「カスタマーサクセス」の認知度は5割以上 うち約7割は「事業戦略として重要」と回答【リンク調査】

SNSマーケティング

 カスタマーサクセス支援ツール「CustomerCore」やクラウド型CTI / コールセンターシステム「BIZTEL」などのITサービスを展開する株式会社リンクは、IT企業の経営層・マネジメント層を対象とした「カスタマーサクセスに関する意識調査」を実施した。

 調査の結果、「カスタマーサクセス」の認知度は5割以上で、そのうち約7割が「事業戦略として重要」と考えていることが判明。

 また、調査対象全体の8割以上がカスタマーサクセスを「きちんと理解できている」または「ある程度理解できている」と回答した。

カスタマーサクセスの認知率

事業におけるカスタマーサクセスの重要性についての調査結果

 「カスタマーサクセス」に「現在取り組んでいる」企業は4割強となり、カスタマーサクセス活動による効果を「実感している」企業は6割以上だった。

カスタマーサクセスの取り組み状況についての調査結果

 興味のある機能・サービスは「顧客状況の可視化」がトップで、「顧客推奨度(NPS)」をカスタマーサクセスのKPIとして設定する企業が多いことが明らかになった。

 調査概要は以下の通り。

  • 調査方法 :インターネット調査
  • 調査主体 :株式会社リンク
  • 調査期間 :2022年6月16日(木)- 2022年6月20日(月)
  • 調査対象 :IT企業に所属しているマネジメント層/経営層
  • 調査対象地域 :全国
  • 回答数 :400

【関連リンク】