Twitterストーリーのテスト

Twitter、ブラジルでストーリー風フォーマットを試験運用

  • Twitterは、スナップチャットやInstagramのストーリー機能に似た、24時間後に消えるツイートのテストを開始した。Twitterは、ブラジルで「フリート」と同社が呼ぶ消えるツイートをテストしている。
  • 米国内のTwitterユーザーは、他のユーザーのプロフィール写真をタップすることでフリートを見ることができる。フリートは通常のツイートのタイムラインには表示されず、他のユーザーがリツイートすることもできない。Twitterの製品担当責任者Kayvon Beykpour氏はツイートの中で、ユーザーがフリートに対して公式に返信したりすることも許可していないと述べた。
  • 「私たちは、フリートが人々がツイートすることはなかったであろう、つかの間の考えを共有するのを助けることを望んでいる。」とBeykpour氏は言う。Twitterユーザーがフリートに返信する唯一の方法は、直接メッセージを送ることだと同氏は述べた。
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

Twitterが消えるツイートのテストを実施したことは、同社がソーシャルメディアのユーザーの間で広く人気があることが証明されているフォーマットを採用することで、エンゲージメントを高めようとしていることを示している。Forbesの投稿者によると、企業はTwitterのメッセージ戦略の一部としてフリートを利用する方法を模索し始める可能性が高く、短期的な取引、コンテスト、継続を意図していないメッセージなどの企業の活用が考えられるという。

Twitterがこの機能をフリートの広告で収益化するかどうかはまだわからない。しかし、ユーザーが定期的にチェックインして投稿が消える前に見るようになれば、この機能はTwitterへのリピーターを増やすのに役立つかもしれない。エンゲージメントの増加は、マーケターがTwitter上のターゲットオーディエンスにリーチする可能性を高める。

Twitterにとって、ストーリーのような形式は、ライバルに遅れを取らないために役立つだろう。スナップチャットは2013年にストーリーズを発表し、ユーザーが消滅する投稿を複数の人と共有できるようにした (これまでは一対一で消えていくメッセージをベースにしていたが) 。FacebookのInstagramは2016年にストーリーズフォーマットを導入し、投稿が消える前にユーザーがアプリをチェックするようになることで、投稿の利用率が向上すると述べている。ストーリー形式は非常に人気があることが証明されており、LinkedIn、Pinterest、Netflix、Tinder、YouTubeなどのさまざまな企業が、消失する投稿の独自のバージョンを作成している。

Twitterのフリートテストは、ユーザー数の増加とイノベーションの加速を求める株主からの圧力に経営陣が直面する中で行われた。Twitterは2006年の創業時にソーシャルメディアのパイオニアだったが、スマートフォン時代の到来がその初期成長を後押しした。しかし、Instagram、Pinterest、スナップチャット、TikTokなどの若いライバルが、月間利用数でTwitterを追い越している。

著名人やジャーナリスト、Donald Trump大統領のような政治家がTwitterを利用してユーザーと直接連絡を取り合っているため、Twitterは常に話題になっているが、それは世界的な成長にはつながっていない。Twitterのユーザーベースは昨年20%増の1億5200万人だったが、米国外のユーザー数はわずか3100万人だった。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事