無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

インバウンド需要で越境ECの担当者約7割が「売上増加」を想定【ショッピージャパン調査】

 東南アジア・台湾で最大規模のEコマースプラットフォーム、Shopeeの日本法人であるショッピージャパン株式会社(本社:東京都港区 以下:ショッピージャパン)は、越境EC事業の担当者110名に対し、インバウンド需要と越境ECに関する意識調査を実施した。

調査サマリー

インバウンド需要と越境ECに関する意識調査の概要

調査概要

  • 調査概要:インバウンド需要と越境ECに関する意識調査
  • 調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」の企画によるインターネット調査
  • 調査期間:2022年10月14日〜同年10月15日
  • 有効回答:越境EC事業の担当者110名

※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはならない。

インバウンド需要の増加により、70.1%が「越境ECの売上増加」を想定

 「Q1.日本政府が10月11日より水際対策を大幅緩和していますが、あなたは、インバウンド需要の増加は、越境ECの売上にどのような変化を与えると思いますか。」(n=110)と質問したところ、「売上が増加すると思う」が70.1%、「売上が減少すると思う」が21.8%という回答となった。

インバウンド需要の増加は越境ECの売上にどのような変化を与えると思うかの調査結果

  • 売上が増加すると思う:70.1%
  • 売上が減少すると思う:21.8%
  • 特に変化しない:8.2%
  • わからない/答えられない:0.0%

売上増加を想定する6割以上が、「帰国後のリピート購入」や「日本に親しみをもつきっかけになること」に期待

 Q1で「売上が増加すると思う」と回答した方に、「Q2.越境EC事業を行う上で、インバウンド需要の増加にはどのようなメリットがありますか、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=77)と質問したところ、「日本に親しみを持つきっかけになる」が67.5%、「新しく日本の商品を知るきっかけになる」が63.6%、「帰国後のリピート購入が期待できる」が62.3%という回答となった。

.越境EC事業を行う上でインバウンド需要の増加にはどのようなメリットがあるかの調査結果

  • 日本に親しみを持つきっかけになる:67.5%
  • 新しく日本の商品を知るきっかけになる:63.6%
  • 帰国後のリピート購入が期待できる:62.3%
  • 日本文化・製品が受け入れられやすい訪日客が増加する:45.5%
  • 自社ブランドとの接点が増える:26.0%
  • その他:0.0%
  • わからない/答えられない:0.0%

他にも「評判になれば売上が伸びる」や「新規顧客の獲得に期待できる」という期待の声も

 Q2で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q3.Q2で回答した以外に、越境EC事業を行う上での、インバウンド需要の増加によるメリットがあれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=77)と質問したところ、「評判になれば売上が伸びる」や「新規顧客の獲得が期待できる」など41の回答を得ることができた。

自由回答・一部抜粋

  • 42歳:評判になれば売上が伸びる。
  • 41歳:新規顧客の獲得が期待できる。
  • 51歳:日本製品への好感度が上がる。
  • 51歳:為替レートによるメリット。
  • 40歳:キャラクターなどに愛着をもってもらえる。
  • 60歳:経済が回るので景気回復に繋がる。

約半数がインバウンド需要の増加に向けたマーケティング施策を実施

 「Q4.あなたは、インバウンド需要の増加に向けたマーケティング施策を実施していますか。」(n=110)と質問したところ、「実施している」が49.1%、「実施を検討している」が42.7%という回答となった。

インバウンド需要の増加に向けたマーケティング施策を実施しているかの調査結果

  • 実施している:49.1%
  • 実施を検討している:42.7%
  • 実施する予定はない:5.5%
  • わからない/答えられない:2.7%

施策内容として「帰国後を想定したフォロー施策」が72.2%で最多

 Q4で「実施している」と回答した方に、「Q5.あなたが、インバウンド需要の増加に向けて実施しているマーケティング施策について、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=54)と質問したところ、「帰国後を想定したフォロー施策」が72.2%、「対訪日外国人観光客向けの専用コンテンツの発信」が70.4%、「対訪日外国人観光客向けのオムニチャネル施策」が68.5%という回答となった。

インバウンド需要の増加に向けて実施しているマーケティング施策についての調査結果

  • 帰国後を想定したフォロー施策:72.2%
  • 対訪日外国人観光客向けの専用コンテンツの発信:70.4%
  • 対訪日外国人観光客向けのオムニチャネル施策:68.5%
  • 事前のWeb広告施策の実施・強化:59.3%
  • 事前のSNS広告施策の実施・強化:33.3%
  • その他:0.0%
  • わからない/答えられない:0.0%

