Webマーケティングスクールおすすめ特集

UUUM、タイアップコンテンツ・Twitter動画広告のブランドリフト効果の検証結果を発表

UUUM、タイアップコンテンツ・Twitter動画広告のブランドリフト効果の検証結果を発表

UUUM株式会社は、2020年12月に全国のYouTube、Twitterの視聴ユーザー男女600人に対し、タイアップ動画コンテンツおよびTwitter動画広告に関してアンケート調査を実施しブランドリフト効果(態度変容効果)の検証調査を実施した。

調査結果のサマリー

  1. YouTubeタイアップ投稿、Twitter動画広告施策を実施することで、認知、興味・関心、購入意向すべての調査項目でブランドリフトされる結果となりました。
  2. YouTubeタイアップ投稿、Twitter動画広告それぞれの動画視聴者後の行動を見ると、ヤマダデンキでOculus Quest 2 を購入した方のスコアはYouTubeタイアップでは男性が高く、Twitter動画広告では女性が高い結果となりました。
  3. YouTubeタイアップ投稿を軸に置きつつ、Twitter動画広告施策も組み合わせて実施することで、よりブランドリフトされる結果となりました。

調査結果詳細

YouTubeタイアップ投稿、Twitter動画広告施策を実施することで、認知、興味・関心、購入意向すべての調査項目でブランドリフトされる結果となっ

今回のYouTubeタイアップ投稿とTwitter動画広告の接触者と非接触者を比較した結果は以下のとおり。

※認知・計:「よく知っている」+「名前を聞いたことがある程度」
 興味関心度・計:「興味関心がある」+「やや興味関心がある」
 購入意向・計「買いたい」+「やや買いたい」

YouTubeタイアップ投稿・Twitter動画広告の接触者が非接触者よりも、Oculus Quest 2に対しての認知、興味・関心、購入意向すべての項目において高いスコアになっており、各ファネルで、インフルエンサーを通した情報発信が、よりユーザーに伝わっていることがわかった。

接触者と非接触者のスコアの差(ブランドリフト)比較

認知
YouTubeタイアップ投稿で34.8%の向上 / Twitter動画広告で46.6%向上
興味・関心
YouTubeタイアップ投稿で 23.5%向上 / Twitter動画広告で25.0%向上
購入意向
YouTubeタイアップ投稿で 34.6%向上 / Twitter動画広告で 30.9%向上

クリエイターによる情報発信をすることで、ユーザーに認知〜購入意向までのすべての項目でスコアを上げることができたことがわかった。

YouTube、Twitterでの媒体による差

認知スコアはTwitterが若干高い結果、興味関心は同等の結果、購入意向はYouTubeが若干高いという結果となった。動画の長さの違いとコンテンツの投稿方法の違いによって若干の差が出たと考えられる。

①YouTubeタイアップ投稿 26分7秒、Twitter動画広告1分14秒と長さの違いがあり、YouTubeタイアップ投稿では、情報量が多く、しっかりとした商品理解につながり、購入意向スコアが若干高い結果となったと考えられる。

②Twitter動画は、ターゲット層を絞り込んで動画広告を提示することができ、より幅広いユーザーに短い動画を視聴してもらうことにより、認知スコアが若干高い結果となったと考えられます。

影響力のあるクリエイターアカウントを中心にTwitter動画広告を活用し認知を高めつつ、より深い商品理解を促し購入意向を高めるためYouYubeタイアップ投稿も活用することで、効果を最大化することができると考えられます。

YouTubeタイアップ投稿、Twitter動画広告それぞれの動画視聴者後の行動を見ると、ヤマダデンキでOculus Quest 2 を購入した方のスコアはYouTubeタイアップでは男性が高く、Twitter動画広告では女性が高い結果となりました。

視聴者の性別でYouTubeタイアップ投稿とTwitter動画広告の視聴後の行動を分析した結果は以下のとおり。

※「YouTube動画視聴者」のスコアで降順ソート

YouTubeタイアップ投稿接触者においては男性のスコアが高い結果となり、Twitter動画広告接触者においては、女性のスコアが若干高く出る結果となった。

当初は、一般的なゲームユーザの男女比率を踏まえ、男性のスコアが相当に高く出ることを予想していたが、Twitter動画広告については、絵文字を多用しアイキャッチされやすい投稿文言であったことに加え、商材の特徴を凝縮する動画により、女性の目にとまりやすくなり、女性のスコアが上回ったと考えられる。

YouTubeタイアップ投稿を軸に置きつつ、Twitter動画広告施策も組み合わせて実施することで、よりブランドリフトされる結果となりました。

YouTubeタイアップ投稿とTwitter動画広告の動画視聴後の行動を分析した結果が以下のとおり。

※認知・計:「よく知っている」+「名前を聞いたことがある程度」
 興味関心度・計:「興味関心がある」+「やや興味関心がある」
 購入意向・計「買いたい」+「やや買いたい」

今回の施策はYouTubeタイアップ投稿によるリーチの拡大、商品の理解促進に加えて、ターゲットリーチ強化のため、Twitter動画広告施策も同時に実施した。

結果は対象商材の認知と購入意向おいてYouTubeタイアップ投稿とTwitter動画広告の両方に接触している方のスコアが高い結果となった。YouTubeタイアップ投稿とTwitter動画広告を組み合わせたプロモーションを実施することで、よりブランドリフトされるということがわかった。

【プレスリリース】

【関連記事】