ナイキ、38%の減収にもかかわらず最大200店舗の小規模店舗の展開を計画

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

ナイキのプレスリリースによると、同社の第4四半期の売上高は38%減の63億ドルだったという。売上高は前年同期の9億8900万ドルから7億9000万ドルに減少した。これは180%の減少である。

中華圏の売上高は3%減にとどまったが、北米は46%減の22億ドルだった。

同社最高財務責任者 (CFO) のMatt Friend氏はアナリストとの電話会見で、店舗の再開により売上高は増加するとみており、2021会計年度の売上高は横ばいから増加に転じると予想していると述べた。

同四半期 (75%) のデジタル関連の力強い成長を受けて、同社は「未来の市場」の創設、新たな消費者構成のための製品カテゴリの再編、デジタル関連へのさらなる投資という3つの重要な注力分野を含む、消費者向けダイレクト戦略の新たな段階を発表した。

ナイキの決算は第4四半期に予想を下回ったが、幹部らは依然として将来に焦点を当てている。

同社は北米、ヨーロッパ、中東、アフリカで150から200の新しい小型店舗を開く計画で、これは数年前からテストしているNike Liveのコンセプトをイメージしたものだ。

同社幹部によると、これらの店舗は今後数年のうちにオープンする予定だという。同社は当初、このコンセプトをMelroseでテストしていたが、現在はさらにいくつかの店舗に拡大しており、ニューヨークの2店舗をNike Liveモデルに移行する計画だ。

このコンセプトは、Appleの旗艦店 「House of Innovation」 にも採用されている。

同社のもう1つの施策は、同社の成長機会を提供する女性と子供向け事業への再投資である。しかし、すべての取り組みはデジタルに焦点を当てている。

同社の幹部らによると、第4四半期にはデジタル事業が同社の全事業の30%近くを占め、2023年までに30%の普及率を達成するという当初の計画は2021年に達成される見通しで、同社は事業全体の50%の普及率を見込んでいるという。

「世界的大流行は、消費者行動が急速に変化していることを明らかにし、変革のペースを加速させる機会を提供している。」とCEOのJohn Donahoe氏は電話会見で語った。

「過去数年間で、当社は従来の卸売販売モデルから、よりプレミアムなショッピング体験を消費者に提供するモデルへの投資に移行しました。」

このプレミアムな購入体験は、Amazonのような目的に適さないパートナー関係から撤退し、代わりに消費者に直接販売することに焦点を当てることを意味する。これはナイキにとって「財務的にも収益性の高い」ものである。

Donahoe氏は、この戦略を “One-Nike Marketplace “と呼び、”Nike Digital “と同社の直営店でリードし、”少数の戦略的パートナー “のみを含むことを強調している。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事