無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

インターネット広告を委託している広告主の8割以上が3年以内に広告代理店を乗り換え【SO Technologies調査】

 ソウルドアウト株式会社の連結子会社であり、マーケティングテクノロジーの力で地方活性化を推進するSO Technologies株式会社は、インターネット広告を広告代理店に委託しており、過去に委託先の乗り換えを実施した経験のある広告主439人を対象に、「広告代理店の乗り換えに関する調査」を実施した。

 すべての調査結果は、Webマーケティングメディア「LISKUL」よりダウンロード可能。

https://dl.liskul.com/article/?id=1001976

主な調査結果

広告代理店の乗り換えに関する調査概要

調査結果の紹介(一部抜粋)

 82.9%の広告主が3年以内に広告代理店を乗り換え。40.5%はわずか1年以内に取引終了。

 乗り換え前の広告代理店との取引期間について聞いたところ、多い順に「2年以内」が26.0%、「1年以内」25.7%、「3年以内」16.4%、「半年以内」14.8%と続く結果となり、82.9%の広告主が3年以内に広告代理店の乗り換えを実施していることがわかった。

 1年以内の早期に取引終了した40.5%となった。(n=439、単一回答)

広告代理店の乗り換え前の代理店との取引期間の調査結果

 なお、同調査に先駆けて行われた事前調査にて、回答者が関わっている自社商品・サービスのインターネット広告出稿を広告代理店に委託しているかを聞いたところ、「はい」が69.0%となった。(n=1,039、単一回答)

 そのうち、過去にインターネット広告を委託する広告代理店を乗り換えた経験があるかの質問に対して、「ある」と回答した広告主は85.4%であった。(n=717、単一回答)

 近年インターネット広告運用の自動化が進んでいるが、現状、インターネット広告においては広告代理店への委託が主流であるとともに、大多数の広告主が代理店乗り換えを経験していることがわかった。

インターネット広告運用を広告代理店に委託している割合

インターネット広告運用を広告代理店に委託している人の広告代理店乗り換え経験の調査結果

乗り換え理由は売上拡大・コスト削減が重視される傾向。明確な不満を持つ広告主は2割以下

 現在の広告代理店への乗り換えを決める際に重視したポイントについて聞いたところ、「費用が安くなる」が44.9%、「費用対効果が高い」が36.0%、「担当者の広告運用ノウハウの高さ」が35.8%、「提案内容が良い」が34.6%と続き、売上拡大とコスト削減が重視されている。(n=439、複数回答)

 また、委託する広告代理店を乗り換えたきっかけについては、「別代理店からの営業を受けた」が最多で30.8%、次いで「定期的に見直している」が23.2%となった。

 「代理店に不満があった」と回答した広告主は17.3%にとどまっている。(n=439、単一回答)

インターネット広告の広告代理店乗り換え時に重視したポイントの調査結果

インターネット広告の広告代理店を乗り換えたきっかけの調査結果

87%が「乗り換えをしてよかった」と回答。広告成果の向上・施策提案の実施により満足度がアップ

 広告代理店を乗り換えて良かったと思うかを聞いたところ、大半となる87.0%が「はい」と回答した。(n=439、単一回答)

 また、乗り換え前の代理店と現在委託中の代理店に対し、それぞれの満足している点を聞いたところ、乗り換え後に満足度が大きく向上している項目は、「改善施策の提案がある」で+5.9%、「広告結果が出ている」が+3.6%、「新しい施策提案内容が良い」が+2.5%と続いた。

 また、全22項目のうち、満足度が向上したのは半数以下の10項目にとどまり、うち6項目が成果に関する項目となる。(n=439、複数回答)

インターネット広告の広告代理店の乗り換えの満足度の調査結果

インターネット広告の広告代理店で満足しているポイントの調査結果

 また、同様に双方の広告代理店に対してそれぞれの具体的な不満点を聞いたところ、乗り換え後に大きく改善している項目は、上から「広告結果が出ていない」で-11.8%、「コンバージョンの質が悪い」-4.6%、「改善施策がない、少ない」-4.1%と、満足な点と同様に成果に関連する項目が目立った。

 「不満な点はない」も+8.6%と大きく伸ばしている。(n=439、複数回答)

 これらの結果より、広告成果や、広告成果を上げるための施策提案の実施有無、質の向上によって広告代理店に対する満足度が高まりやすいと考えられる。

インターネット広告の広告代理店で不満な点の調査結果

まとめ

 今回の調査により、市場拡大を続けるインターネット広告領域においては、引き続き広告代理店への委託が中心であること、広告代理店の乗り換え頻度は早い傾向にあることがわかった。

 広告代理店は、すでに取引中の顧客に対する成果改善をより積極的に提案していく必要があるが、ネット広告領域の新規参入となる代理店にとってはチャンスが多い環境であるとも言える。

 同社は、日本のすみずみまでマーケティングテクノロジーを届けるべく、ネット広告仕入・提案・運用支援サービス「AG-Boost」や広告会社支援SaaS「ATOM」などによる、全国各地の広告代理店支援を行っている。

 今後も広告代理店の活動の後押しとなる実態調査を実施し、広告業界の活性化を支援していくとしている。

 なお、すべての調査結果はWebマーケティングのノウハウメディア「LISKUL」よりダウンロード可能。

https://dl.liskul.com/article/?id=1001976

調査概要

  • 調査対象:自社商品・サービスのインターネット広告出稿において、委託先の広告代理店を過去に乗り換えた経験がある企業の経営者・事業およびマーケティング責任者、現場の担当者
  • 調査期間:2023年3月24日(事前調査期間:2023年3月22日~3月24日)
  • 有効回答数:439人
  • 調査方法:株式会社ジャストシステム「ファストアスク」によるインターネットアンケート
  • 調査主体:SO Technologies株式会社

※集計時に小数点2位以下を四捨五入しているため、総計が100.0%とならない場合がある。

SO Technologiesについて

企業概要

 SO Technologiesは、「稼ぐ力をこの国のすみずみまで。」をミッションに掲げ、「日本中、どこでも、だれでも、カンタンに、その情熱を稼ぐ力に変えるデジタル集客プラットフォームを創る。」のビジョンに向かい、マーケティングテクノロジーを開発・提供をしている。

 提供サービスは、広告会社支援SaaS「ATOM」、ネット広告仕入・提案・運用支援サービス「AG-Boost」、Google ビジネスプロフィールを活用した店舗集客支援サービス「ライクル」、EC向けフィード広告支援サービス「フォーカセル」、Webマーケティングのノウハウメディア「LISKUL」など。

広告会社向けネット広告仕入・提案・運用サービス「AG-Boost」

 「AG-Boost」は、ネット広告の事業拡大を目指す広告会社向けのネット広告仕入・提案・運用支援サービスです。主要なリスティング広告・SNS広告など、運用型広告に関する業務を一括で支援している。

サービスサイト:http://ag-boost.jp/

広告会社支援SaaS「ATOM」

 「ATOM」は、リスティング広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告、DSP等の運用型広告の運用管理に必要な各種機能を搭載したSaaSで、広告会社の運用工数の削減と売上拡大を支援する。

 累計600社以上の広告会社にご利用いただいており、広告レポーティングツールとして業界シェアNo.1(※)を誇る。

サービスサイト:https://www.atom.tools/

※2021年8月時点、デジタルインファクト / SO Technologies共同調査より

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料