第5回 Marke Media Days 申込受付中!

動画メールマーケティングの効果的な戦略と重要な統計データ29選

動画メールマーケティングとは

Eメールマーケティングは、今やほぼすべてのビジネスにとって効果的な戦略ですが、コンテンツを改善して顧客エンゲージメントを高める方法としても活用されています。

動画メールマーケティングでは、ほとんどのデジタルチャネルでは共有が難しい情報を顧客と共有できます。動画を導入するかどうかを決めるのは悩ましいかもしれませんが、動画メールマーケティングの統計を見ると、その重要性が分かります。

適切な戦略があれば、動画メールマーケティングをマーケティング戦略に追加して、KPI(業績評価指標)を向上させることができるでしょう。

動画メールマーケティングとは

動画メールマーケティングとは、埋め込み型のHTML5動画やGIF、動画へのリンクとして再生ボタン付きの静止画像を使用し、Eメールを介して購読者のエンゲージメントを高めるデジタルマーケティング戦略のことを指します。Eメールキャンペーンで動画を使う方法はいくつかあります。具体的には、次のどの方法を採用するかを検討する必要があります。

[clink url=”https://marketimes.jp/research-video-mobile-digital-marketing-invest/”] [clink url=”https://marketimes.jp/video-content-marketing-future/”]

 

動画メールの例:

動画メールマーケティングとは何か、定義

動画を埋め込む

動画をEメールから直接再生したい場合は、ほとんどのEメールツールに埋め込むことができます。しかし、これはビューを増やす最も効果的な方法ではありません。メッセージ内での動画再生を許可しているEメールサービスプロバイダはわずかしかないからです。

埋め込みビデオをサポートするEメールサービス 埋め込みビデオをサポートしていないEメールサービス
Apple Mail
Thunderbird 24
iOS devices, native email clients
Samsung Galaxy, native email clients
Outlook.com (except on IE8 and Safari5)
Gmail
Yahoo
Outlook
AOL
Android
Live Mail
Lotus Notes
Windows Mail
Blackberry
Kindle Fire

動画をホストする

自分のウェブサイトがあれば、動画をホストしてランディングページを作ることができる。Eメールキャンペーンを作成する際に、動画のサムネイルとランディングページへのリンクを含めることができます。これにより、ビュー数とサイト訪問数を増やすことができます。

動画のアップロードする

これらのオプションのどちらも使用したくない場合は、YouTubeやVimeoなどの多くの動画ホスティングプラットフォームのいずれかに動画をアップロードできます。それらをあなたのウェブサイトやランディングページに直接追加することもできます。

どの方法を使用する場合でも、メディアの制限を考慮することをお勧めします。これは、動画の品質と長さを決定するのに役立ちます。

動画メールマーケティングが重要な理由

Eメールマーケティングは効果的ですが、最も効果的なEメールは本文に50から125語のテキストを含んでいます。これは、長いメッセージが読まれる可能性が低いことを示しています。Eメールのテキストを比較的短く保ちながら、多くの情報を含む動画を活用しましょう。こういったことから、多くのことを語る企業にとって、Eメールの動画は特に重要になってきます。

効果的な動画メールマーケティングキャンペーンを作成するには、どのような種類の動画を使用するかを検討する必要があります。次の一般的な動画をの種類を検討しましょう。

  • アニメーション動画
  • ブランドの動画
  • 導入事例と事例紹介
  • デモ動画
  • 教育動画
  • イベントハイライト動画
  • 業界の最新情報
  • ライブ動画
  • 製品動画
  • チーム紹介動画
  • チュートリアル

適切なアプローチを使えば、効果的なEメールの件名とシンプルなコンテンツ、そして魅力的なCTA付きのキラー動画へのリンクを組み合わせることができます。

[clink url=”https://marketimes.jp/animation-email-marketing/”] [clink url=”https://marketimes.jp/2016-emailmarketing-video/”]

動画メールマーケティングの統計データ29選

動画コンテンツが自分のビジネスに適しているかどうかまだわからない場合は、こ動画メールマーケティング統計リストを見て、開封、クリック、およびコンバージョン率を向上させる方法を検討してみてください。

