メタバースの認知率は61%、関心度は24% 想起ワード1位は「仮想現実」【クロス・マーケティング調査】

SNSマーケティング

 株式会社クロス・マーケティングは、2022年8月、全国15~49歳の男女4,200人を対象に「メタバースに関する調査(2022年)」を行った。

 「Meta」と「Universe」を組み合わせた造語「メタバース」について知っている人の割合は、61%となり、メタバースに関心がある人は24%という結果になった。

 また、メタバースから思い浮かぶワードは「仮想現実」が最も多かった。

メタバースの認知状況

メタバースの認知状況

 メタバースの認知状況についての調査では、“メタバース”という言葉を「詳しく知っている」は5%となり、「ある程度知っている」と「聞いたことがある」は合わせて61%だった。

メタバースから思い浮かぶワード

メタバースから思い浮かぶワード

 メタバースから思い浮かぶワードについての調査では、純粋想起では「仮想空間」が最多となり、次いで「VR」「仮想現実」などのワードが続いた。

メタバースへの関心度

メタバースへの関心度

 メタバースの説明文を提示して関心度を聴取した調査では、「とても関心がある」と「やや関心がある」は合わせて24%程度の結果となった。

 レポートのダウンロードは以下のURLから可能。

https://www.cross-m.co.jp/report/it/20220908metaverse/

 調査概要は以下の通り。

  • 調査手法 : インターネットリサーチ
  • 調査地域 : 全国47都道府県
  • 調査対象 : 15~49歳の男女
  • 調査期間 : 2022年8月26日(金)~8月28日(日)
  • 有効回答数 : 本調査4,200サンプル

【関連リンク】