 すべての面で優れています。ウェブサイトのブロック解除や一般的なインターネット利用にはかなり信頼性があります。価格も良心的。
BufferedVPN 少し速い 37 カスタマーサポートが良好で、中国市場ではかなり期待されています。
PIA (Private Internet Access) 普通 33 YouTubeの視聴や動画アップロードはスムーズとの声あり。時折、手動設定が必要。
TorGuard 普通 55 他のVPNと比較して最速ではないが、検閲を回避することが可能。設定は少し分かりづらい。

速度(特に香港5およびLA4サーバーでは非常に速い)と2000以上のサーバー数の点で、ExpressVPNが特に優秀です。

ExpressVPNは他のVPNとは異なり、特にその技術により大規模なファイアウォールやブロックされた状況下でも通信が可能です。ここ数年間でExpressVPNはダウンタイムがますます少なくなり、速度も向上しています。

NordVPNは速い速度を提供し、リーズナブルな価格も魅力的です。ただし、これらの速度はさまざまな要因に影響されることがあります。特にYouTubeへのアップロード時に速度が低下することがある点に留意してください。

IvacyVPNは現在、このリストで最もコストパフォーマンスの高いVPNプランを提供しており、5年プランでは月額1.33ドルと非常にお得です。

中国向けおすすめVPNサービス料金比較(有料・無料)

以下、編集部で調査できた情報を掲載しています。

サービス名 無料プラン 有料プラン
ExpressVPN 無料プランなし 1ヶ月: $12.95、6ヶ月: $9.99/月、12ヶ月: $8.32/月
NordVPN 7日間無料トライアル (Androidのみ) スタンダード: 1ヶ月: $12.99、1年: $4.99/月、2年: $3.79/月
AstrillVPN 情報なし 情報なし
VyprVPN 無料トライアルなし (30日間の返金保証あり) 1ヶ月: $10、12ヶ月: $5/月
IvacyVPN 7日間の無料トライアル 1ヶ月: $9.95、1年: $3.33/月、5年: $1.00/月
BufferedVPN 情報なし 情報なし
PIA (Private Internet Access) 情報なし 情報なし
TorGuard 情報なし 情報なし

中国のおすすめVPNサービス8選をレビュー

中国で使えるおすすめVPNサービス①「ExpressVPN」

ExpressVPN

公式サイト:https://www.expressvpn.com/jp

ExpressVPNは、中国で非常に評価されているVPNサービスの一つです。その最大の特徴は、高速で安定した接続性です。中国の厳しいインターネット規制を回避するために、特別な「ステルスサーバー」を提供しており、これにより検閲を逃れやすくなっています。256ビットAES暗号化、DNSリーク保護、キルスイッチ機能などを備え、セキュリティ面でも優れています。また、使いやすいアプリと、24時間の顧客サポートが利用できる点も、多くのユーザーに評価されています。

さらに、ExpressVPNは中国政府の検閲から逃れるための「ステルスサーバー」を提供しています。これは、通常のVPN接続よりもトラッキングが難しく、検閲を回避しやすいものです。これにより、中国のユーザーは制限の多いインターネットにアクセスし、情報の自由を維持できます。

セキュリティ面でもExpressVPNは優れており、256ビットAES暗号化を使用してデータを保護します。また、DNSリーク保護機能があり、ユーザーのプライバシーを確保します。さらに、キルスイッチ機能がオンになっており、VPN接続が一時的に切断された場合でも、ユーザーのデータが漏洩することはありません。

使いやすいアプリケーションと24時間の顧客サポートもExpressVPNの魅力的な要素です。ユーザーは簡単に設定を行い、VPN接続を管理できます。また、問題が発生した場合にはいつでもサポートに連絡し、助けを求めることができます。

総括すると、ExpressVPNは中国で非常に評価されている優れたVPNサービスであり、高速な接続、セキュリティ、ステルス機能、使いやすさ、顧客サポートなど、多くの利点を提供しています。中国のインターネットユーザーにとって、自由なアクセスとプライバシーの保護に役立つ重要なツールと言えるでしょう。

