『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

8割以上が「うまくいった」と回答、インフルエンサーPR活用【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、「インフルエンサーを活用したことがある・ないとの回答者」823名を対象に、インフルエンサーPRの実態調査を実施した。

今回は、インフルエンサーPRを導入した企業に焦点を当てた結果を発表している。

調査サマリー

8割以上が「うまくいった」と回答、インフルエンサーPR活用【リンクアンドパートナーズ調査】

※本調査レポート資料のダウンロード>> https://service.link-ap.com/whitepaper08

調査概要

調査概要:インフルエンサーPRの実態調査

調査期間:2023年7月21日(金)~7月24日(月)

調査方法:リンクアンドパートナーズが提供する調査PR「RRP」によるインターネット調査

調査対象:インフルエンサーを活用したことがある・ないと回答した方

調査人数:823人

モニター提供元:ゼネラルリサーチ

調査内容

  • Q1:インフルエンサーを活用しようと思った理由・目的
  • Q2:インフルエンサーを選定する際に、主な基準とした項目 
  • Q3:インフルエンサーをどのような場面で活用したか
  • Q4:起用したインフルエンサーのフォロワー数
  • Q5:インフルエンサーPRの結果
  • Q6:大変だった(課題がある)と感じたこと

「インフルエンサーを選定する主な基準」は「商品やサービスとの親和性」が36.8%で最多

「Q2:インフルエンサーを選定する際に、主な基準とした項目を教えてください」と質問したところ、上位から「商品やサービスとの親和性」が36.8%、「フォロワー数」が28.6%、「費用」が17.4%という回答となった。

8割以上が「うまくいった」と回答、インフルエンサーPR活用【リンクアンドパートナーズ調査】

  • 商品やサービスとの親和性 36.8%
  • フォロワー数 28.6%
  • 費用 17.4%
  • インフルエンサーのインサイト 15.3%
  • 過去のタイアップ事例 1.4%
  • その他 0.5%

「インフルエンサーPRの結果」は「とてもうまくいった」「ややうまくいった」の合計が80.5%

「Q5:インフルエンサーPRの結果について教えてください」と質問したところ、「ややうまくいった」が63.3%で最も多く、「とてもうまくいった」が17.2%、「あまりうまくいかなかった」が17.2%、「まったくうまくいかなかった」が2.4%と続いた。

8割以上が「うまくいった」と回答、インフルエンサーPR活用【リンクアンドパートナーズ調査】

一方で、「大変だった(課題がある)と感じたこと」については、「認知はされたが購買につながらなかった」が35.8%で最多

上記のQ5で、「インフルエンサーPRの結果」について「うまくいった」との回答者が8割以上という結果である一方、課題もいくつか挙げられている。

「Q6:大変だった(課題がある)と感じたことを教えてください(複数選択可)」と質問したところ、上位から「認知はされたが購買につながらなかった」が35.8%、「思ったより拡散されなかった」が29.1%、「意図と違う投稿内容になってしまった」が22.9%という回答となった。

8割以上が「うまくいった」と回答、インフルエンサーPR活用【リンクアンドパートナーズ調査】

  • 認知はされたが購買につながらなかった 35.8%
  • 思ったより拡散されなかった 29.1%
  • 意図と違う投稿内容になってしまった 22.9%
  • 工数がかかる 22.7%
  • 通常広告の方が良かった 11.9%
  • インフルエンサーとうまくコミュニケーションが取れなかった 11.5%
  • 他の施策と比較して数値(効果)が悪かった 9.3%
  • 顧客の満足値が低かった 6.4% 
  • インフルエンサーの制作に不満があった 6.2%
  • ナレッジ不足 5.7%
  • よかったのか、悪かったのかがわからない 5.0%
  • 期待通りの結果を出せた 4.3%
  • その他 0%

まとめ

今回は、「インフルエンサーを活用したことがある・ないとの回答者」823名を対象に、インフルエンサーPRの実態調査を実施した(前半として、インフルエンサーPRを導入した企業に焦点を当てた結果を公表)。

「インフルエンサーを選定する際の、主な基準項目」では、上位から「商品やサービスとの親和性」、「フォロワー数」、「費用」という結果となった。

「インフルエンサーPRの結果」としては、「とてもうまくいった」「ややうまくいった」の合計が80.5%という結果となった一方で、課題もいくつか散見され、上位から「認知はされたが購買につながらなかった」、「思ったより拡散されなかった」、「意図と違う投稿内容になってしまった」という回答になった。

今回の調査から、インフルエンサーPRを活用したことがある方の8割以上が「活用にうまくいった」と回答したものの、「大変だった(課題がある)と感じたこと」が多岐に渡ることが分かった。

本調査レポート資料のダウンロード>> https://service.link-ap.com/whitepaper08

【関連リンク】