• HOME
  • CATEGORY
  • ニュース
  • TwitterでのOGP画像を自動生成する「OGPanic」、BASE・Shopify向けアプリの事前登録受付を開始
TwitterでのOGP画像を自動生成するOGPanic、BASE・Shopify向けアプリの事前登録受付を開始

TwitterでのOGP画像を自動生成する「OGPanic」、BASE・Shopify向けアプリの事前登録受付を開始

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

2019年末からβ版として試験運用を続けてきたOGPanicが、当初の見込み通り、期待されたクリック率の向上の成果がみられた為、WordPress版、SDK版に加えてBASE版、Shopify版を開発準備中であると発表した。

今回、リリース前のクローズドβ版とリリース後半年間無料でご利用できる事前登録利用者の受付を開始した。

OGPanicとは

OGPanicはOGP画像自動生成ツールで、SNSでシェアされた時に表示される画像を個々のページに合わせて最適化する。

提供形態は、Wordpressプラグイン、SDK版、BASEアプリ、Shopifyアプリとして提供している。(BASE, Shopifyは現在準備中)

Twitter・Instagram・TikTokなど、最近のSNSは、次々と流れるタイムラインの中で、秒単位でユーザーの関心を捕まえる必要がある。

OGPanicではSNSでURLがシェアされる時に表示される画像をページ毎の情報を組み合わせて、最適な形で生成。

例えば、Webサイト・サービスのサムネイル画像やタイトル・サイトロゴ・スローガン・説明文・価格情報等など・・・を組み合わせて、OG Imageの画像を自動生成して、かつHTML内に自動で吐き出すことができる。

OGPanicの例

OGPanicの特徴

自動で画像を生成

ECサイトであれば、商品画像とブランドコンセプトやロゴ、商品名、価格などを商品毎に表示可能。

セール時なども自動的に割引価格を自動で表示し、セール終了後は元の画像を生成するので、全く手間が掛からないという。

SNS上での視認性アップ

ユーザーによるコンテンツが投稿されるサイトであれば、ユーザーのアイコン、タイトル、画像などを組み合わせて表示可能。

ブログ記事でも同様の事が可能で、自社のWebサイト内はキレイな画像だけを、SNSでのシェア時には合わせて自社サイトのロゴなどを表示し、ブランド認知を自動的に高めることができる。

BASE、Shopify、WordPressにも対応

各プラットフォームにアプリ、もしくはプラグインとして対応。

最初の簡単な初期設定だけですぐに導入することができる。

BASEなど、どうしてもTwitterでのシェア時に画像が途切れてしまう問題も無く、キレイに表示が出来るとしている。

WordPressはプラグインすでに利用可能。

https://ogpanic.com/

事前登録の受付

BASE:https://ogpanic.com/base

Shopify:https://ogpanic.com/shopify

【プレスリリース】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事