中国で使えるおすすめVPNサービス②「NordVPN」

NordVPN

公式サイト:https://nordvpn.com/ja/cyber-site/

NordVPNは、そのセキュリティとプライバシーに焦点を当てたサービスで知られています。特に、「ダブルVPN」機能は、トラフィックを2つのVPNサーバー経由で転送し、追加のセキュリティ層を提供します。中国における利用では、この高度な暗号化技術が政府の検閲を回避するのに役立ちます。また、広範囲に渡るサーバーネットワークがあり、世界中のコンテンツへのアクセスを容易にします。

さらに、NordVPNはその高い信頼性と使いやすさでも評価されています。ユーザーは簡単にVPN接続を確立し、セキュアなオンライン体験を享受できます。また、専用のアプリケーションはさまざまなデバイスで利用でき、同時に複数のデバイスをサポートします。これは、家庭内で複数のデバイスを使用するユーザーや、移動中にスマートフォンとラップトップを同時に保護したいユーザーにとって便利です。

NordVPNのサーバーネットワークは非常に広範で、世界中に数千台のサーバーが配置されています。このため、地理的な制限なしにコンテンツにアクセスできます。さらに、専用のP2Pサーバーも提供されており、トレントダウンロードやファイル共有に最適です。

プライバシーに関してもNordVPNは厳格なポリシーを採用しており、ユーザーのデータを厳重に保護します。厳格なノーログポリシーを実施し、ユーザーのアクティビティや接続ログを保存しません。これにより、ユーザーのオンラインプライバシーが確保されます。

最後に、NordVPNの顧客サポートも優れており、ユーザーが問題に遭遇した場合に迅速かつ専門的なサポートを提供します。24時間体制で利用できるカスタマーサポートチームは、ユーザーからの質問や問題に迅速に対応します。

総括すると、NordVPNはセキュリティ、プライバシー、使いやすさ、広範なサーバーネットワーク、優れた顧客サポートなど、多くの利点を備えた優れたVPNサービスです。特に中国において、ダブルVPN機能と高度な暗号化技術は、ユーザーのデータとプライバシーを確保するための強力なツールとして活用されています。

中国で使えるおすすめVPNサービス③「AstrillVPN」

AstrillVPN

公式サイト:https://www.astrill.com/ja/

AstrillVPNは、中国のユーザーの間で非常に人気があります。その最大の理由は、中国の「グレートファイアウォール」を回避するための強力な技術、特に「ステルスVPN」オプションにあります。これにより、通常のVPN接続よりも検出されにくい接続が可能となります。

AstrillVPNは、高速接続と広範なサーバー網を提供することでも知られています。高速な接続は、ストリーミングや大容量のダウンロードを行うユーザーにとって非常に重要です。AstrillVPNの多くのサーバーは、高品質な接続を提供し、ユーザーにスムーズなオンラインエクスペリエンスを提供します。また、地理的な制約を克服し、世界中のコンテンツにアクセスするのにも役立ちます。

さらに、AstrillVPNは使いやすいアプリケーションを提供し、ユーザーが簡単にVPN接続を設定および管理できるようにしています。この使いやすさは、テクニカルなスキルを持たないユーザーや初心者にとって特に便利です。

プライバシーに関してもAstrillVPNは重要な対策を講じており、ユーザーのデータを保護します。厳格なノーログポリシーを採用し、ユーザーのアクティビティや接続ログを保存しないため、ユーザーのオンラインプライバシーが確保されます。

最後に、AstrillVPNは24時間のカスタマーサポートを提供し、ユーザーが問題に直面した場合に迅速なサポートを提供します。ユーザーはいつでも専門的なサポートを受けることができ、安心してVPNサービスを利用できます。

総括すると、AstrillVPNは中国のユーザーにとって非常に魅力的なVPNサービスであり、グレートファイアウォールを回避するためのステルス技術や高速接続、広範なサーバー網、プライバシー保護、使いやすさ、顧客サポートなど、多くの利点を提供しています。これにより、中国のユーザーは安全かつ自由なオンライン体験を享受できます。

中国で使えるおすすめVPNサービス④「VyprVPN」

VyprVPN

公式サイト:https://www.vyprvpn.com/

VyprVPNは、自社でサーバーを管理している数少ないVPNサービスの一つです。これにより、より高いプライバシーとセキュリティを保証します。また、「Chameleon」プロトコルは、VPNトラフィックを通常のトラフィックと見分けがつかないように変換し、中国のような厳しい環境下でも効果的に機能します。

