調査:ソーシャルメディアはウェブサイト訪問数増加においてさらに重要な役割を果たしている

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

新たな研究では、ソーシャルメディアがウェブサイト訪問の増加において効果的なチャネルとして成長し続けていることを示唆しています。

Merkle社は最近、2019年第3四半期の「デジタル・マーケティング・レポート」を発表し、ソーシャルメディアによるウェブサイトへの訪問の平均シェアは、今年の第2四半期から第3四半期にかけて4%と安定していた。前年と比較すると、ソーシャルメディアの訪問シェアは1ポイント増加しており、チャネルとして成長し続けていることを示しています。

ソーシャルメディアのウェブ訪問数増加における重要性

特定のソーシャルメディアサイトに関しては、Facebook経由のウェブサイトへの訪問者数は前年比で23%増加し、Pinterest経由の訪問者数は24%増加した。Instagramは前年同期比で22%成長し、前期の56%から減少した。

マーケターにとってInstagramは依然としてトップチャネル

ここ数ヶ月、Instagramを通じたウェブサイト訪問数が減少しているにもかかわらず、これまでの調査によると、マーケターはまだ諦めてはいません。

Social Media Todayは「Instagramマーケティング調査レポート」を発表し、マーケターの90%がマーケティング目的でInstagramを利用していることを示しています。具体的には、回答者の81%Instagram Storiesをターゲットとするオーディエンスや見込み客の共感を得るために利用しているとのこと。

5億人のデイリーアクティブユーザーを抱えるInstagram Storiesが、今日急速にソーシャル戦略の必須アイテムになりつつあることは間違いない。」と、この調査の著者らは記しています。また、「企業によっては、これが特定のオーディエンスに関連しているとは考えていないかもしれないし、自社のブランドにはストーリーを作り出すものが何もないと感じているかもしれないが、この機能はそれ自体の重要なプラットフォームになりつつある。」とコメントしている。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事