無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

マーケターの34%が自社は利用可能な顧客データの20%しか分析できていないと回答

多くのマーケターは大量のデータを手元に持っているが、最新の研究によれば、マーケターはそこから貴重な情報をできるだけ多く抽出する活動を実施していないという。

米国のマーケティング企業 Fospha社は最近「The State of Marketing Measurement, Attribution and Data Management」という調査を実施し、マーケターの1/3以上(34%)が、自社が分析できる顧客データは全体の20%以下しかないと考えていることを発見した。これとは対照的に、15%未満の回答者が、マーケティング目的でデータの81%から100%を分析していると述べています。

顧客データの活用度合いに関する調査データ

「ブランドは、すべてのプラットフォームで自社のデータにアクセスし、理解する必要がある。」と報告書の著者らは記しています。「これにより、顧客の行動をより透明に把握できるようになり、ブランドと消費者の間に相互に有益な関係が生まれる。」としています。

データ品質と顧客体験

以前の調査によると、マーケターの成功にはデータの質も重要だという。

Experianは「2019年グローバル・データ管理研究:デジタル時代の制御」レポートを発表し、回答者の30%が、低いデータ品質が優れた顧客体験を提供する妨げになっていると考えていることを明らかにした。また、約30%がレガシーシステムや新技術の欠如が問題になっていると回答しました。

約98%の企業が、顧客満足度を向上させるためにデータを利用しています。シングルカスタマービュー(SCV)を実現するための最大の推進要因は、顧客のエクスペリエンスを向上させることです(42%)。続いて、運用効率の向上(38%)と戦略的意思決定の向上(37%)が行われます。

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料