第6回 MarkeMedia Days 無料申込受付中 >

副業経験者294人に聞いた!「副業がバレた理由ランキング」を発表【ビズヒッツ調査】

副業経験者294人に聞いた「副業がバレた理由」ランキングを発表【ビズヒッツ調査】

株式会社ビズヒッツは、副業経験者294人を対象に「副業がバレた理由に関する意識調査」を実施し、結果を発表した。

調査結果サマリー

  • 副業がバレた相手1位は「会社の関係者」
  • 副業がバレた理由1位は「副業しているところを見られた」
  • 副業を内緒にしていた理由は「職場が副業禁止だから」
  • 副業がバレてもとくに困らなかった人も多い

副業がバレた相手1位は「会社の関係者」

副業がバレた相手1位は「会社の関係者」

副業が誰にバレてしまったのか聞いたところ、ダントツで多かったのは、上司・同僚や人事総務・経理担当者などの「会社関係者」。「同僚の家族にバレた」という回答も複数あった。

次に多かったのは「家族」。職場の同僚や家族とは一緒にいる時間が多いので、バレる確率も上がのではないでしょうか。

また取引先の社員や、恋人・友人にバレてしまったという人もいた。

副業がバレた理由ランキング

副業がバレた理由ランキング

最も多かったのは、お店で働いているところなど「副業しているところを見られた」だった。

2位は「PCに副業関連の画面を表示したまま、離席してしまった」など、PC・スマホを見られてバレてしまったというパターン。

1位と2位は、ごまかそうと思っても言い逃れができないですね。

副業を内緒にしていた理由ランキング

副業を内緒にしていた理由ランキング

1位は「職場が副業禁止だった」だった。

ルール違反をした場合、職場によっては注意だけで済まず、減給や解雇という処分もありえる。

2位以下には「イメージが良くない」「稼いでいると知られたくなかった」「秘密にしたい仕事内容だった」が入った。

副業がバレて困ったこと

副業がバレて困ったこと

全体的に答えが割れた結果、1位は意外にも「困ったことはない」だった。

副業禁止の職場でも「本業に支障がなければOKとされた」「今のところ、内緒にしてもらえている」など、「困ったことはない」と答えた人が多数いた。

一方で2位以下には「副業を辞めることになった」「職場で怯えるようになった」などの回答がランクイン。

また8位以下には「退職することになった」「処分を受けた」「評価・昇進に影響した」など、重大な影響があったという回答も。

【プレスリリース】

【関連記事】