取材・インタビューのご依頼はこちら▶

出版業界からWebディレクターへの転身に96%が「満足」と回答 最多理由は「将来性がある」【全研本社調査】

 Webメディア「ディレタマ」(https://www.dire-tama.com/)を運営する全研本社株式会社は、出版業界での勤務経験者かつ現役のWebディレクター75名に対し、「Webディレクターへの転身」に関する実態調査を実施した。

 調査の結果、約半数が出版業界の将来性を案じてWeb業界へ転職を決めたことがわかった。

 また、96%がWebディレクターへの転職を「良かった」と評価しており、市場価値の高まりを見据えた将来性への期待や、出版業界での経験も活かせることなどの理由が多数だった。 

出版業界からWeb業界への転職理由の調査結果

出版業界からWebディレクターへ転職して良かったと思う理由の調査結果

 Web業界への転身後にぶつかる壁としては、「企画力」や「文章構成」などの回答が40%を占めた。

 その要因として、検索画面上で上位を狙うためのSEO対策を加味した企画・文章構成でなければならない点が、紙でのそれと異なるから、考えられる。

 調査概要は以下の通り。

  • 調査概要:「Webディレクターへの転身」に関する実態調査
  • 調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
  • 調査期間:2022年3月16日~同年3月22日
  • 有効回答:出版業界で働いていた経験があり、かつ現在Webディレクターとして働いている20代~30代の会社員

【関連リンク】

\無料申込受付中/

公式ページ
2時間ですべてがわかる!SNSマーケティングの起承転結 ~SNS最新情報・バズらせ・運用ノウハウ・CV設計~
PR