Uber屋外広告ユニット

Uber、車上部のスクリーンにロケーション広告を表示する新しいデジタル屋外広告を試験中

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

現在、プログラマティックタクシートップ広告の市場は加速している。

Uberが広告分野に参入するのは必然である。今や同社は、利益を上げなければならないというプレッシャーに直面しているからだ。昨日、Adweekは、このライドシェアリングプラットフォームがAdomniと提携してUber OOHを開発し、アトランタ、ダラス、フェニックスの3都市のドライバーにデジタルスクリーンを提供すると報じた

 

OOHとは

OOHとはOut of homeの略になり、アウト・オブ・ホームと読みます。OOH広告、OOHメディアともいいます。この英語を直訳すると「家の外」という意味になり、「家の外にある広告」の総称で使われます。このアウト・オブ・ホームメディアには、建設中のビルの仮囲い、街頭イベント、そこで配布されるサンプリング、ビジョン、ラッピングカー、屋外広告などが該当します。(出典:OOHとは?最低限知っておきたいOOH広告

 

激化する競争

最初の試験運用は4月まで実施される予定である。その後、このプログラムはさらに多くの都市に拡大するだろう。Uber社としては「従業員」という解釈ではないので、ドライバーに参加を強制することはできない。代わりに、金銭的なサインアップ奨励金があり、週20時間以上稼働するドライバーは追加料金を受け取る資格がある。ただし、ドライバーは広告収入の分配を受けることはない。

Uberのドライバーの多くは、タクシートップ広告のスタートアップであるHalo Cars社を買収したLyftのドライバーとしても働いている。Fireflyもこの分野で参入しており、UberやLyftのドライバーに、車にデジタル画面を搭載することでより多くの収入をドライバーへ分配している。実際、ライドシェアリング、カートップ広告市場ではドライバーにどれだけ参加してもらうかと、報酬の大きさが競争に勝つ鍵となる。

ターゲティングとレポーティング

Uber OOHは、1,000台の車、1億8000万の月間インプレッション、「何百万マイルもの距離」の広告露出を実現するとしている。また、地域ごとに正確なジオターゲティングができると書いてあります。同社は「パフォーマンスレポート」を提供する予定だが、それが何を意味するのか、具体的な指標は不明だ。

ジオターゲティングは、多くの場合、オーディエンスターゲティングの代用となっている。例えば、週末の午後5時以降、繁華街のビジネス街で午前8時から午後12時までの間に見られる観客は、特定の住宅街の観客や、夜の娯楽施設やレストランの近くの観客とは異なることは明らかであろう。

Uber OOHの競合企業であるFireflyは、店舗訪問の指標を提供しているが、広告の影響を受けたウェブサイト訪問やアプリのダウンロードについてもレポートする予定だ。(これはモバイルデバイスの広告IDを使って行われる)Uber OOHが競争力を持つためには、これらのレポーティングメトリックのすべてではないにしても、少なくともいくつかは一致する必要がある。

Uber OOHの広告はプログラムベースで購入でき、場所や時間帯に応じて動的に変化する。したがって、広告主が広告を掲載できるのは、対象とする視聴者が広告を目にする可能性が高い時間と場所に限られる。これは従来のOOHとは大きく異なる。

注目すべき理由

OOH広告は成長している唯一の伝統的なメディアである。しかし、デジタルOOHは急速に成長している。マーケティング担当者は今こそ、プログラマティックデジタルOOHが顧客にとって効果的であるかどうかを判断するための試験を実施する価値はあるのではないだろうか。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事