MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

42%の企業が2024年の広告・マーケティング予算を増加予定【コムエクスポジアム・ジャパン調査】

42%の企業が2024年の広告・マーケティング予算を増加予定【コムエクスポジアム・ジャパン調査】

 コムエクスポジアム・ジャパン株式会社が実施した調査によると、2024年に広告・マーケティング予算を増加予定の企業は42.0%に上ることが明らかになった。これは前年比で3.6%の増加を示している。この調査は、同社が主催する「ad:tech tokyo」「Brand Summit」「Commerce Summit」などの国際カンファレンスに参加した企業の広告・マーケティング担当者100名を対象に、2023年12月に実施された。

42%の企業が2024年の広告・マーケティング予算を増加予定【コムエクスポジアム・ジャパン調査】

 注力したい施策としては、例年上位にランクインしている「オウンドメディアの充実・強化」「コンテンツマーケティングの強化」「DXの推進」に加え、初めて「生成AIのマーケティング、クリエイティブへの活用」が上位に挙がった。2023年はリアル回帰が加速し、店舗やイベントへの人の戻りや外国人観光客の増加など、ビジネスが活性化した年であり、生成AIも注目を集める年だった。

42%の企業が2024年の広告・マーケティング予算を増加予定【コムエクスポジアム・ジャパン調査】

 今回の調査では、広告・マーケティング予算の増減についてや、注力するマーケティング施策に関する質問が行われた。特に「生成AIのマーケティング、クリエイティブへの活用」が注目されていることは、マーケティング業界における新たなトレンドの兆しと言えるだろう。

 この結果は、マーケティング業界における予算配分や施策の傾向を示しており、今後の戦略策定において重要な示唆を与えている。企業は、リアルとデジタルの両面での活動を強化し、特に新技術の活用を積極的に検討する必要があるだろう。生成AIの活用は、マーケティングの効率化やクリエイティブなアプローチに新たな可能性をもたらすと期待されている。

【関連リンク】

\無料登録受付中/