MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

企業の94.3%がSNSマーケティングを活用するべきと回答【リンクアンドパートナーズ調査】

企業の94.3%がSNSマーケティングを活用するべきと回答【リンクアンドパートナーズ調査】

 リンクアンドパートナーズが実施した「企業のSNSマーケティングに関する調査」によると、過半数の企業がSNSを活用する主な目的として「ブランド認知度の向上」を挙げていることが明らかになった。この調査は、SNSを活用している企業のマーケティング担当者105名を対象に行われた。

企業の94.3%がSNSマーケティングを活用するべきと回答【リンクアンドパートナーズ調査】

 調査結果によると、「ブランド認知度の向上」を目的としている企業は52.4%に上り、「リード獲得のため」が42.9%、「顧客エンゲージメントの強化」が40.0%と続く。これは、SNSがブランドの認知度向上やリード獲得、顧客との関係強化に有効なツールとして広く認識されていることを示している。

企業の94.3%がSNSマーケティングを活用するべきと回答【リンクアンドパートナーズ調査】

 また、SNSマーケティングのメリットとしては、「多様なコンテンツ形式の活用(画像、動画、ストーリー等)」が44.8%で最も多く、次いで「コスト効率が良い」が35.2%、「市場動向の把握」が34.3%となった。これらの結果から、SNSが多様なコンテンツを通じてブランドメッセージを効果的に伝え、市場の動向を把握する手段として利用されていることが伺える。

 さらに、企業のマーケティング活動においてSNSの活用を肯定する声が強く、「とても思う」と「やや思う」を合わせると94.3%に達した。これは、現代のマーケティング戦略においてSNSの重要性が高まっていることを示している。

企業の94.3%がSNSマーケティングを活用するべきと回答【リンクアンドパートナーズ調査】

 リンクアンドパートナーズが提供する調査PR「RRP」によるこの調査は、企業がSNSマーケティングをどのように捉え、どのような目的で活用しているかの実態を明らかにした。今後もSNSはマーケティング戦略の重要な要素として、企業の成長に不可欠な役割を果たしていくことが予想される。調査結果の詳細は、リンクアンドパートナーズのウェブサイトからダウンロード可能だ。

【関連リンク】

\無料登録受付中/