DAC、EC特化型の分析ダッシュボード「クロコマボード」を提供開始 ECモールのデータ収集や管理が可能

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社のコマースDX横断対応組織「CROSS COMMERCE Studio」は、「クロコマボード」の提供を開始した。

 「クロコマボード」は、ECモールでの物販事業を展開する企業向けに、ECモールのデータを収集・統合・管理し、ECマーケティングにおける意思決定を多角的に支援する分析ダッシュボードだ。

 同サービスではAmazonを中心に、売上や広告レポート、商品情報やECモールのマーケットデータなど、各種APIに対応し、複数のデータを一元管理できる。

 主な機能として、

  • 売上・広告データのレポート統合機能
  • SOV分析機能
  • 売れ筋ランキング分析機能

などがある。

クロコマボードの売上・広告データのレポート統合機能

 データ分析の課題を解決するため、同社は「クロコマボード」を提供するに至った。

 同サービスは、博報堂DYグループのEC領域に特化した組織横断型プロジェクト「HAKUHODO EC+」の取り組みの一環である。

【関連リンク】