• HOME
  • CATEGORY
  • ニュース
  • クロスロケーションズ、ロケーションテック(位置情報データ活用技術)のカオスマップを公開
ロケーションテック(位置情報データ活用技術)のカオスマップ

クロスロケーションズ、ロケーションテック(位置情報データ活用技術)のカオスマップを公開

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム「 Location AI Platform™️ (ロケーションエーアイプラットフォーム、以下「LAP」) 」を開発・提供するクロスロケーションズ株式会社は、位置情報データの活用技術を主軸としてビジネスを行う業種分類と属する企業をまとめた「 ロケーションテック カオスマップ」を公開した。

クロスロケーションズは、位置情報ビッグデータ解析エンジン「 Location Engine™️ 」の開発を通して、様々なビジネスに多くの有益な体験をもたらすであろう「位置情報データ」が持つ力を最大限に引き出すための事業を展開している。

同社は、近年の地理・位置情報業界の急激な拡大を受け、ロケーションテック業界のリーディングカンパニーの1社として、業界の発展とともに更なる成長を遂げていきたいと考え、日本国内外で展開する位置情報関連サービスを分類したカオスマップを作成。

カオスマップ作成の背景

1.コロナ渦での位置情報データ活用の拡大と参入プレイヤーの増加

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、位置情報データを活用し、都市の人出や混雑状況、店舗商圏の変化などが誰でも確認できるなど、人々の生活に身近な活用方法が増えてきた。

しかし、急激な拡大と多様な活用が可能な地理・位置情報業界であることから網羅的な情報が乏しく、位置情報データ・サービスの利用者は何を利用すれば良いのかわからない状態となっていた。

そこで、同社はこれから位置情報データ技術・サービスを利用したいと考えている企業が、サービスの発見や比較検討、提供企業のポジショニングを一眼で把握できる「ロケーションテック カオスマップ」を作成した。

2.ロケーションテックのさらなる拡大へ

スマートフォンの普及に続き、今後、日本版GPSと言われる準天頂衛星「みちびき」の本格的な活用やIoTデバイス、5Gの普及により、位置情報データの種類と量は飛躍的に拡大すること見込まれている。

これらの情報を企業や行政の活動に生かすことによりビジネスの効率化、消費者向けサービスの更なる高度化が期待されている。

同社の「カオスマップ」の公表は、こうした新しい位置情報データ関連の技術、サービスに果敢に取組む事業者を”ロケーションテック”と呼称することによって、業界認知の拡大、一般社会での「位置情報データ活用」の安全性とメリットの理解を計る目的を持っているとしている。

カオスマップのデータダウンロード

ロケーションテック(位置情報データ活用技術)のカオスマップ

下記サイトより、カオスマップのPDF資料がダウンロードできます。

URL:https://www.x-locations.com/news/20200817

【プレスリリース】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事