VyprVPNは高速で安定した接続を提供し、ビデオストリーミングやオンラインゲームにも適しています。この高速性は、ユーザーがストレスなくコンテンツを楽しむのに役立ちます。

プライバシーに関しても、VyprVPNは厳格なノーログポリシーを採用し、ユーザーのアクティビティや接続ログを保存しません。ユーザーのデータは厳重に保護され、オンラインプライバシーが確保されます。

VyprVPNの「Chameleon」プロトコルは、特に厳しいインターネット制約を持つ国々で威力を発揮します。このプロトコルはVPNトラフィックを通常のトラフィックと同様に見せかけ、検出を難しくします。中国などでの使用時に、インターネット検閲を回避するのに非常に有効です。

最後に、VyprVPNは使いやすいアプリケーションを提供し、ユーザーが簡単にVPN接続を設定および管理できるようにしています。ユーザーは迅速に安全な接続を確立でき、セキュアなオンライン体験を享受できます。

総括すると、VyprVPNは自社でサーバーを管理し、高いプライバシーとセキュリティを提供するVPNサービスであり、「Chameleon」プロトコルにより厳しい制約のある国で効果的に機能します。高速な接続、ノーログポリシー、使いやすさなど、多くの利点を備えています。これにより、ユーザーは安全かつ自由なオンライン体験を実現できます。

中国で使えるおすすめVPNサービス⑤「IvacyVPN」

公式サイト:https://www.ivacy.com/

IvacyVPNは、コストパフォーマンスに優れたサービスです。安価ながら、高度なセキュリティ機能を提供し、中国でのインターネット制限を回避するのに十分な性能を持っています。

このVPNサービスは、P2Pファイル共有をサポートしており、トレントダウンロードやファイル共有を行うユーザーにとって魅力的です。安全なP2P通信を提供することで、ユーザーはコンテンツを自由に共有できます。

さらに、IvacyVPNは同時に複数のデバイスでの使用を可能にし、家庭内で複数のデバイスを保護することができます。これは、家族や共同居住者とVPNサービスを共有するユーザーにとって便利です。

プライバシーとセキュリティに関してもIvacyVPNは一定の対策を講じており、ユーザーのデータを保護します。高度な暗号化技術を使用し、ユーザーのオンラインプライバシーを確保します。また、ノーログポリシーを採用し、ユーザーのアクティビティや接続ログを保存しないため、データのプライバシーが守られます。

IvacyVPNは、そのコスト効率の高さ、P2Pサポート、複数デバイスの同時使用、セキュリティ、プライバシー保護など、多くの利点を提供するVPNサービスとして、中国を含むさまざまな国で人気です。安価ながら十分な性能を持つため、予算に制約のあるユーザーにとって魅力的な選択肢となっています。

中国で使えるおすすめVPNサービス⑥「BufferedVPN」

公式サイト:https://buffered-vpn.en.softonic.com/

BufferedVPNは、使いやすさと高速な接続速度が特徴です。中国での利用においては、一部のユーザーからは接続の安定性に関する若干の問題が報告されていますが、全体的には頼りになるサービスと言えます。

このVPNサービスは、使いやすいアプリケーションを提供し、ユーザーが簡単にVPN接続を設定および管理できるようにしています。使い勝手が高いため、テクニカルなスキルを持たないユーザーや初心者にとって特に便利です。

無制限の帯域幅とサーバースイッチング機能も提供されており、ユーザーは自由にコンテンツを閲覧し、サーバーを切り替えることができます。これにより、地理的な制約を克服し、世界中のコンテンツにアクセスできます。

30日間の返金保証もBufferedVPNが提供しているサービスの一つです。ユーザーはサービスを試してみて、自分に合わない場合には返金を申請することができます。この保証は、ユーザーに対する信頼を示すものであり、サービスの品質に自信を持っていることを示しています。

総括すると、BufferedVPNは使いやすさと高速な接続速度を提供するVPNサービスです。一部の接続の安定性に関する報告があるものの、全体的には信頼性が高く、無制限の帯域幅やサーバースイッチング、返金保証など、多くの利点を提供しています。

