動画利用実態調査

動画配信サービスの利用増加と視聴デバイスの多様化が加速【AJA社調査】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社AJAは、新型コロナウイルス感染拡大の防止策である臨時休校やテレワーク推奨による在宅時間の増加を受け、自宅にインターネット回線のある全国2万人、10代から60代を対象に動画配信サービスの利用状況に関するアンケート調査を行った。

調査トピックス

  • 動画配信サービスの全体の利用率は84%(昨年12月比で6%増)。10代~60代のすべての世代において利用率の増加傾向がみられた。
  • 視聴デバイス別に昨年12月と利用率を比較すると、スマートフォン、PC、コネクテッドテレビ、タブレットのすべてのデバイスにおいて増加しており、動画視聴サービスにおける視聴デバイスの多様化が加速している傾向がみられた。特に20~30代では、コネクテッドテレビの利用率がPCを超え、スマートフォンに続く結果となった。
  • 視聴デバイス別に動画配信サービスの利用時間を比較すると、コネクテッドテレビが他デバイスと比べてもっとも長い傾向がみられた。
  • 動画配信サービスの利用回数について、全体の半数以上が、外出自粛に伴い、以前と比べて「増えた」と回答している。

※動画配信サービスには、無料動画配信サービスおよび有料動画配信サービスが含まれている。

動画配信サービスの利用率(全体/世代別)

  • 動画配信サービスの全体の利用率は、昨年12月の78%から6%増えて84%という結果になった。
  • 世代別にみると、すべての世代で利用率が伸びており、10~30代の若年層では90%以上、40~50代でも80%を超える結果となった。

動画配信サービスの利用率【視聴デバイス別】動画配信サービス利用率(全体)

  • 動画配信サービスの利用について視聴デバイス別にみると、最も利用率の高いデバイスであるスマートフォンは昨年12月比9%増の67%。またPCやコネクテッドテレビ、タブレットのすべてのデバイスでも同様に利用率が増加しており、視聴デバイスの多様化のさらなる加速が伺える結果となった。

視聴デバイス別の動画配信サービス利用

【視聴デバイス別】動画配信サービス利用率(世代別)

・年代別での視聴デバイスの傾向をみると、10代~50代まではスマートフォンが最も高く、60代ではPCが最も高い結果となった。
・若年層中心にコネクテッドテレビを利用した視聴が伸びており、特に20代・30代ではPCを抜き、スマートフォンに次ぐ視聴デバイスとなっている。

視聴デバイス別の動画配信サービス利用(年代別)

【視聴デバイス別】1週間あたりの平均視聴時間(全体)

  • デバイス別の平均視聴時間をみると、コネクテッドテレビは他のデバイスと比べてもっとも視聴時間が長い傾向がみられた。

平均視聴時間

動画配信サービスの利用頻度(全体)

  • 外出自粛に伴い、全体の52%が以前と比べて動画配信サービスサービスの利用頻度について、増えたと回答した。

動画配信サービス利用増減調査

■調査概要
<2019年12月度調査>
調査主体:株式会社AJA
調査期間:2019年12月9日(月)~12月11日(水)
調査対象:全国 15歳~69歳 22,706名 (調査会社パネルを利用)
調査手法:インターネット調査
集計方法:人口構成比に合うようウェイトバック集計を実施

<2020年4月度調査>
調査主体:株式会社AJA
調査期間:2020年4月22日(水)~4月23日(木)
調査対象:全国 15歳~69歳26,067名 (調査会社パネルを利用)
調査手法:インターネット調査
集計方法:人口構成比に合うようウェイトバック集計を実施

Copyright ©AJA All Rights Reserved.

【プレスリリース】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事