無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

企業が動画マーケティングに最も期待することは認知度の向上 活用先は営業ツールが最多【IDEATECH調査】

調査サマリー

企業の動画マーケティングに関する実態調査の概要

本調査結果から得られること

 今回は具体的に【企業の動画マーケティングに関する内容】を調査している。

 調査では、動画マーケティングを活用する上での期待や実施本数、実際に行った後の効果についての情報を公開している。

 TikTokやYouTubeショートなど、短尺の縦型動画も注目を集めている中、企業においてのマーケティング活動でも動画は多くの場面で活用されている。

 今後インタラクティブ動画など、限定的な場面での効果検証等も行われる中で、動画活用は必須になっていくと考えられる。

 特に、動画マーケティングに関する担当者・動画のコンテンツに困っている方は是非ご覧いただきたい。

▼企業の動画マーケティングに関する実態調査資料をダウンロードする:https://ideatech.jp/download/074/?utm_source=pr_230523

調査内容

  • Q:マーケティング担当者が動画を活用する目的
  • Q:マーケティング担当者が動画を制作する頻度
  • Q:マーケティング担当者が動画制作にかける年間平均予算
  • Q:マーケティング担当者が制作する動画の内容
  • Q:マーケティング担当者が制作する動画の配信先
  • Q:マーケティング担当者が制作する動画の効果
  • Q:マーケティング担当者が制作する動画の活用チャネル
  • Q:企業のYouTubeチャンネルの保有率
  • Q:マーケティング担当者自身が好きなYouTubeチャンネルについて

 調査結果の全容が知りたい方は、下記リンクより資料をダウンロードいただける。

https://ideatech.jp/download/074/?utm_source=pr_230523

※以下に、調査内容の一部を公開する。

調査概要

  • 調査概要:企業の動画マーケティングに関する実態調査
  • 調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」の企画によるインターネット調査
  • 調査期間:2023年5月15日〜同年5月18日
  • 有効回答:動画を活用している企業のマーケティング担当者101名

※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはならない。

 調査結果の全容を知りたい方はこちら:https://ideatech.jp/download/074/?utm_source=pr_230523

動画を活用する目的、「商品・サービスの認知度向上」が63.4%で最多

 「Q1.あなたの企業が、動画を活用する目的について教えてください。(複数回答)」(n=101)と質問したところ、「商品・サービスの認知度向上」が63.4%、「企業・事業内容の認知度向上」が52.5%、「販売促進」が50.5%という回答となった。

企業が動画を活用する目的の調査結果

  • 商品・サービスの認知度向上:63.4%
  • 企業・事業内容の認知度向上:52.5%
  • 販売促進:50.5%
  • ブランディング:46.5%
  • イベントの告知:31.7%
  • 新商品発売の告知:31.7%
  • 人材採用:29.7%
  • その他:0.0%
  • 動画制作はしていない:1.0%
  • わからない/答えられない:2.0%

配信する動画の活用先、「営業ツール」が61.2%で最多

 「Q7.あなたの企業が配信する動画の活用先について教えてください。(複数回答)」(n=98)と質問したところ、「営業ツール」が61.2%、「広告」が46.9%、「デジタルサイネージ」が42.9%という回答となった。

企業が配信する動画の活用先の調査結果

  • 営業ツール:61.2%
  • 広告:46.9%
  • デジタルサイネージ:42.9%
  • メルマガ:38.8%
  • 展示会:33.7%
  • 店頭設置:32.7%
  • チラシ:24.5%
  • その他:0.0%
  • 特にない:1.0%
  • わからない/答えられない:2.0%

約7割の企業が、YouTubeチャンネルを持っている

 「Q8.あなたの企業は、YouTubeチャンネルを持っていますか。」(n=98)と質問したところ、「持っている」が71.4%、「持っていない」が26.5%という回答となった。

企業がYouTubeチャンネルを持っているかの調査概要

  • 持っている:71.4%
  • 持っていない:26.5%
  • わからない/答えられない:2.0%

まとめ

 今回は、動画を活用している企業のマーケティング担当者101名を対象に、企業の動画マーケティングに関する実態調査を実施した。

 商品・サービスの認知度向上などを目的に動画を活用している企業は多く、動画配信効果についても、「認知度向上」に最も期待していることがわかった。

 また、約6割が営業ツールとして動画配信を活用すると回答しました。制作する動画の配信先については、自社のホームページより「YouTube」が最多となり、約7割の企業がYouTubeチャンネルをもっていることが明らかになった。

 昨今、動画を活用したマーケティングが多くなり、YouTubeチャンネルを持っている企業が増えている。

 YouTubeで動画配信することで、商品・サービスといった認知度向上をするためには、視聴者が見たい映像を作成するなどの工夫が必要といえるようだ。

▼本調査のレポートダウンロードはこちら

https://ideatech.jp/download/074/?utm_source=pr_230523

リサーチデータマーケティングで事業を成長させる『リサピー®︎』

リサピー

 リサーチデータマーケティング『リサピー®︎』は、アンケート調査により世の中の声を裏付けとして取り、そのリサーチコンテンツをプレスリリースやホワイトペーパー、メルマガコンテンツ、営業資料、Webサイトなどに活用し、マーケティングを加速させるサービス。

 企画決定から20営業日の納品で、スピーディーに事業を推進する。

マーケター・PR担当者必見の無料ホワイトペーパー

マーケター・PR担当者向けコンテンツ

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料