中国で使えるおすすめVPNサービス⑦「PIA (Private Internet Access)」

中国で使えるVPNサービス⑦「PIA (Private Internet Access)」

公式サイト:https://www.privateinternetaccess.com/ja/

PIA (Private Internet Access)は、強力なセキュリティ機能とプライバシー保護を提供するVPNサービスです。ただし、中国での利用には少々不安定な面があり、一部のユーザーは接続に苦労していることを報告しています。

このVPNサービスは、高度なセキュリティ機能を備えており、ユーザーのデータを安全に保護します。さらに、プライバシー保護にも力を入れており、ユーザーのオンラインアクティビティを匿名化します。これは、ユーザーが個人情報やブラウジングデータを保護したい場合に非常に重要です。

PIAは、比較的安価な価格設定を採用しており、予算に制約のあるユーザーにとって魅力的な選択肢です。コストパフォーマンスの高さが評価されています。

使いやすいインターフェースもPIAの魅力の一つです。ユーザーは簡単にVPN接続を設定し、管理できます。使い勝手の高さは、テクニカルなスキルを持たないユーザーや初心者にとって特に便利です。

ただし、中国での利用においては、一部のユーザーが接続の安定性に問題を報告しています。中国の厳しいインターネット制限に対処するためには、より安定した接続が必要です。そのため、中国での利用を検討する際には、他のVPNサービスと比較検討することが重要です。

総括すると、PIA (Private Internet Access)はセキュリティとプライバシー保護に焦点を当てたVPNサービスであり、安価な価格設定と使いやすいインターフェースが魅力です。ただし、中国での利用には接続の安定性に関する問題があるため、ユーザーは検討を重ねて選択する必要があります。

中国で使えるおすすめVPNサービス⑧「TorGuard」

中国で使えるVPNサービス⑧「TorGuard」

公式サイト:https://torguard.net/

TorGuardは、特にトレントユーザーに人気のあるVPNサービスで、その匿名性とセキュリティの高さが評価されています。

このVPNサービスは、ユーザーの匿名性を保護するために強力なセキュリティ機能を提供しており、特にプライバシーに敏感なユーザーに向いています。トレントユーザーは自分のアクティビティを隠すためにTorGuardを利用し、安全にファイルを共有できます。

中国での利用については、特定の設定を適用することで、比較的安定した接続が可能ですが、初心者にはやや複雑な設定が必要な場合があります。中国は厳しいインターネット制約を持つ国の一つであり、VPNサービスを使用する際には特別な対策が必要です。TorGuardはその点に対処できるツールとして利用されていますが、初めてのユーザーには設定が難しい場合があることに留意する必要があります。

TorGuardは、多くのサーバーオプションと高度なセキュリティ機能を提供し、匿名性とプライバシー保護を求めるユーザーにとって魅力的な選択肢です。ただし、中国での利用に際しては、設定に関する専門的な知識が必要な場合があるため、注意が必要です。

中国でVPNサービスが繋がらない・使えない場合の対応方法

中国でVPNサービスが接続できない、または使用できない場合の対応方法にはいくつかのステップがあります。中国のインターネット環境は他の多くの国々とは大きく異なり、政府による厳しいネット規制が存在するため、VPNを使用する際には特別な配慮が必要です。

  1. プロトコルの変更: VPNサービスが提供するさまざまなプロトコルを試してみてください。一部のプロトコルは他のプロトコルよりも中国のファイアウォールを通過しやすい可能性があります。たとえば、OpenVPNやL2TP/IPsecよりもStealthVPNやWireGuardなどの特定のプロトコルが有効な場合があります。
  2. サーバーの変更: 異なるVPNサーバーに接続してみてください。一部のサーバーは中国のファイアウォールによってブロックされている可能性がありますが、他のサーバーでは問題なく機能するかもしれません。
  3. オブスキュレーションの活用: オブスキュレーション(隠蔽技術)を備えたVPNを使用すると、VPNトラフィックを通常のインターネットトラフィックとして偽装できます。これにより、中国の監視システムを回避しやすくなります。
  4. ソフトウェアの更新: VPNアプリケーションやソフトウェアが最新のものであることを確認してください。古いバージョンでは最新のセキュリティ機能や改善が反映されていない可能性があります。
  5. カスタマーサポートへの連絡: VPNサービスのカスタマーサポートに連絡して、中国での接続問題について相談してみてください。多くのVPNサービスでは、中国での使用に関する特別なガイダンスやサポートを提供しています。
  6. 別のVPNサービスの試用: 使用しているVPNサービスがどうしても機能しない場合は、他のVPNサービスに切り替えてみるのも一つの方法です。市場には多くのVPNサービスがあり、一部は中国での使用に特化しているものもあります。
  7. 安全性とリスクの評価: 中国でのVPN使用は技術的にグレーゾーンにあるため、利用する際は常にリスクを念頭に置くことが重要です。VPNの利用が検知された場合にはアクセス制限やその他の措置がとられる可能性があるため、使用する際は慎重に行動してください。

