MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

広告施策でCPAが上昇しているBtoB企業は約6割 対策は「コンテンツマーケの実施」が最多【IDEATECH調査】

広告施策でCPAが上昇しているBtoB企業は約6割 対策は「コンテンツマーケの実施」が最多【IDEATECH調査】

 株式会社IDEATECHが実施した調査によると、2023年以前と比較して「CPA(Cost Per Acquisition)が上がっている」という声が多数であることが明らかになった。この調査は、BtoB事業の広告担当者107名を対象に行われた。

広告施策でCPAが上昇しているBtoB企業は約6割 対策は「コンテンツマーケの実施」が最多【IDEATECH調査】

 調査結果によると、2023年以前と比較してCPAが「大幅に上昇している」と回答した企業が10.2%、「やや上昇している」と回答した企業が48.6%に上り、合計で58.8%の企業がCPAの上昇を実感している。これは、多くの企業が広告効果測定において、コストの高騰に直面していることを示している。

 

 CPA高騰への対策としては、「コンテンツマーケティングの実施」が45.8%で最も多く、「高品質のコンテンツ制作」が38.3%と続く。これらの対策は、広告効果の最大化とコスト削減を目指す企業にとって重要な手段となっている。

広告施策でCPAが上昇しているBtoB企業は約6割 対策は「コンテンツマーケの実施」が最多【IDEATECH調査】

 また、広告施策における目標CV数(Conversion Volume)を達成している企業は、「大幅に達成している」と回答した企業が33.0%、「やや達成している」と回答した企業が27.4%で、合計で60.4%の企業が目標CV数を達成していることがわかった。

 この調査は、広告効果測定におけるCPAの高騰という課題に直面している企業が多いことを示している。CPAの上昇に対応するため、コンテンツマーケティングの実施や高品質のコンテンツ制作に注力する企業が増えていることが伺える。今後の広告戦略において、これらの対策がより重要になることが予想される。

【関連リンク】

\無料登録受付中/