無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

ノベルティグッズ製作経験のある企業の「景品表示法」認知度は38.5% 8.7%が対応に苦労【NEXER調査】

ノベルティグッズ製作経験のある企業の「景品表示法」認知度は38.5% 8.7%が対応に苦労【NEXER調査】

 日本トレンドリサーチとNEXERは、ノベルティグッズ・ギフト・販促品制作の「ベストノベルティ」と共同で「景品表示法とノベルティグッズ」に関するアンケートを実施した。この調査の目的は、ノベルティグッズ製作時に「景品表示法」をどれくらいの人が把握しているのか、また実際に困った経験があるのかを明らかにすることである。

ノベルティグッズ製作経験のある企業の「景品表示法」認知度は38.5% 8.7%が対応に苦労【NEXER調査】

 ノベルティグッズは商品やサービスの認知度を高める効果的な手段として広く利用されている。しかし、これらのグッズを製作する際には「景品表示法」の遵守が求められる。この法律は、過大な景品の提供を禁止し、消費者が本来の商品やサービスに対して正当な判断を下すことを目的としている。

 調査結果によれば、ノベルティグッズを製作したことがある人の中で、38.5%の人が「景品表示法」を知っていると回答した。また、この中の83.3%の人がノベルティグッズ製作時に「景品表示法」に気を付けていたと回答している。一方で、8.7%の人がノベルティグッズ製作後に「景品表示法」で困った経験があると回答している。

ノベルティグッズ製作経験のある企業の「景品表示法」認知度は38.5% 8.7%が対応に苦労【NEXER調査】

ノベルティグッズ製作経験のある企業の「景品表示法」認知度は38.5% 8.7%が対応に苦労【NEXER調査】

 困った経験について具体的に聞いたところ、ラッピングなどを含めると景品表示法違反になってしまうケースや、既定の金額内に納めるための苦労など、さまざまなエピソードが語られた。

 この調査結果から、ノベルティグッズ製作における「景品表示法」の認識や取り組みにはまだ課題があることが明らかになった。企業は、法律を遵守しながら効果的なノベルティグッズを製作するために、専門家との連携や従業員の教育を強化する必要があるだろう。

※「日本トレンドリサーチとベストノベルティによる調査」調べ

【関連リンク】