  • オンラインマーケティングのプロフェッショナルの約90%が、マーケティングキャンペーンで動画を使用しています。(Wordstream)
  • マーケターは動画を使うと毎年66%の確実な見込み客を見ることができる。(SmallBizGenius)
  • 1カ月の間にアップロードされる動画の数は、過去30年間に作られた米国最大のテレビネットワークよりも多い。(Wordstream)
  • 動画サムネイルをメールに含めると、購読者のエンゲージメントを41%近く改善することができる。(Backlinko)
  • メールの件名に「動画」と含めると、開封率を6%上げることができます。(SuperOffice)
  • デジタルマーケターのほぼ25%が、これまでにインタラクティブ動画を使ったことがある。(SmallBizGenius)
  • 人々は動画の50%以上をモバイル端末で視聴している。(Wordstream)
  • ビデオは、開封率を19%、クリック率を65%上げることができ、購読停止率を26%下げることができる。(Campaign Monitor)
  • 面倒なナレーションは、消費者の最大75%が購入を取りやめる可能性があります。(SmallBizGenius)
  • スマートフォンで動画を見る人の90%以上が、ネットワークで共有しています。(Wordstream)
  • eコマースストアの製品動画は、購入を最大144%増やすことができます。(Backlinko)
  • B2Bマーケターの75%近くが、動画はROIに良い影響を与えると考えている。(Biteable)
  • 消費者の90%以上が、新しい製品やサービスについての動画を見る。 (Wyzowl)
  • デジタルマーケティング担当者の51%によると、動画コンテンツはすべてのマーケティングチャネルの中で最も高いROIを持っています。(Wordstream)
  • 動画マーケティングは平均54%のブランド認知の向上につながる。 (TechJury)
  • Eメールの動画コンテンツはクリック率を最大300%向上させることができる。(Biteable)
  • 動画マーケティングは、動画コンテンツのないマーケティングよりも50%近く早く収益を伸ばすことができます。(Wordstream)
  • 動画の長さが2分未満の場合、エンゲージメント率が最も高くなります。(Wordstream)
  • 動画コンテンツをEメールに追加することで、オプトアウトを75%削減できる可能性がある。(Backlinko)
  • 10人に8人が、今後30日間の動画広告を覚えている。 (TechJury)
  • 消費者の半数以上が、好きなブランドにもっと動画コンテンツを提供してほしいと思っている。(SmallBizGenius)
  • ランディングページの動画コンテンツは、コンバージョン率を80%以上向上させることができます。(Wordstream)
  • 動画の長さは重要です。33%のお客様は30秒後に視聴を停止し、45%のお客様は1分間で、60%のお客様は2分間で視聴を停止します。(Biteable)
  • 50%以上の人々が、テレビではなくオンラインでコンテンツを見ることを好む。(SmallBizGenius)
  • キャンペーンの最初のEメールに動画が含まれていると、クリック率が96%上がることがある。(Wordstream)
  • ほぼ100%の企業が、情報動画によって新しい製品やサービスに対するお客様の理解が深まると考えています。 (Wyzowl)
  • 買い物に出かける前に、オンラインで買い物をする人の50%近くが、探しているかもしれない商品やサービスに関する動画を探している。(Biteable)
  • 企業は、説明、ハウツー、製品デモなどの動画を作成することがほとんどです。(Backlinko)
  • 80%の人がデモ動画は役に立つと思っている。(SmallBizGenius)

これらの動画メールマーケティングの統計は、開封率の増加から収益の増加に至るまで、顧客獲得率と顧客維持率を向上させたいEコマースストアにとって動画がいかに重要な戦略であるかを強調している。

動画メールマーケティングのEメールのコンテンツ、デザイン例

次のEメールキャンペーンに動画を追加する前に、動画メールマーケティングのベストプラクティスを理解しておくことをお勧めします。

動画の長さを正しく設定するには、ベストプラクティスを使用する

Eメール内の動画の長さは、購読者のエンゲージメントを維持するために重要です。一般的に、動画コンテンツの長さは約2分が最適です。TrustedHousesittersの次の例を見てみましょう。

動画メールマーケティングのデザインコンテンツ例

出典: Really Good Emails

 

購読者に価値を提供する動画コンテンツを含める

楽しくてお祝いのメールは顧客とつながるための優れた方法ですが、価値のある動画を作成することもお勧めします。この動画の「ハウツー」メールは、Platforma 2の例です。

動画メールマーケティングのハウツー動画デザインコンテンツ例

出典: Really Good Emails

ハウツー動画は、顧客とつながり、顧客からの質問に答えるための優れたプラットフォームです。

Eメールの件名に「動画」という単語を追加する

キャンペーンの内容を明示することで、より多くの人にメールを開封してもらうことができます。また、自動再生された場合に顧客を驚かせないための優れた方法でもあります。Wissiaからのこのメール例を見てください。

動画メールマーケティングの件名に動画を追加した事例

出典: Really Good Emails

まとめ

Eメールマーケティングで動画を活用することは、重要な情報を顧客に伝える最も効果的な方法の1つです。価値を提供し、エンゲージメントを高めるキャンペーンを作成できます。動画メールキャンペーンを制作する際には、次のポイントを覚えておいてください。

  • 動画に含める情報を検討します。
  • 動画キャンペーンを主催する最適な方法を決定します。
  • 購読者にビデオの共有を勧めます。

適切なEメールマーケティングツールを使えば、メッセージにビデオを含めたり、ランディングページやビデオプラットフォームでそれらにリンクバックすることができる。適切なツールによって、キャンペーンのパフォーマンスも最適化されます。

【参考】

【関連記事】