中国でVPNを利用する際には、これらのステップを試してみるとともに、VPNプロバイダーの最新の情報やアップデートを定期的にチェックすることが重要です。また、中国のインターネット規制は頻繁に変更されるため、現地の法律や規制について最新の情報を常に把握しておくことも必要です。

 

中国のVPN規制強化について

近年、中国政府はオンライン空間における規制を一層強化しています。特に目立つのは、VPN(Virtual Private Network)の規制です。VPNは、インターネット上でプライバシーを保護し、制限を回避するための重要なツールであり、中国のインターネットユーザーにとって不可欠な存在でしたが、政府の方針により制約を受けつつあります。

この規制の強化にはいくつかの要因が影響しています。まず、政府は国内の情報流出を防ぎ、国内の情報統制を強化するための措置としてVPN規制を実施しています。また、国内企業の競争力を向上させるため、外国の競合他社からのアクセスを制限しようとしています。これにより、中国国内のプラットフォームやサービスが優越性を持つことが期待されています。

しかし、VPN規制の強化は、中国国内のインターネットユーザーにとっては制約ともなり得ます。多くの人々は、VPNを使用してインターネットの制限を回避し、プライバシーを保護してきました。しかし、政府の監視が強化され、VPNの利用が制限されると、オンライン上での自由な情報アクセスが制約される可能性があります。

さらに、ビジネス環境にも影響が及びます。多くの外国企業は、VPNを使用してセキュアなコミュニケーションを行い、国内外のオフィスとの連携を取っています。VPNの制約が強化されると、外国企業にとっては通信の制約が生じ、ビジネスに支障をきたす可能性があります。

最終的に、VPN規制の強化は、ユーザー、企業、政府の間でバランスを見つける難しい問題です。一方でプライバシーとセキュリティを確保し、一方で国内の規制を実現しようとする政府の姿勢が衝突しています。今後、中国政府とインターネットユーザー、企業との間での対話と妥協が必要でしょう。

最後に、VPN規制の強化は、世界中でインターネット規制が進行中であることを示唆しています。オンラインの自由とプライバシーの保護は、今後も重要な議題として取り上げられるでしょう。

中国でのVPNサービスの違法性

中国は世界的に有名なインターネット規制を実施している国の一つです。中国政府は、オンライン空間における情報の流れを厳格に管理し、国内外からのアクセスを制限することで、国内の情報統制を強化しています。この政策の一環として、VPN(Virtual Private Network)サービスへの規制が一層強化されており、その違法性について議論が広がっています。

中国政府がVPNサービスを規制する主な理由は、国内の情報流出を防ぎ、国内の情報統制を強化するためです。VPNを使用することにより、ユーザーは国内のインターネット制限を回避し、外部の情報にアクセスできるため、政府にとってはセキュリティ上の懸念が生じています。また、国内企業の競争力を向上させ、国内市場での優越性を確保するため、外国企業からのアクセスを制限しようとしています。

しかし、VPNサービスの違法性については、ユーザー、企業、国際的な議論の的となっています。一部のユーザーは、VPNを使用してオンラインプライバシーを保護し、情報の自由なアクセスを実現してきました。また、多くの外国企業は、VPNを通じて国際的なコミュニケーションを行い、ビジネスを展開しています。政府の規制が強化されると、これらのユーザーと企業にとっては制約が生じ、オンライン空間での自由な活動が制約される可能性があります。

中国政府はVPNサービスの提供を禁止し、合法的なサービスのみが許可されています。しかし、一部のVPNプロバイダーは、政府の監視を逃れるために技術的な手法を用いてサービスを提供し続けています。このため、違法性のあるVPNサービスと合法的なVPNサービスの境界は曖昧であり、政府の取り締まりが難しい側面もあります。

