MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

ステマ規制に伴い「マーケティング施策の見直し」を実施/実施予定のBtoC企業は54%【レントラックス調査】

ステマ規制に伴い「マーケティング施策の見直し」を実施/実施予定のBtoC企業は54%【レントラックス調査】

 レントラックスが実施した最新の調査によると、BtoC企業の半数以上がステルスマーケティング(ステマ)規制施行を受けてマーケティング施策の見直しを実施または予定していることが明らかになった。この調査は、BtoC企業のマーケティング担当者や広告代理店の担当者100名を対象に行われた。

ステマ規制に伴い「マーケティング施策の見直し」を実施/実施予定のBtoC企業は54%【レントラックス調査】

 調査結果によると、ステマ規制への対策として「対応はしていないが、対応に向けて動いている」と回答した企業が13.0%、「すでに対応済み」と回答した企業が23.0%だった。また、マーケティングの見直しについては、「既に実施している」と回答した企業が21.0%、「今後実施する予定がある」と回答した企業が33.0%となった。

ステマ規制に伴い「マーケティング施策の見直し」を実施/実施予定のBtoC企業は54%【レントラックス調査】

 具体的な見直しポイントとしては、「広告規制違反に関するチェック方法」を挙げた企業が42.9%で最多だった。これに続き、「社員全員のステルスマーケティングについての正しい理解」が38.1%、「社内でのステルスマーケティングに関しての明確な基準の設定」が9.5%となっている。

 さらに、ステマ規制への対応方法に関しては、「社内基準を変更する」が29.0%、「他社に委託し外部チェックを行う」が27.0%、「広告を表示するまでの確認の工数を増やす」が25.0%という結果が出た。これらの対応は、ステマ規制に適切に対応するための具体的な手段として企業によって採用されている。

 また、ステマ規制への対応にあたっての懸念点としては、「専門的な知識のある人材の選定が難しいこと」が35.0%、「サイト数や投稿数が多く確認漏れが発生すること」が28.0%、「確認作業により全体の作業工数が増え、他業務が滞ること」が20.0%となった。これらの懸念は、ステマ規制に対応する上での課題として多くの企業が直面していることを示している。

 今回の調査結果は、ステマ規制施行に伴い、BtoC企業がマーケティング施策をどのように見直し、どのような対応をしているかを明らかにした。ステマ規制に適切に対応することは、企業の信頼性を保つ上で非常に重要であり、今後もこの動向は注目されるだろう。企業は、ステマ規制に対応するための新たな戦略を模索し、消費者に対してより透明性の高いマーケティング活動を展開していく必要がある。

【関連リンク】

\無料登録受付中/