• HOME
  • CATEGORY
  • NEWS
  • 7割以上の人が緊急事態宣言解除後もテレワークで働き続けたいと回答 – PreBell調査

7割以上の人が緊急事態宣言解除後もテレワークで働き続けたいと回答 – PreBell調査


この記事のタイトルとURLをコピーする

インターネット接続サービスの「So-net(ソネット)」(ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)が運営する情報サイト「PreBell(プレベル)」は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワーク勤務をしている20代~50代の男女約500名を対象に、「テレワーク中のネット利用に関する調査」を実施した。

今回の調査の結果、テレワークをしている人の約4人に1人が「自宅のネット環境」に不満を感じており、固定インターネット回線の必要性を感じた人は8割以上に上った。テレワークにおいて快適なネット環境が重要であることが伺えるという。また、緊急事態宣言解除後もテレワークを続けたいという人は7割以上であることがわかっている。

PreBell社は、調査結果のレポートとともに「テレワーク環境、満足していますか?独自調査で見えた実態・快適にテレワークするためのヒント集」という特集記事を公開し、テレワークならではのお困りごとに対しPreBell編集部(テレワーク実施中)から「テレワークを快適にするためのTips」も紹介している。
記事URL:https://prebell.so-net.ne.jp/feature/pre_20050801.html

約4割は週3日以上のオンライン会議を実施、音声が途切れるなどの不満も

オンライン会議の頻度はどれくらいですか

「オンライン会議の頻度はどれくらいですか?」という質問に対しては「ほぼ毎日」(26.0%)「週に3日程度」(16.3%)「週に1,2回程度」(25.8%)「ほとんどない」(13.5%)「全くない」(18.5%)という結果になっており、約4割の人は週3日以上の頻度でオンライン会議を実施していることがわかった。「週1,2回程度」の人を含めると7割以上になっており、オンライン会議が普及しつつあることが伺える。

また、「オンライン会議をやってみて、良い点や困っていることを教えてください。」という質問には以下のような回答が集まった。(自由記述)

  • 各自の接続環境の影響が大きいのでやりにくいときがある
  • 考えて話す必要があるので、無駄な時間を削減可能
  • 複数人が同時に話し出すため話の渋滞が起こる
  • 特に従来の会議と変わらない
  • 音声が途切れる

テレワークをしている人の約4人に1人はネット環境に不満を感じている

テレワーク中のインターネット環境に満足していますか

「テレワーク中の“インターネット環境”に満足していますか?」という質問をしたところ、「はい」が73.3%、「いいえ」が26.7%という結果に。約4人に1人はテレワーク中のネット環境に不満を抱えていることが判明した。

また、「テレワークをきっかけに家のネット環境を確認したり見直したり、検討をしましたか?」という質問に対しては「はい」が38.8%、「いいえ」が61.2%となっており、ネット環境に満足している人でもテレワークという働き方は自宅のネット環境について改めて考えるきっかけになっていることがわかった。

「具体的にどのようなことをされましたか?」という質問には次のような回答が集まっており、通信速度や安定性、接続方法を確認したり、見直したりする声が目立ったという。

(自由記述)

  • ネット回線をより安定させる方法を検討した
  • 自宅の回線速度がどのくらいか、有線LANとWI-FIで速度や安定性に違いはあるかの確認
  • セキュリティソフトの調査をした
  • ルーターを追加した

固定インターネット回線の必要性を感じた人は8割以上!

テレワークで固定インターネット回線の必要性を感じますか

「テレワークで、固定インターネット回線の必要性を感じていますか?」という質問には、現在のインターネット環境に関わらず8割以上の人が「はい」と答えている。さらに、テレワークの頻度が高い人ほど固定インターネット回線に対して必要性を感じている傾向が見えたとのこと。テレワークにおいて、快適なネット環境が重要であることが伺える。

7割以上の人が緊急事態宣言解除後もテレワークで働き続けたいと回答!

緊急事態宣言後もテレワークで働き続けたい

「緊急事態宣言が解除された後も、テレワークで働き続けたいと思いますか?」という質問に対し、74.4%が「はい」、25.6%が「いいえ」と回答。さらに世代別に見ると20代~30代は84.5%が「はい」と回答し、全体より高い傾向が見られました。テレワークという働き方が受け入れられていることが伺えた。

仕事以外にインターネットの利用で増えたものランキング!おうち時間はネットでエンタメを楽しむ時間が増加​

外出自粛中にインターネット利用で増えたもの

外出自粛要請の発表後、仕事に関わらず、インターネットの利用で増えたものを教えてください。」という質問に対する回答を多い順(複数回答あり)にまとめると1位「動画サービス(無料)」(52.3%)2位「SNS」(32.9%)3位「動画サービス(有料)」(28.3%)4位「音楽サービス」(26.3%)と並んでおり、通常よりも動画などのエンタメを楽しむ時間が増えたり、SNSでの情報収集・コミュニケーションなどが増加したりしていると考えられる。

◇ PreBell(プレベル)について
URL: https://prebell.so-net.ne.jp/
今や、わたしたちの生活に当たり前のように溶け込んでいるインターネット。日々使うものだからこそ「こんなことで困っている」「こうなったらもっと便利なのに」と感じることも多いはずです。

そんな、インターネットに関する疑問や活用のポイントを紹介するのが『PreBell』。
お悩み解決のための記事だったり、ちょっと笑える記事だったり。ソネットならではの情報をバラエティ豊かにお届けします。

Facebook: https://www.facebook.com/prebelljp/
Twitter: https://twitter.com/prebell_jp

◇ So-net(ソネット)について
インターネット接続サービス「So-net(ソネット)」は、20年以上にわたり、お客さまの生活をより便利で快適にするネットワークサービスを提供しています。

2017年11月より、「ソニーのネット ソネット」というマーケティングスローガンのもと、コミュニケーションを展開。
「ソニーのネット ソネット」ならではの会員向けプレゼントキャンペーン情報やソニーが発信するテクノロジーやプロダクト情報などを、ブランドサイトを通じて配信しています。
So-netブランドサイト: https://www.so-net.ne.jp/access/special/sony_so-net/

【プレスリリース】

【関連記事】

MARKETIMES編集部
この記事のタイトルとURLをコピーする

同じカテゴリーの記事