最終的に、中国でのVPNサービスの違法性については、ユーザー、企業、政府の間でバランスを見つける難しい問題です。プライバシーとセキュリティを確保し、一方で国内の規制を実現しようとする政府の姿勢が衝突しています。今後もこの問題は注目され、議論が続くでしょう。VPNサービスの利用に際しては、地域の法律や規制に対する遵守が重要であり、ユーザーは慎重に行動する必要があります。

日本人が中国出張でVPNを利用しても違法ではないのか

結論として、中国出張中の日本人がVPNを使用すること自体は違法ではありませんが、中国の法律や規制を厳守し、安全かつ責任を持って利用することが求められます。

中国での出張中、日本人ビジネスマンにとってVPN(Virtual Private Network)の使用は一般的な実践です。

中国ではインターネットの使用に多くの制限があり、多くの海外サイトやサービスへのアクセスが禁止されています。

このため、VPNを使用して業務の効率を保つ必要が生じます。しかし、VPNの使用が中国の法律に抵触しないか、また安全に利用する方法はあるのかという疑問があります。

VPNは、インターネット上で仮想的なプライベートネットワークを作成する技術です。これにより、地理的な位置に関わらず、安全にデータを送受信することが可能になります。ビジネスの世界では、社内ネットワークへの安全なアクセスや、機密情報の保護に利用されています。

日本人が中国でビジネス出張中にVPNを使用する際には、以下の点に注意することが重要です:

  1. セキュリティ対策の徹底:データの暗号化や、安全な接続を確保するための措置を講じることが重要です。
  2. 現地の法律の遵守:中国の法律や規制に違反しないよう、常に最新の情報を把握し、遵守する必要があります。
  3. 緊急時の対策:万が一の事態に備えて、通信の途絶やデータ漏洩への対応計画を立てておくことが重要です。

本記事は正確性を保証するものではありません。必ず自身で調査した上で、選択するようにしましょう。

中国VPN利用に関するQ&A

Q: 中国でVPNを使うと法的な問題になる可能性はありますか?

A: 中国でのVPNの使用は技術的には合法ですが、一部のVPNは政府によってブロックされています。中国政府は認可されていないVPNの使用を規制し、これに違反すると罰則が科される可能性があります。ただし、実際には、個人がVPNを使用していることで法的な問題になるケースは稀です。重要なのは、中国でのインターネット使用に関する最新の法律や規制を理解し、それに従うことです。

Q: 中国で最も効果的なVPNはどれですか?

A: 中国で効果的に機能するVPNにはExpressVPN、AstrillVPN、NordVPNなどがあります。これらのVPNは強力な暗号化技術と回避技術を備えており、中国のインターネット規制を回避するのに有効です。ただし、中国でのインターネット環境は常に変化しているため、現在効果的なVPNも将来的にはブロックされる可能性があります。

Q: VPNを中国で使用する際のリスクは何ですか?

A: VPNを中国で使用する主なリスクは、政府によるインターネット監視と規制に違反する可能性があることです。違法なVPNサービスを使用すると、接続がブロックされたり、最悪の場合は罰則を受けるリスクがあります。また、安全でないVPNを使用すると、個人情報が漏洩する可能性もあります。したがって、信頼できるVPNサービスを選び、その使用に関する現地の法律や規制を遵守することが重要です。

Q: 中国に旅行する前にVPNを設定する必要がありますか?

A: はい、中国に旅行する前にVPNを設定しておくことを強くお勧めします。中国では多くのVPNサイトがブロックされているため、中国に入国してからVPNサービスに登録しようとすると、アクセスできない可能性が高いです。旅行前にVPNをセットアップし、中国でのインターネットアクセスを確保しておくことで、滞在中に発生する可能性のある接続の問題を回避できます。

Q: 中国でのVPN接続がうまくいかない場合、どうすればよいですか?

A: 中国でVPN接続に問題がある場合、まず異なるVPNサーバーやプロトコルを試してください。VPNプロバイダーが提供するオブスキュレーション(隠蔽技術)を有効にすると、接続成功率が向上することがあります。また、VPNアプリを最新の状態に更新することも重要です。これらの対策で解決しない場合は、VPNプロバイダーのカスタマーサポートに連絡して、特定の地域での接続に関するアドバイスを求めると良いでしょう。