MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

マーケティング・ミックス・モデリングを実施している大企業は80.7% うち92%が成果を実感【オロ調査】

マーケティング・ミックス・モデリングを実施している大企業は80.7% うち92%が成果を実感【オロ調査】

 株式会社オロが実施した最新の調査によると、大企業のマーケティング担当者の92%がマーケティング・ミックス・モデリング(MMM)の導入による具体的な成果を実感していることが明らかになった。この調査は、従業員数1,000名以上の大企業に勤務する広告/マーケティング担当者111名を対象に行われた。

マーケティング・ミックス・モデリングを実施している大企業は80.7% うち92%が成果を実感【オロ調査】

 調査結果によると、大企業の80.7%が現在MMMを用いた分析を実施しており、このうち「非常に実感している」と回答したのは31.9%、「やや実感している」と回答したのは60.2%だった。これは、大企業においてMMMの実施が多数派になっていることを示している。

マーケティング・ミックス・モデリングを実施している大企業は80.7% うち92%が成果を実感【オロ調査】

 MMMは、広告やプロモーションなどのマーケティング活動の効果を分析し、最適なマーケティング戦略を立案するための重要なツールだ。この調査結果は、大企業におけるMMMの効果が高く評価されていることを示しており、マーケティング戦略の策定においてMMMの重要性が増していることが伺える。

 また、オロでは、事業の成功要因を分析するだけでなく、現場での意思決定とPDCAサイクルの運用につながるMMMを設計・実施している。目的と状況に応じて、MMMに限らず、DIDやCausalImpactなどの計測手段から最適な手段を選択し、提案している。

 この調査は、大企業におけるマーケティング戦略の現状と、MMMの効果を明らかにしている。大企業にとってMMMは、マーケティング活動の効果を最大化し、戦略的な意思決定を行う上で重要なツールとなっている。今後も、データに基づく戦略的なマーケティングアプローチが、企業の成長と競争力の向上に欠かせない要素となるだろう。

 マーケティングの世界では、常に新しい手法と技術が登場している。大企業は、MMMをはじめとする最新のマーケティング手法を取り入れ、市場の変化に迅速に対応することが求められている。このような動向は、マーケティング業界全体にとっても重要な示唆を与えており、今後の戦略策定において参考になることだろう。

【関連リンク】

\無料登録受付中/