Webマーケティングスクールおすすめ特集

ヤフー、2020年度上半期は約1億1千万件の広告素材を非承認に【広告サービス品質に関する透明性レポート】

ヤフー、2020年度上半期は約1億1千万件の広告素材を非承認に【広告サービス品質に関する透明性レポート】

ヤフー株式会社は本日、広告サービス品質向上のための審査実績をまとめた2020年度上半期(2020年4月1日~9月30日)の「広告サービス品質に関する透明性レポート」(以下、本レポート)を公開した。2020年度上半期は約1億1千万件(※1)の広告素材を、Yahoo! JAPANが定めた基準に抵触する素材として非承認にした。
※1:Yahoo! JAPAN 広告掲載基準や広告入稿規定、広告販売ルールに抵触した広告のタイトルや説明文、画像、リンク先のウェブサイト、キーワードなどの各非承認数を合計した件数で、広告単体の件数ではない。

本レポートは、広告主や広告会社、広告配信パートナーに、Yahoo! JAPANの広告サービスを広告を安心して利用してもらうことを目的に公開しており、今回で2回目となるという。

2020年度上半期は、画像や動画の広告素材において、体型や毛髪をはじめ人のコンプレックス部分を強調するなど「ユーザーに不快感を与えるような表現」の非承認数が目立った。Yahoo! JAPANは、8月27日に、これまでも「コンプレックス部分を露骨に表現したもの」の広告出稿を禁止している中、該当する広告の入稿が目立つため、あらためて掲載禁止表現を明記した(※2)。

※2:コンプレックスに関する表現の広告審査について

また、「最上級表示、No.1表示」や「薬用化粧品(医薬部外品)、化粧品」の基準に抵触する広告素材数も多く見られたという。Yahoo! JAPAN 広告掲載基準には、「最上級表示、No.1表示」において、クリエイティブ内に第三者によるデータ出典・調査機関名および調査年の明記が必要であることが記載されている(※3)。

「薬用化粧品(医薬部外品)、化粧品」においては、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」に関する注意点が記載されている(※4)。さらに、広告の関連性(広告文やバナーと、リンク先ページに関連性がないものなど)や、ユーザーの意に反する広告(リンク先ページが開けないものなど)に対しても、広告掲載基準を遵守されているか、広告の品質を担保するために日々審査を行っている。

※3:広告掲載基準 第9章 広告表現規制
※4:広告掲載基準 第6章 薬機法などの広告表示規制および個別の掲載基準があるもの

【プレスリリース】

【関連記事】