Catchy、「10文字要約AI」リリース 人気インフルエンサーと共同開発、文章作成業務に貢献

10 文字要約 AI

 デジタルレシピは、同社が提供する AI ライティングアシスタント「Catchy(キャッチー)」にて、Twitter上のビジネスにおける効率化について発信する人気インフルエンサー・オクシン氏と共同で AI ツールを開発した。

■背景

 Twitterで人気のオクシン氏は、ビジネスにおける効率化をテーマにアカウントを運営している。デジタルレシピの「ワンクリックイノベーション」の考えにも重なるコンテンツを発信しており、二者で力を合わせて強力なAIツールを作ることができないか話し合いを進めていた。10文字要約AIは、企画をオクシン氏が行い、開発をCatchyが行った。

■10文字要約AIとは?

 既存のキャッチコピーを、約10文字のキャッチコピーに要約するツール。 必ず10 文字に収めることができるわけではないものの、「キャッチコピーの響きはいいけど、ちょっと長すぎる」「キャッチコピーをもっと短くまとめないと画像に収まらない」といったユーザーの問題を解消することを目的としている。サービスサイトへの会員登録/ログイン後に「生成ツール一覧」から「キャッチコピー」カテゴリにアクセスして利用可能だ。

オクシン氏について

 エクセルを中心にパソコン仕事を速くするためのハックを始め、ビジネスを効率化するための様々な知識をTwtiterで発信している。仕事をサボるために全力を尽くし、効率化に命をかける中間管理職。

■オクシン氏のコメント

 伝えたいことを瞬時に短く要約してくれます。文章が長くなりがちな方にオススメしたいです。最も重要な箇所を切り取り端的に表現することができます。また表現に関して「入力した文章にあるテキストを出来るだけ使わないものを作りましょう」ということに注力し、私はアドバイザーとして開発に参加させて頂きました。完成したときは感動の衝撃でメガネが割れるかと思いました。

■AIライティングアシスタント「Catchy」について

 キャッチコピーや記事の生成から、動画や新規事業などの企画提案など、150を超える様々なシチュエーションで利用可能。現在 30,000人を超えるユーザーが利用しており、NHK、日本テレビ、TBSやTOKYO MXなどのテレビ番組や各種Webメディアでも取り上げられている。Catchyを活用することにより、資料作成、広告文、メール文、記事作成などの文章作成業務を効率化したり、企画立案におけるアイデアの幅を広げたりすることが可能。

【関連リンク】