Webマーケティング担当者が最も苦手な領域 1位はSEO外部対策 予算は増加傾向【ニュートラルワークス調査】

SNSマーケティング

 デジタルマーケティング支援をしている株式会社ニュートラルワークスは、企業のWebマーケティング担当者を対象に、2022年のWebマーケティング活動に対する意識調査を行った。

 調査の結果、Webマーケティング担当者が最も注力しているのは「SNS広告・運用」で、最も苦手と感じているWebマーケティング領域 はSEO外部対策だと判明した。

Webマーケティング活動に対する意識調査の概要

 直近1年のWebマーケティング活動の予算については、最多の83.9%が「増えた・あまり変化していない」と回答しており、Webマーケティング領域の予算は維持もしくは伸長傾向にあることがわかった。

直近1年のWebマーケティング活動の予算の動向

 中でも「SNS広告・運用」に関しては、多くのWebマーケティング担当者が現在最も注力しており、今後も注力したい領域として挙げられた。

自社の情報発信で最も注力しているWeb媒体

 Webマーケティング担当者が最も苦手と感じる領域は「SEO対策」が最も多く、課題としては「効果検証」が最も多い結果となった。

Webマーケティング担当者が苦手と感じる領域の調査結果

 アンケート結果の詳細は以下のURLから確認できる。

https://n-works.link/blog/marketing/report-questionnaire-2

 調査概要は以下の通り。

  • 調査対象 :Webマーケティング担当者
  • 調査方法 :インターネット調査
  • 調査期間 :2022年8月3日〜8月24日
  • サンプル数:106名

【関連リンク】