他にも「SNSでの調査」や「サンプル提供」などを実施する企業も

 Q5で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q6.Q5で回答した以外に、インバウンド需要の増加に向けて実施しているマーケティング施策があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=54)と質問したところ、「SNSでの調査」や「サンプル提供」など26の回答を得ることができた。

自由回答・一部抜粋

  • 42歳:SNSでの調査。
  • 33歳:サンプル提供。
  • 34歳:SNSでの告知。
  • 49歳:売り出し品の整理。
  • 43歳:広告などで積極的にアピール。

インバウンド需要の増加に向け、94.6%が「越境ECに関する施策」に注力

 「Q7.あなたは、インバウンド需要の増加に向けて越境ECに関する施策に注力していきますか。」(n=110)と質問したところ、「非常に注力する」が49.1%、「やや注力する」が45.5%という回答となった。

ンバウンド需要の増加に向けて越境ECに関する施策に注力しているかの調査結果

  • 非常に注力する:49.1%
  • やや注力する:45.5%
  • 注力はしない:4.5%
  • わからない/答えられない:0.9%

約9割が「東南アジアを中心とした出店無料かつマーケティングサポートがあるECプラットフォーム」の利用に意欲

 「Q8.あなたは、インバウンド需要の増加に向けて、東南アジアを中心とした、出店無料かつマーケティングサポートがあるECプラットフォームがあれば、利用したいですか。」(n=110)と質問したところ、「非常にそう思う」が46.4%、「ややそう思う」が42.7%という回答となった。

東南アジアを中心とした出店無料かつマーケティングサポートがあるECプラットフォームを利用したいかの調査結果

  • 非常にそう思う:46.4%
  • ややそう思う:42.7%
  • あまりそう思わない:9.1%
  • 全くそう思わない:1.8%
  • わからない/答えられない:0.0%

まとめ

 今回は、越境EC事業の担当者110名に対し、インバウンド需要と越境ECに関する意識調査を行った。

 インバウンド需要の増加により、越境EC事業の担当者の70.1%が「越境ECの売上増加」を想定しており、さらには6割以上が「帰国後のリピート購入」や「日本に親しみをもつきっかけになること」に期待していることが判明した。

 なお、担当者の約半数がインバウンド需要の増加に向けたマーケティング施策をすでに実施しており、具体的には「帰国後を想定したフォロー施策」や「対訪日外国人観光客向けの専用コンテンツの発信」を7割以上が実施している結果となった。

 また、更なるインバウンド需要増加に向けた準備として、担当者の約9割が「東南アジアを中心とした出店無料かつマーケティングサポートがあるECプラットフォーム」の利用に意欲を示した。

 10月11日の入国制限緩和により、インバウンド需要が高まることが想定されている。

 コロナ禍で越境EC事業に参入した企業が増えた今、インバウンド需要の高まりにより、越境ECの売上に関する懸念があるかと思いきや、越境ECの担当者からは「帰国後に越境ECを利用してもらえる」などのメリットがあると考え、逆に「帰国後のリピート購入」などで売上が増加すると想定していることが明らかになった。

 また、さまざまな国から来日客が増えることにより、日本製品を実際に見て購入してもらうことをきっかけに、外国からのニーズやアピールポイントがより明確になるとも考えられるのではないだろうか。

越境ECに関するショッピージャパンによるサポート

 越境ECは、既存の販路を拡大し海外へビジネスを展開したい企業や、東南アジア・台湾をはじめとするブルーオーシャンの市場に参入したい企業にとって、最適な選択となる。

 Shopeeは越境ECに参入する日本の事業者向けに、リーズナブルなコストで通関手続きの負担を減らすことができるShopee Logistics Service (SLS)という物流サービスを提供し、東南アジア・台湾市場への進出を支援する。

 その上、Shopeeを通じて東南アジア・台湾市場を開拓すると多様な顧客にリーチすることができ、様々な商品を海外へ簡単に紹介する機会を得られると考えている。

 多くの経営者が越境ECにて抱える不安に対し、ショッピージャパンは日本語のサポート体制、配送サポート、現地の商習慣の勉強会など、セラー向けのサポート体制を整備している。

 Shopeeに新規出店するハードルを軽減するため、最低商品の出品数を10点から5点に引き下げ、テストマーケティングを実施したいと考えているセラーにより良いソリューションを提供している。

 問い合わせ以降、ショッピージャパンのスタッフによる日本語での出店及び売上向上のサポート、及びプラットフォームを活用したリスク分析ができるツールを提供している。

 質問は同社のヘルプページ・メールにて受け付けている。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料