無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

製造業界の約9割が営業・マーケティングツールを利用中 一斉メール配信ツールは約7割【マーケライズ調査】

製造業界の約9割が営業・マーケティングツールを利用中 一斉メール配信ツールは約7割【マーケライズ調査】

 マーケライズが2023年10月に実施した製造業界の営業・マーケティングツール利用実態調査によると、約9割の企業が何らかの営業ツールやマーケティングツールを利用しており、その中でも特に「一斉メール配信ツール」と「名刺管理ツール」の利用が目立っている。

製造業界の約9割が営業・マーケティングツールを利用中 一斉メール配信ツールは約7割【マーケライズ調査】

 この調査は、製造業を主とする企業の営業・販促担当者152名を対象に行われた。調査結果によると、一斉メール配信ツールは69.1%、名刺管理ツールは64.5%の企業が利用しており、これらのツールが業務において役立っていると感じている企業が多いことがわかった。特に一斉メール配信ツールは、定期的なメールマガジンの配信や新商品の告知、展示会やセミナーの案内などに利用されている。

製造業界の約9割が営業・マーケティングツールを利用中 一斉メール配信ツールは約7割【マーケライズ調査】

 また、生成AIツールの利用企業はまだ少ないものの、利用者の約8割がその役立ちを実感していると回答した。これらのツールは、メールのタイトルや内容作成、画像生成などに利用され、主に個人単位でのアイデア出しや資料作成に活用されている。

 営業・マーケティングツールに対する自由記述では、「データの連動や連携がより簡単になるとよい」「費用を抑えられるといい」といった意見が多く見られた。また、ツールの導入に際しては、決裁権を持つ責任者の許可が下りないという課題も指摘されている。

 今回の調査では、ツール選定の際に最も重視される項目が「費用対効果」であることが明らかになった。これは、ツールを導入することによって得られる効果を社内で共有することが、新たな導入への道を開く可能性を示唆している。

 製造業界においては、デジタルツールの導入が進んでおり、営業やマーケティングの効率化に大きく貢献していることがこの調査からも明らかになった。今後も、これらのツールの活用が業務の効率化や成果の向上にどのように寄与するかが注目される。

【関連リンク】